FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■東京ボーイ・セラピスト《2》

  1. 2016.
  2. 08.
  3. 21
  4. (Sun)
  5. 00:00
コンパクトだが……

店名『東京ボーイ・セラピスト』(現『メンズボディワークス東京』)は,略してtbtとも表記するようだ(どこかのエステみたいだが)。
そんなtbtのマスコット(らしい)真さんの紹介ページには以下のような文章が載っている。

毎年どんどんバルクアップしているマッチョでお肌すべすべ,かわいい犬顔で癒やされてみてください!(原文ママ)

パグとかチャウチャウとかブルドッグだって犬だよなあ──と思いつつ,犬顔・秀斗ファンの私は,ついつい依頼をかけてしまった。
果たして犬が出るか蛇が出るか?
蛇やイヤだね。
違うもの出してくれ──みたいな。
見方によっては(あるいは人によっては)蛇っぽいけど──みたいな。

HPにセラピスト(と,この店では表現する)のページが用意されていて,セラピスト専用予約フォームもしくはダイレクトメールから予約や質問というやり取りが開始される。
シークレット・メニューについては,ダイレクトメールからとのことなので問い合わせてみたところ,+1,000円のリフレッシュとのこと。

──ということで,日程調整開始。
癒やされたいんだよ,私はな。
コースや日程がフィックスされ,料金が報される。

当日は万全の状態で真さんをお迎えするべく,シャワーを浴びて待ちわびる。
一時間ほど前に,お伺いしますメールが入る。
──で,開始予定時間が近くなって「間もなく到着します」と。

そして間もなく──到着した。
ドアベルが鳴り,インターフォンで確認し,開けドア!
──で,真さんと対面。
うん,確かに──という感じ。
コンパクト。
思わずハグしたくなるサイズ。
包み込めてしまいそう。

真さんはパーソナル・トレーナーらしく,スポーツウェアっぽい服装。
ちょっと外走ってきた──的な。
そんな真さんを部屋に招じいれる。
少し話をしながら,真さんは持ってきた荷物から,タオルやオイルを取り出す。
オイルは,空気が乾燥してきたので,保湿性が高いものにアロマを加えたオリジナルのものらしい。

そこで真さんは水着に着替え。
それが制服のようだ。
上半身は裸──いわば,半裸。
しっかりとついた筋肉が──美味しそう。

じゃあまずうつ伏せからお願いします──と,真さんから指示がある。
ええもうなんでも言うこと聞きますとも。
『まんが日本昔ばなし』で一等賞がもらえそうな格好で,私はベッドに横たわる。
施術のスタートは,B面の足と脚から。
みっちりとマッサージをしてくれる。
意外と脚から尻というのは凝るものなんだなあ,というのを実感。

そして,背中と腰に移る。
それまでの手指での施術に加えて,ここからは肘も使っての施術を開始。
とても気持ちがよくて,落ちてしまいそうになる。
パーソナル・トレーニングをされているそうなので,筋肉の構造とかに明るいんだろうか?
言葉を交わしながら,マッサージの時間はなだらかに過ぎていく。

「身体を横にしてもらってもいいですか?」と,真さん
これは初めての経験。
これまでは,A面,B面という形での施術しか受けたことはなかったんだが……。
なにが始まるんだろう?──と思いきや,内股の施術。
へえ,珍しい──と思っていたら,真さん,私の内股のさらにつけ根あたりの秘所をキュッと。
あ! んもう,真さんったら!!──みたいな。

ここに至って,ようやく真さんも半裸→全裸。
まあいわば──マッパ(GOGOGO)。

私のナニを刺激しながら,真さんが密着してくる。
そうなってくると,私もお返しをしないと悪いよねえ──という感じで,真さんのを──握る。
コンパクトサイズだった真さんのナニは,私のちょっかいで太く,硬く成長しはじめる。
真さんも,私のナニを成長させてくれる。
ギブ・アンド・テイク。
だが,無尽蔵に大きさと硬さを保てるということもなく,私のナニも発射へのカウントダウン開始。
3,2,1,ゼロ,ファイヤー!──みたいな。

私のほとぼりを冷ましてくれた頃に,真さんが清掃活動に従事してくれる。
ティッシュを片手に。

その後,支払いを済ませ,真さん,辞去。
多謝!
気持ちよかった。

総 括
文中にも書いたんだが,パーソナル・トレーナーをされているせいで,筋肉の凝りやそのほぐしには長けているのかもしれない。
コンパクトサイズではあるが,その技量は侮れないと思った。
肘での施術は,とても気持ちよかったしな。

データ
店 名『東京ボーイ・セラピスト』(現『メンズボディワークス東京』
形 態:出張
営 業:複数スタッフ
時 期:2014年秋
予 約:メールフォーム→メール
施術者:真さん(水着→全裸)
コース:アロマ・オイルマッサージ90分¥12,000−初回割引¥1,000+シークレット・メニュー¥1,000

関 連(過去レビュー)
『東京ボーイ・セラピスト』

予 告
次回の『安全 健全 Massage for GAY』は,
「ブツブツ交換」
『まごころ』
をお送りします。
次回もお楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

■東京ボーイ・セラピスト

  1. 2015.
  2. 08.
  3. 11
  4. (Tue)
  5. 00:00
満足な気内臓

時 期:2015年冬
形 態:出張
営 業:複数スタッフ
施術者:颯太さん(パンツ→全裸)(アップ時退店)
予 約:メールフォーム→メール
コース:チネイザン+タイ古式+アロマ150分+交通費 ¥20,000+−初回割引¥1,000−事前割引¥1,000

“気内臓”と書いて“チネイザン”と読むようだ。
TAO(道教)に伝わる気功療法で,腹に触れ,各内臓に気をめぐらせて,内臓を本来の状態にするマッサージ法──らしい。

TBC──ではなく,tbt(『東京ボーイ・セラピスト』(現『メンズボディワークス東京』))を初利用。
お願いしたスタッフは颯太さん
はっきりとはしていないが,凜々しげな横顔画像も載っている「tbt一番の愛くるしいセラピスト」(原文ママ)とのこと。
腹部デトックス&痩身という効果のあるチネイザンができるという,そんな颯太さんの施術を受けてみたい!と,彼にお願いしてみることにした。
決して「『とっておきのエロ技』をtbtでは官能的にやってみようと思ってますww」(原文ママ)とか「施術時の服装,シャワー同伴,リフレッシュ等全て無料です」(原文ママ)という言葉に惑わされたからではない。←腹部デトックスというより,腹黒デトックスが必要。

HPには,セラピスト専用のメールフォームがあり,そこから一報入れると,颯太さんからのレスがメールで届く。
お互い,日程調整を開始。
何度かのやり取りの後,予定を固める。

チネイザンを含んだコースだと,150分19,000円がオススメらしい。
150分未満だと,チネイザンを組みこむと(当然のことながら)ひとつのユニットへの割当が短くなる,と。
今回の主目的はチネイザンなので,やや高いが奮発して150分をお願いすることにする。
あとは当日を待つばかり。

当日。
時間ピッタリにドアベルが鳴る。
開錠し,ドアを開くと──おお!──“愛くるしい”という表現は違うにしても,そこに立つのは爽やかそうな好青年。
すっかり気をよくした私。
「どうぞ入ってください」道はすぐ分かりましたか?と招じいれる。

部屋にとおり,荷物を置く颯太さん
タイ式の時はパンツ一枚でおこないます,とか,オイルは○○を使います,とか施術の説明があり,さらにはデイパックからアロマライトまで登場する。
システムとしては前払いとのことなので,福沢諭吉さんたちを渡す。

準備完了──ということで「じゃあ」始めましょうか,と颯太さんは服を脱ぎはじめる。
行動が素早い。
パンイチの颯太さんは,がんばればスジ筋という感じの若い身体。
発展途上の肉体──的な。
そして忘れずにチェックするのは,モッコリ具合。
なかなか。

施術スタート。
「結構ゆったりとしているんですね」もっと激しいと思っていました,と,私。
初めてのタイ古式の被術。
漠然と『メンズプライベートサロンdainaril』的な施術を想像していた私は,ある意味ほっとした。
脚から始まるタイ古式は,ゆったりと,そしてじっくりと。
ほう,これがタイ古式か,と納得。
利きそう。

ゆっくりと体重をかけ,颯太さんは私の脚→足,腰→背中,腕→手を圧と揉みでほぐしてくれる。
結構好きかも,タイ古式。
ゆったりとたっぷりと施術される。
これは150分にしておいてよかった。

そして。
「じゃあ,オイルに入りますね」
どちらから切り出したということもなく,パンツを脱ぐ我々。
ほのかに香るオイル。
周りが暗かったことと,タイ古式ですっかり身も心もほぐれた私は,身体に塗られるオイルの香りで寝落ち寸前。
そんな時,私の前に颯太さんが位置を変えてくる。
うつぶせになった私の目の前に,颯太さんが鎮座──チン座する。
こ,これは──ピンクアプリのハウリング用語で表すと──mrmrする。
その体勢から背中→腰の施術ということになると「69,ただし私はうつぶせだがな」ということになる。
そそそそ颯太さん,私の耳に当たっているモノはなんですか?と,テレパシーで問う。
扇情的な背中のマッサージが終わり,私は仰向けになる。

チネイザン──だ。
あらかじめ準備を頼まれていたタオルが,身体が冷えないようにと股間ギリギリにかけられる。
颯太さんが指先や掌で,内臓を押し,揉んでくる。
これは利くかも──という感じ。
合っている──ような気はする(タイ古式もチネイザンも,いずれも初めてなので,合っているかどうか判断がつきかねるのだ)。

「これは腎臓です」
「これは肝臓です」
その他にも内臓やチネイザンに関し,知識を披露してくれる。
私の臓物,ぐるんぐるん状態。
かなり強押し,と私が感じることもあったので,痛みに弱い方は弱めの施術にしてもらう方がいいかもしれん。

チネイザンは下腹のみの施術だと思っていたんだが,「ここは心臓と繋がっているんですよ」「へえ」というように,鳩尾(みずおち)あたりにまで施術は及ぶ。
──と,その時,私の身体がのけぞる。
内臓よりも敏感な乳首をやられた。
「これはチネイザンではないですね?」

リフレッシュタイムの始まり。
身体は若く,発展途上。
だが立派に先進国な颯太さん(のナニ)と握手を交わす。
外交の基本は握手から。
そして私の外交官は,といえば,チネイザンよりも激しめ(“チネイザン”とでも呼ぼうか?)な颯太さんの攻めに撃沈。
外交決裂,どっかーん!──みたいな。

撃チン後,おとなしくなった私の外交官をキレイにしてくれた颯太さんと一緒にシャワーを浴びる。
その後,颯太さんは片づけをしてサヨナラ。

どうもありがとうございました。

総 括
レベルが高い。
久しぶりにここまでのレベルの高さのマッサージを受けたように感じた。
値は張るもののそれに見合うだけの価値あり,というタイ古式とチネイザンだったな。
そうそう頻繁に受けることは厳しいかもしれんが,リピートは考えてもいいレベルに充分あると思うぞ。

予 告
「さあ,エロのはじまりだよ」
次の『健全 安全 Massage for GAY』は,
『石井卓也 出張サービス』(閉業)
をお届けします。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【東京ボーイ・セラピスト】(現【メンズボディワークス東京】

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
A (2)
S (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム