FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

Home > 雄の楽園

2017.05.11 Thu ■雄の楽園

しゃせい

他の方々のレビューでもなかなか評判の高い『雄の楽園』
そんなに評判がいいのなら,一度は足を運んでみるかと,予約をかけてみることにした。
HPにはメールフォームがあるので,そちらから空き状況を確認する。
すると,当方の希望日時で問題がないとのことなので,それで予約を固めていただく。

当日,最寄り駅から到着メールを送信すれば,誘導してくださるとのこと。
出張もおこなっているようだが,今回は訪問することにした。

施術は一日ひと組限定(らしい)。
施術師・雄人さんの名は“オスト”と読ませるらしい。
アテ字ではあるんだろうが,なかなかすごいネーミングである。
そして,
「雄の欲望を余す事なく開放(しゃせい)して頂く為
あなたの『雄の楽園』」
(原文ママ)
という謳い文句もすごい。
“しゃせい”ってアレだよな──まさか写生ではあるまいぞ──だよな?
写生だったら笑ってしまうがな。
「さあ,絵を描きましょう!」みたいな。
どうせ「かく」なら違うものを希望するがな。

さて当日,雄人さんから連絡が入る。
個室の所在地と部屋番号が記載されたメール。
それは待機ポイントのすぐ近くで,とても分かりやすい。
案内にしたがって,1階でセキュリティを解除してもらうべく,部屋番号を呼び出す。
雄人さんの返答に続き,開錠される。
該当フロアまでエレベーターでたどり着き,部屋の前からドアベルを鳴らす。
雄人さん登場。

なるほど。
他の方々が書かれているように,薄めの顔立ち。
物静かそうでインテリそう。
短く刈り込まれた髪型もいい感じ。

通常の挨拶を交わし,部屋に通される(いつもとは逆のパターンだな)。
マンション自体,まだ建って新しいんだろう,白を基調にした明るい部屋。
アウターをハンガーにかけてくれたり,甲斐甲斐しい雄人さん
「シャワーを浴びますか?」
との問いかけに,
「そうですね。お借りします」
と返答。
ざっと身体を流して,部屋に戻る。
シャワーはセルフだ。

戻った薄暗い部屋の中,アロマキャンドルが香る。
雄人さんは,軽く手を股間に当てて待っていてくださる。
オプションの全裸施術,もちろんお願いしたとも。
体型は,水泳をやっている?という,スラッとした感じ。
体毛の少ない身体で,色白なんだが,臍の下あたりには漆黒の茂みが広がっている。
その中にある雄人さんの“雄”(いい感じ)。

穴あき枕が置かれたマットレスが部屋の中心にはある。
雄人さんの指示により,そこにうつぶせで横たわる。
「寒くないですか?」
「大丈夫です」
私の身体にタオルをかける雄人さん
施術が開始される。

HPにあるシフトを見る限りでは,おそらく普段は他の仕事をなさっているんだろう。
だが,その施術はなかなか。
強推しという感じではないんだが,私の身体には合ったマッサージだった。
まず身体にオイルが塗られる。
最初は背中。
そこへ雄人さんからのゆったりとしたマッサージ。
スウェディッシュというのとは違う,リンパに似ているかもしれない。
時間をかけ,じっくりと流される感じ。
背中の後,腰や臀部,脚への施術がおこなわれる。

雄人さんのところの施術時間の最少は60分になっている。
延長30分で4,000円。
60分だと短い気がしたので90分に延長していただいたんだが,雄人さんの施術スタイルだと90分の方が合っている気がする。
60分だと慌ただしそう。

施術に際しては,特にエロがある訳ではないんだが,気持ちがいいので,それは不問に。
ただ,密着があったらなおいいという感じだったんだがな。

背面の施術が終わったとこで,マットレスの縁に座るように言われる。
肩と頸の施術。
頭部も少し揉まれるんだが,これもまた落ち着く感じで,気持ちいい。
雄人さんとは相性がいいのかも。

「じゃあ次は下半身ですね」
雄人さんからの言葉に,仰向けになる。
“下半身”とのことだったので,上肢・下肢かな?と思っていたんだが,タオルをかけなかったので,これはもうリフレッシュに違いないと思っていたら,違いなかった。
オイルを手に取った雄人さんは,私の“下半身”に塗りたくる。
反応のいい私の“下半身”

「乳首は感じますか?」
「はい(もちろん感じますとも!)」
雄人さんによる乳首責め。
私は手を伸ばし,雄人さん“下半身”をキャッチする。
掌の中の雄人さん“下半身”も,私のと同様に反応する。

雄人さんの身体が,ピッタリと密着してくる。
少し汗ばんだ雄人さんの身体。
その体温の中,私は登りつめようとしていた。
私の息づかいに合わせていたのか,雄人さんの手の動きが速くなる。
そして私の“下半身”は登りつめる……。
こ,これが“開放(しゃせい)”か……。

息が治まるのを待って,雄人さんは私の“下半身”を綺麗にしてくれる。
そこからセルフシャワーふたたび。
先ほどのシャワールームで,オイル等をざっと洗い流す。
シャワーを終え,部屋に戻ったところで,雄人さんから飲み物をいただく。
「喉が渇いたでしょう?」
ありがたい心遣い。

着衣した私は,雄人さんへ支払いをおこなう。
最後に,雄人さんとハグを交わし,部屋を後にする。
どうもありがとうございました。

総 括
総じて,気持ちよかったと思う。
先ほども書いたが,雄人さんの推しは弱いというレビューが多いんだが,私は不思議とそこまでは感じなかった。
今までリラクゼーションメインのマッサージを多く受けていたというのもあるのかもしれんのだが,むしろ,合っているんじゃないか,という気もする。
マッサージを始めて一年とのこと。
これからも楽しみだ。

データ
店 名『雄の楽園』
形 態:個室,出張
営 業:個人
時 期:2017年冬
予 約:メールフォーム→メール
施術者:雄人さん(全裸),個室
コース:60分 ¥8,000円+30分 ¥4,000円+全裸施術 ¥1,000円

予 告
次回,『健全 安全 Massage for GAY』のレビューは,
『Grow up』
「ぶらとぶら」
をお届けします。
またお目にかかりましょう。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!