FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

Home > ゲイマッサージ職人

2016.06.21 Tue ■ゲイマッサージ職人

海老蔵

なんだかんだの『うたたね』系列店利用。
今回は『ゲイマッサージ職人』(閉業)である。
『うたたね 東京店』からのスピンオフ。
職人は,大瀧晟一さんで,この系列店ではおなじみのフルネーム登場だ。

大瀧さんのプロフィールは(施術当時),171×72×37のゲイとのこと。
顔にはモザイクが入っているんだが,なかなか凛々しそう。
頭の具合も,それなりにエロそう。
そして「僕のうたたね密着をぜひお試しください」とのこと。
「お試しください」と,お願いされては仕方がない。
お試ししてみよう。

HPに設えてあるメールフォームから,空き状況を確認する。
希望日で,大瀧さんは大丈夫とのことなので,そこをフィックス。
やり取りの中,希望のコースや名前(仮名で可),電話番号,個室か出張かを伝える。
出張を希望。
追って,確約のメールが入ってくるんだが,そこに開始予定時間の5~10分前に到着する旨の連絡も載っている。

さて,当日。
きっかり10分前。
待ち構えていましたか?というくらいきっかり。
ドアベルが鳴ったので解錠・開扉する──と,そこにはメガネ姿の大瀧さん
HPには載せられていない姿なんだが,メガネ姿もなかなかステキ。
顔立ちが整っているなあ。

「ご予約ありがとうございます。今日はよろしくお願いします」
「いえいえ,こちらこそ。あがってください。よろしくお願いします」
そこらは,まあほぼ型どおりのご挨拶というところ。
大瀧さん,かなり腰が低い。
接客に慣れているような印象を受ける。

ベッドルームまで入っていただき,大瀧さんはそこで荷物を置く。
そう,施術の準備に──入るのである。
大瀧さんのバッグから,本当にそれ全部持ってこられたんですか?という量のタオル,タオルケットが登場し,さらにオイルや音楽の準備まで。

そして,この系列にはお約束の“シャワー同伴”である。
我々は脱衣を開始し,大瀧さんはメガネを──外す。
するとそこには──海老蔵
メガネのない大瀧さんは,海老蔵そっくりなのである。
目鼻立ちくっきりという感じなので,人によっては好みが分かれる顔立ちではあるかもしれん。

だが,私は顔にだけ気を取られていた訳ではない。
(もちろんだとも)身体のチェックも怠らない。
HPによると事務通いをしているという大瀧さんは珠算三級で──って,違う! ジム通いをしている大瀧さんはマッチョという感じではないが,やや肉のついた,でも鍛えてはいるよね,という体型をされている。
そして自らの手で剥ぎ取られるボクサーブリーフ。
アソコは外気に触れ,勢いよくブラブラと揺れる。
そこそこの重量感があって「揺れる重い」という感じか。

シャワー室へ向かった私は,大瀧さんから身体を洗ってもらう。
もちろん,私のナニも洗ってもらう。
反応しますとも,もちろん。
今さら書くほどのことでもなかろうて。

洗体終了。
すると,なんと大瀧さんは,私の身体を拭くタオルまで用意してくれていた。
あの多量のタオルにはそういう意味があったんだな。
今までのパターンだと,たいていタオルは自前なのだ。
良し悪しという話ではなく,ただ単に,大瀧さんのその準備のよさに驚いた。
お借りしたタオルで身体を拭い,私は一足先にベッドルームへ。
待機状態の私の元へ,大瀧さんが戻ってくる。
一糸まとわぬ大瀧さんの全身を目に焼きつける。
眼福(「うたたね系」は,好みの体型の方を選ぶことができるのがいいんだな)。

施術が開始される。
うつぶせスタートで,背中→腰→太股→ふくらはぎと流れていく。
そしてやにわに密着してくる大瀧さん
なるほどこれが「うたたね密着」というヤツか。
左背,右背,左大腿,右大腿。
そこらの施術がされる。
マッサージ自体は普通。
だがほぐされ感はある。
それよりも,ブリーフがあれば“ふくらみ”と表現できるであろう,海老蔵さんの海老が,ナマのまま私の背面に押しつけられてくるのが,とても悩ましい──いや,喜ばしい。
大瀧さんの海老が,私の身体との刺激で,だんだん伊勢海老になりつつあるし。

その後,肩の施術に入るということで,うつぶせになったままの私の目の前に,大瀧さんが座る。
座る──んだが,この時点では,大瀧さんの股間にはタオルが。
あまり多量のタオルを持ってくるから,こういうことになるのだ。
まあ,私の気が散逸しないよう,大瀧さんが気遣ってくださったということにしておこう。
ちっ!

さて,B面の施術が終わり,A面の施術になる──んだが,施術というよりは,もう密着。
うたたね密着ふたたび。
ただ,今回は海老が私の前面に密着してくる。
そう──エロのはじまり。

さらなる密着,さらなるマッサージ(ただし部分的)。
私の海老も海老蔵ではなく,海老「増」という感じでサイズアップ。
ますます大瀧さんの加えてくる刺激が激しくなってくる。
──となると,私も絶頂へ達する。
海老爆発!
爆発した私の海老の残骸を,大瀧さん,ご自身持参のティッシュで拭ってくれる。

息が収まるのを待ち,ふたたびのシャワータイム。
またしても大瀧さんに身体を洗ってもらい,タオルをお借りする。
そして,一足先に私が部屋へ戻って,服を着ている間,なんと大瀧さんは自分の身体を洗ったのはもちろんであろうが,バスルームを拭ってもくれたらしい。
うーん,徹底しているなあ。
大瀧さん,着衣をされ,持参された数々の品をバッグに片づける。
そこで私は支払いを。
大瀧さんは,お礼の言葉を告げ,辞去。
ありがとうございました。

総 括
なにからなにまで準備万端という大瀧さんには恐れ入った。
そこまで準備をされずともいいのに──という気がしないでもないんだが,確かに被術側として,楽であることは間違いない。
ご本人が,それをストレスに感じていなければいいんだが……。
さて,件の「うたたね密着」なんだが,他の「うたたね系」の方々と比較すると,大瀧さんが一番密だったと思う。
そういうステキさもあったな。

データ
店 名『ゲイマッサージ職人』(閉業)
形 態:個室,出張
営 業:個人
時 期:2015年秋
予 約:メールフォーム→メール
施術者:大瀧晟一さん(全裸),出張
コース:90分 ¥15,000+交通費 ¥1,000

予 告
『Aardwolf』
次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,
「若いって素晴らしい」
を,お届けします。
どうぞお楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!