FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

Home > Paradise

2015.03.21 Sat ■Paradise《2》

カーッペッ!

時 期:2014年夏
形 態:店舗(マンション)
営 業:個人
施術者ゆうじさん(全裸)
予 約:メール
コース:90分コース ¥8,000+射精(施術者)¥2,000

「少し早めに着いてしまいそうなんですが大丈夫ですか?」
という問いに,快く応えてくれたのは嬉しいものだ。
リピート使用の『Paradise』(閉業)。

ドアベルを鳴らすとドアが開き, ゆうじさんの出迎え。
今回も前回と同じく茶色のローブ。
この下はノーパンということは前回訪問の時に知ってしまったので,なんだかノーパンでお出迎えというのにワクワクしてしまったり。
スカートめくりしたろかー!
「きゃー! エッチー! 先生,揚羽くんがスカートめくるんですー!」

今回,部屋が少し漢方くさい気がした。
まあでもそんなことは屁でもないがな。
部屋が汚れているとか,その汚れで臭いとかいう訳でもないし。
目的のためには多少のことには,目をつぶるものさ。

部屋に通されて,前回と同じく最初に支払いを済ませる。
そして私の脱衣の間,隣室で飲み物を用意してくれるゆうじさん
その後,ふたりでバスルームへ向かう。
洗体開始である。
脱衣所でローブを脱ぐゆうじさんのアソコを,またしても確認する。
前回と変わらないんだが,まあ減る訳でもないし,見る。
減ると困るがな。
背面太股の間から腕を差し入れての股間洗いが気持ちいい。

部屋に戻り,ベッドにうつ伏せになる。
前回はミュートのテレビが背景にあったんだが,今回は「消しますか?」と尋いてきたので,消してもらった。
施術開始。
ゆうじさんのマッサージというのは,とても私に合っていると思う。
かなりほぐれる(気がする)し,リラックスもできる。
マッサージオイルの香りも好みだし。
太股から腰,腰から背中,背中から頸。
背面全面がゆっくりと力強くほぐされていく。
──で,なんだか前回とは違って,私のアナルのあたりを攻めてくるゆうじさん
妄想スカートめくりに対する逆襲か?

そして前面。
目にタオルがかけられ,腕の施術。
──と,おや……?
前回はこの時点では元気のなかった,私の指が触れたゆうじさんのナニ。
──が,今回は元気いっぱいではないか!
二度目なので, ゆうじさんの緊張もほぐれていたからか?
これに気をよくした私は,握力検査をしてみたり。
マッサージで落ち着き,ちんちん握って落ち着き,私は幸せ者だ。

胸。
他のマッサージ師の方々と同じく,胸のマッサージの後,誰でも二カ所は持っているエロスイッチをゆうじさんが入れてきた。
指先と舌先とで。
もうこうなると,タオルなんてかけている場合じゃない!
タオルをはぎ取った私の目とゆうじさんの目が合う。
ゆうじさん,エロっぽい目。
お互いのナニにジェルを塗る。
そしてめくるめくリフレッシュタイム。
私も“絶頂”へ。
すっかり満足。

またバスルームでゆうじさんに洗体をしてもらう。
いつもお世話になっていることだし,次回は私も洗体のおかえししてみるかなあ。←単にさわりたいだけ。
先に私が身体を流してもらい,脱衣所で身体を拭っていると, ゆうじさん「カーッペッ!」と。
あれは少しマイナスだなあ。
気持ちは分からないでもないが,せめて客にバレないようにしようよ。

そして辞去。
今回も気持ちよかった──ぞ,と。
ありがとうございました。

総 括
新規開拓に余念がなく,行ってみたいところがごまんとあるので,基本的にリピートをすることというのはないんだが,『Paradise』はマッサージ(とエロ)が合っていたので,『だいきん★』に引き続き,再訪してみた。
やはり今回もかなり身体がほぐれた。
中国ウン千年(“ウン●”と読まぬよう)の歴史なのか,技なのか。
「カーッペッ!」は興ざめなんだがな。

関 連(過去レビュー):
【Paradise】

予 告
次は,
『bar 十二階』(現『十二階』
「エロ気持ちいい」
をお届けします。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
『Paradise』(閉業)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2015.01.21 Wed ■Paradise

悦子の部屋

時 期:2014年春
形 態:店舗(マンション)
営 業:個人
施術者:ゆうじさん(全裸)
予 約:メール
コース:90分コース ¥8,000+射精(施術者)¥2,000

[ご案内の流れ]
到着→お会計→シャワー(同伴)→施術+リフレッシュ(α)→シャワー(同伴)→片付け→終了
施術者とお客様両方ともに全裸でのトリートメントになります。
ボディタッチなどは大丈夫ですが、口を使ってのプレイなどはサービスに含まれておりません。


ここまで明朗会計なのも珍しい。
そして,ゆうじさん,ご本人がプロフィールに記するところでは「見た目:さわやか系」なんだそうだ。
明朗会計とさわやか系の真偽のほどを確認するために,私は捨て身の覚悟で天国(Paradise)に攻め込むことにした(かっこいー!)。

一発目は──あ,いや,表現がエッチくさい?──最初はメールフォームからで,二通目以降はメールでのやりとりとなる。
──とはいうものの,もうあそこまでオープンだと,空き状況以外でやり取りする必要はないんだがな。
それぞれの予定を確認して,フィックス。
当日,若干予定より早めに到着する可能性もあったので,早めでも問題ないかを問うたところ快諾。
なんていいヤツ,ゆうじさん

当日,最寄りの駅から,場所を教わるためにメールを打つ。
それに対するレス。
それまでもメールのやり取りでは気づかなかったんだが,なんだか言葉遣いがたどたどしい。
そのメールにしたがって建物を探すんだが,メールには距離や時間の目安が載っていないので,正しいのかどうか不安になる。
──が,まあ,これからしばらくは,ゆうじ,キミの身体はボク独りのものだから,少しくらい遅れても構わないよね──なんていうことを考えて妄想しているうちに,目的の建物に到着。
下階からメールを打ち,部屋番号を教わる。

部屋の前について卓球!──って,違うっ!
ピンポン!

ドアが開き,中にはゆうじさん
なるほど,爽やか系だ──っつーか,なんだか衣装がお色気たっぷりなんだが。
『2300年宇宙の旅』のような,ひと昔前のSF映画で女優さんが着ていたような超ミニのローブ(ただし色は茶色)。
生足だし。
なんだかとても自分がエロおやじになったような気がした──っつーと,エロおやじじゃないように聞こえるか。
ええと。
ミニスカートから覗く生足に欲情する中年エロおやじの気持ちがよく分かる──って,自分で書いていて哀しすぎるが。
「おやじぃ! オレは今やっとあんたの気持ちが分かったぜ!」みたいな。
とても感動的なシーンのはずなんだが……。

部屋へ通される。
照明の落とされた,ミュートされた画像のみ映っているTVモニターのある部屋。
そこで料金を支払う。
その部屋に置いてあるバスケットに,荷物と服を──という会話を交わしたところで,ゆうじさんが異国人であることは分かった(後で尋いてみたところ,中国の方らしい)。
飲み物を持ってきてくれる。

──っていうか,そんなにあたくしを見ないで!
タオルもなにもない状態で全裸になる私。
その私を見るゆうじさん
おケツむきだしで,超ミニローブのゆうじさんの先導でバスルームへと誘われる。
なんだか『猿の惑星』チャールトン・ヘストンっぽい。

バスルームはさすがに明るい。
なんとなく,ゆうじさんの視線を我が股間に感じる。
今,市原悦子入ったよね,あんた?っていうくらい見られたかも。
そしてゆうじさんもローブを脱いだら──モロチン。
えっ,ノーパンだったの!?と,私も負けずに市原悦子
悦子 vs.悦子
悦子の部屋!

そして,洗体。
これはどこで受けても照れる。
目線のやり場とか困るだろう。
毛のあたりでモシャモシャ泡立てられて,我がムスコが反応してしまうところとか。
あたし,これ以上,見てられない!ってな気分。
先に私の方が身体を拭いて部屋に戻る。
ほどなく戻るゆうじさん
中肉という肉のつき方も好きだなあ。

施術はお約束どおりB面から。
ベッドの上にうつ伏せになり,オイルで背中を。
比較的ゆったりとしている割に,力強く,かつ気持ちいい。
思わず寝てしまいそう。
ほとんどエロ要素もなしで,たまにゆうじさんの先っちょが触れている感があるくらい。
よってマッサージを受けることに集中できたかも。

背中,肩,腰,脚が終わってA面に。
ここで目にタオルがかけられる。
腕の施術になってようやく指先にナニが触れる。
あまり元気ないっぽい,ゆうじさん
指先で少しつまんでみて,ようやく少し反応ありというところだな。
「元気出せよ,なっ!」みたいな。

やがて胸の施術に移るんだが,そこらへんからゆうじさんの手の動きが怪しくなってきて……。
乳首ぃぃぃぃぃ!←『ジョジョ』っぽい。
もう我慢できずに目の上のタオルを外し組んずほぐれつスタート!
フニャっていたゆうじさんのムスコさんも元気になってくる。

もう悦子なんかどうでもいいね。
家政婦なんかのぞき見しかできないだろうが,私は堂々と見てやる!みたいな。
見るだけじゃないよ!みたいな。
そして私も三段跳び。
ホップ! ステップ! ジャーンプ!みたいな。
ピュッ! ピュッ! ピューッ!っつって。
あー,さっぱり!

その後ふたたびバスルームでゆうじさんに洗体をしてもらう。
これもまた照れくさいんだなあ。
身体を拭いて,帰り支度をした後,辞去。

ありがとうございました。

総 括
一連の流れとかが,まだぎごちない感じ。
不慣れなところが多い──ということ。
それでもマッサージ自体は,私に合うリズムとストロークがあったと思う。
あとマッサージオイルの香りが好みだったな。
どこのなんだろう,あれ?
ところでここ,健人さん『30代リーマンの裏ゲイ生活』では,評価は散々なんだなあ。
私は割と気に入ったんだが。
それも相性のひとつ──ということなんだが,合う合わないが大きい可能性はある。
そこは要注意。

予 告
さて次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,
【池袋整体室】
「黒いウン●の秘密」をお届けします。
お楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
『Paradise』(閉業)