FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■Ryu

  1. 2016.
  2. 08.
  3. 01
  4. (Mon)
  5. 00:00
In Seoul Part 2

日本語できます。
電話ください。
──と,『Ryu』のHPの最初のページには書いてある。

オーナーの方は,日本の某マッサージ店で働いていたことがあるようなんだな。
そしてこの店のHPには,メールフォームとかメールアドレスというのは一切載っていない。
つまり,電話をしないことには,予約は取れない訳だ。
──ということで,電話した。
日本の店でさえ,こういう予約電話はドキドキなのに,異国の地にあっては,さらにドキドキものだ。

──が,会話をするうえでのRyuさんの日本語能力はまったく問題ない。
流ちょうなRyuさんの日本語と,カタコトな私の韓国語。

韓国では,複数スタッフがいる店を訪れると,目の前にずらずらっとスタッフが並び,その中から選ぶ,という話を聴いたことはあるんだが,私が希望した時間帯が昼間であったことから,あらかじめHPにあるスタッフで対応可能な人から選んでほしいとのことだった。
173×95×47というスペックのSUNGさんに,私は白羽の矢を立てた。
47歳というのは,かつて私が施術を受けた施術師さんの中でも比較的ご高齢。
熟練の技を見せていただこうじゃあないか!と。

この店はオプション価格は30,000ウォン(約3,000円)とのこと。
希望しますとも,もちろん。
自分も気持ちいい,相手も気持ちいい,これがいいと思うのだよ。
──って,相手は気持ち悪いと思っているかもしれんがな。

指定された駅の指定された出口から,当日の予約時間少し前に電話を入れる。
今から迎えにいきますね。少し待っていてください──と,Ryuさん
数分待って登場。
お待たせしました──という彼は,スマートなハンサム青年。
店──というかマンションなんだが,そこへの道すがら話していたところでは,彼は日本にいた時は“デブ”だったそうだ。
意外。

そして到着。
SUNGさんとのご対面。
丸顔であることはHPの画像でも分かっていたんだが,それ以外はモザイクだったのだ。
SUNGさん,やや強面であるが,にこにこ顔はしている。
彼も日本にいたことがあったようで,カタコトの日本語は話せる様子。

最初に,シャワーを浴びるように言われる。
SUNGさんの見ているところで,全裸になる私。
服はSUNGさんに手渡し,SUNGさんがたたんでくれる,と。

案内されたシャワールームは,タイル張りの──トイレ?
そう,韓国のマンションというのは,バスタブがなく,トイレと同じ場所でシャワーを浴びるということが多いんだな。
トイレに行く人,足がびちゃびちゃになってしまうのでは?──と思いつつ,シャワーを浴び,室内にあったタオルを腰に巻き,部屋に。
部屋といってもカーテンで仕切られたスペースの真ん中に,マッサージベッドが置いてあるだけ。
腰タオルを外し,SUNGさんに渡す。
うつぶせになる私。

シャワーから戻ったときには,パンツ一枚になっていたSUNGさんの施術が始まる。
スポーツマッサージかなあ,と思いきや,きちんとした整体である。
バキバキ言わせるタイプのヤツ。
これは効きそう。

施術は,背中から腰→脚→足→腕,くまなく。
アクロバティックに腕を曲げさせられ,バキバキ。
それが終わると,背面にはオイルが塗られる。
そして表面へ。
今度は頸をバキバキやられる。
SUNGさん曰く,私の背中と頸はかなり凝っているらしい。

バキバキが終わると,今度はエロエロ。
待っていました!のエロエロタイムである。
こんなにマッサージを受けているのに,私の背中や頸が改善されないのは,エロに傾倒しすぎているからなのかもしれない。
SUNGさんの口撃が始まる。
いきなりですか?
そして,私が,ボクサーブリーフ一枚のSUNGさんの膨らみを揉みしだいていると,SUNGさんの方から,それを脱ぎ捨ててくれる。
露わになる47歳男性のアソコ。
SUNGさん自らの解禁なので,私も遠慮なく,握りしめる。
私の手の中で,小さいながらも固く,なる。

スタンドの灯りひとつという薄暗い中,狭いマッサージベッドのうえで絡まりあう日韓。
やがて日本が先に絶頂へ。
その後,韓国も絶頂へ。
ふたりなかよく絶頂へ。

お互いが一段落したところで,終わりかと思いきや,まだ若干の背中のマッサージがあった。
マッサージベッドに腰をかけた私の肩を揉み,整えてくれる。
そしてシャワーへ(これも単独)。
それを終えて戻ってくると,片づけられたベッドの上に私の衣服が並べてある。
至れり尽くせりだなあ。
どうせなら洗体もしてくれたらよかったんだが。

私は服を着て,SUNGさんと少し言葉を交わす。
日本にはなにをしに来ていましたか?とか。
そして約束の料金を払い,私は辞去。
SUNGさんは玄関口まで見送ってくれる。
どうもありがとうございました。

総 括
バキバキいわせるタイプの“整体”を受けたのは久し振り。
そのせいなのか,帰りはなんだか背中が軽くなったような気もした。
日本で受ける韓国のマッサージと,ソウルで受ける韓国のマッサージは,いずれもそんなには差はない。
次回は,目の前にズラッと並んだスタッフの中からチョイスする,というのを経験してみてもいいかもしれん。
何事も,経験。

データ
店 名『Ryu』
形 態:個室,出張
営 業:複数スタッフ
時 期:2015年秋
予 約:電話
施術者:SUNGさん(ボクサーブリーフ→全裸),個室
コース:オイルマッサージ1時間20分 W100,000+オプション W30,000

予 告
『ゲイサロン ラムール』
「モシャピン」
次回『健全 安全 Massage for GAY』は,以上のレビューをお送りします。
どうぞお楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム