FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■Swedish Massage Tokyo

  1. 2014.
  2. 02.
  3. 20
  4. (Thu)
  5. 22:59
「内部の洗浄もしておいてください」

時 期:2013年 秋
形 態:出張(自宅)
営 業:個人
施術者:Yさん(全裸)
予 約:メール
コース:120分 ¥7,000

事前のメールでは「内部の洗浄もしておいてください」とのこと。
一体なにが始まるんだろう?

とてもスタイリッシュで品のあるHPだなあ──と常々思っていた。
マッサージのブログサイトで採りあげられていたこともあったので,施術してもらうことに。
HPを経由すればTwitterで,アバウトな空き状況というのは判る。
あとは直接やりとりをして,空いている日のすりあわせを。

当日やっておいた方がいいことをメールで確認すると,シャワーと「内部洗浄」と伝えられる。
内部洗浄というのは,あれだよなあ──判りやすい話が“シャワ浣”w。
そう。
前立腺──なのである。
施術者・Yさんが到着するまでに,それを済ませ「裸で待っていてください」と。
それはちょっと風邪を引いてしまいそうなので,バスローブを着ておいた。
Yさんも,実際,裸で出迎えられたりしたら,驚くだろうに(^^)。
玄関開けたら裸の男──みたいなw。

時間になり,Yさん登場。
いや,ものすごくハンサム。
ミックスであり,帰国子女なんだそうだ。
どうりで彫りが深い。
薄く鼻の下ともみあげ~アゴにヒゲがある。
こんなにいい男からマッサージがしてもらえるだなんて(ラッキー)!

Yさんの指示に従い,私はローブを脱いでベッドに。
方や,Yさんもオイル等を準備する段階で,その一環という感じで,躊躇いなく,潔く──全裸に。
ナニの根元には幅広のリングが装填されている。
結構体毛も濃く,やや丸みは帯びているものの,とてもセクシー(体毛も好みだろうが)。

そして,マッサージ開始。
Swedishということだからなのか,Yさんのマッサージは「揉む」というよりは,「撫でる」という感じ。
リラックス主体な訳だ。
もっとも被術中,Yさんのがムニュッとかあたったりしてきて,そっちが気になったりね。
来たねえ,ムニュッ! えい,握っちゃえ!!──みたいなw。

やがて,そのリラクゼーションマッサージが終わり,いよいよ前立腺に。
ええと──ずぶずぶ! うわあっ!──という感じw。
結構激しく攻めたてられる。
思わず声を漏らしてしまったりw。
その前立腺マッサージからの“リフレッシュ”
もうこの時間は“濃密”という以外になかった感じだ。
組んずほぐれつw。
やがて私も“絶頂”へ。

“リフレッシュ”が終了すると,Yさん,片づけ→支払→辞去。
あまりにも濃密だったので,こちらも脱力状態w。

HPから飛べるTwitterアカウントでは,近々であれば予定も把握できる。
一日の施術は2~3名が限度とのこと。
腱鞘炎になりかねないしな,こういう仕事は。

総 括
思わずリピート確定!となってしまうほど濃い。
ミックスで帰国子女ではあるが,Yさんは日本語は堪能。
やりとりも日本語で可能である。まったく問題はない。
マッサージ自体は,あくまでもリラクゼーションという感じであるので,凝りをほぐしたいと思う方には不向き。
また,マッサージに比重を置きたい(エロなんてとんでもない!なんていう)方にも不向きw。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【Swedish Massage Tokyo】

スポンサーサイト
[PR]

□エロ/非エロ

  1. 2014.
  2. 02.
  3. 15
  4. (Sat)
  5. 21:21
このブログを書くにあたって,考えてみた。
「私がマッサージを受ける目的はなんでしょう?」

それは人それぞれだと思う。
凝りをほぐしてほしい方。
ウリ専を利用するのには抵抗がある──でもエッチしたい or 処理したい方。
人肌が恋しい方。
好きな方w。
イケメンの裸が見たい方。
もしかしたら,自分の裸を見せたい方──というのもいるかもしれないw。

エロなのか,非エロなのか。
それをきちんと見極めて選定をおこなわないと「がっかりじゃん!」ということになる。
施術者が柔道整復師というような国家資格を持っていない限り“治療”はできない訳で,あくまでも彼らが提供してくれるのは“リラクゼーション”なのである。
だからもし,非エロなマッサージを求めるのであれば街のマッサージ屋を,治療を求めるのであれば整骨院等をお薦めする。
それが,お互いのため。

私の選定の場合,まず初めての場合は,HPがあればそれを確認する。
文章や内容というのは,思いの外,その人や組織の“性格”を表す。
スケジュールのページがあるのに,そこが更新されていない──というようなサイトを管理している施術者に,マッサージを依頼しようとは,私は思わない。
画像がなにも載っていないというのも,除外対象だな。
顔載せが無理というのは理解できるので,せめてそれ以外の(身体とかw)画像は載せてほしい。
あとは,勘。
ページ自体に漂う胡散臭さのようなものがあれば却下。
逆に,いい!というインスピレーションを受ければ,推す。

何度かのやりとりが決め手になる──あるいは決めないということもある。
『●●●●●』というタイマッサージをやっている人を,たまたま赤アプリで踏んだ(サイトと同じタイマッサージの画像を載せていたから判明した訳だが)。
ちゃんとHPもあるんだが,都内の古式マッサージの店舗に勤め始めるようになったので,落ち着いてきたら再開できるかもしれません──と,そこには書かれていた。
──で,赤アプリの方で,私の方から「はじめまして」メッセージをかけたんだが,一向に返信がない。
赤アプリって開封されたかどうかは,表示される。
彼は確かにメッセージは読んでいた──が,レスはない。
その人の自己紹介には「お気軽にメッセージを」というようなことが書いてあるにも関わらず──である。
きちんとかけられた挨拶に応えられないような人間には,たとえ技能があったとしても,私は金を払うつもりはさらさらないし,関わりたいとは思わない。
彼が営業を再開したとしても(再開したようだ),とても彼からはリラックスが得られるとは考えられないので,依頼はしない。
“やりとり”は,コミュニケーションなので,それがきちんとできないと私は無理。

他には,マッサージの情報ブログによる手記を参考にする。
そのブログから施術者のHPに行くこともある。
あー,これよさそう,とか,あー,これエロそう,とかw。
これは結構比重は高い。
やはり,本当のことなのかデマなのか見分けがつきづらい批評掲示板とは違う情報なのである。

こと私に関しては,どちらかというとエロに比重がかかっている。
そのついでがマッサージw。
好みのタイプとのムフフが第一義。
体温を感じたり,生まれたままの姿を拝んでみたり,味わって(?)みたり。

もっとも,生まれた時から毛が生えている人間はいないだろうがなw。

■男×男・出張整体回復堂

  1. 2014.
  2. 02.
  3. 07
  4. (Fri)
  5. 23:18
リーズナブルな値段で,アグレッシブに攻めてきます。

時 期:2013年 秋
形 態:自宅(出張)ただし,店舗もあり
営 業:個人
施術者:下町の整体師さん(パンツ→全裸)
予 約:メール
コース:90分 ¥9,000

きちんと店舗を構えて普通のマッサージもやっておられる。
したがって施術される「下町の整体師さん」の顔は表のサイトで見ることができる。
体型は裏のサイトに載っていて,ガチムチ。

予約はメールでおこなうこともできる。
電話だと恥ずかしい──という(私のようにシャイな)場合は,とてもこのシステムというのは助かるんだな。

店舗訪問ではなく,自宅に来てもらう形で予約をかける。
家庭訪問までにしておくことはありますか?と訊いたら,特にそれはない──とのことだが,まあ一応シャワーは浴びておいた。
なにが起きるか判らないしぃーw。

ピンポンの音とともに予約時間の若干前に整体師さん登場。
彼自身,特にシャワーを浴びるということもない(浴びてきたのかな)。
整体師さんは,画像どおりの方。
目がクリッとしたガチムチさん。
声は比較的高めで,見た目とのギャップはある。
腰の低い,とても丁寧な対応をされる方。

こちらは全裸になり,整体師さんの指示にしたがってうつぶせに。
整体師さんにも“全裸”をお願いしていたんだが,どうやら忘れておられたようで,パンいち。
まあ敢えて「脱いで」とは言わなかったんだが。
マッサージ自体は,さすがに店舗を構えているだけあって,上手。
強押しではないが,ちゃんとツボは押さえているように感じた。
施術中はお互いに寡黙に。

そして“リフレッシュ”
ここで整体師さんも脱衣。
お,キレイな形w!←どこが?
ちなみに乳首がとてもデカい。
強化ギブスでもつけていますか?
整体師さん自身は「ウケなら可能です」とのことなんだが,それは固辞w。
整体師さんからの攻めはなかなか激しく,珍しく“舌技”ありの,組んずほぐれつ
これって,“リフレッシュ”のレベルは超えているかも(いや,いいんだがなw)。
やがて,私の方が“絶頂”へ。

一応,その後,整体師さんを洗面所に案内する。
特にシャワーとかを一緒に浴びるということもないので,うがいとかね,ほら,必要かもしれないし。
そして,最後に支払をおこない,見送り。
どうもありがとうございましたー!

総 括
施術は丁寧で,エロもアグレッシブ──相性が合えばリピートをしても問題はないのではないだろうか。
料金的にリーズナブルではあるし。
ただ,目的は“施術”? それとも“リフレッシュ”?となってしまう傾向にはあるかもしれないw。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【男×男・出張整体回復堂】

□リンク:更新頻度が限りなく少ないであろうマッサージブログ(ネタが無いと書けません)

  1. 2014.
  2. 02.
  3. 04
  4. (Tue)
  5. 21:02
リンク報告をまた新たに一件。
こうやって輪が広がっていくのはいいねえ。
ある意味,情報ってのは持ちつ持たれつなところもあるしな。

──ということで,たいがさん『更新頻度が限りなく少ないであろうマッサージブログ(ネタが無いと書けません)』
延べ50件以上ものレビューが載せられている(2014年2月現在)。
なんといっても“老舗”で,スタートが2011年11月なので,もう丸2年以上やられている計算だ。
すばらしい,件数も期間も。

たいがさんのレビューでいいところは,ハズレも載せてくださっているところ。
レビューを見て「行こう」というところもあるのと同様,「行こう」と思っていたところが,どなたかのレビューを読んで「やっぱりやめておこう」になることもある訳だし。
そういう意味では,我々のレビューというのは,ある意味責任重大だな。
だが,彼も私も書いているように,感じ方に個人差はあるとはいえ,「火のない所に煙は立たない」訳でもある。
また,たいがさんの場合,そのハズレのレビューがときどき「クスッ」とさせてくれるのも素敵だと思う(^^)。

私は,あまりハズレくじは引かんのだよなあ。
それも先輩諸氏のレビューのおかげかもしれん。

あと,たいがさん,ひとつのマッサージを数度使っておられるのも比較的特徴的だと思う。
私なんか,割と一度で終わり(もう飽きちゃった!)なところも多いんだが。

「ネタが無いと書けません」という割に,これだけのレビューがあるというのは,すごいと思う。
これからも更新をがんばっていただきたいと切に願います(^^)。

□I Want Your Love

  1. 2014.
  2. 02.
  3. 01
  4. (Sat)
  5. 14:42
こちらの世界での著名人のひとりに,田亀源五郎先生がいらっしゃる。
彼の描くコミックも好きなんだが,ブログで紹介されている「あれこれ」も好き。
映画とか。

i_want_your_love_1.jpg

その田亀先生のブログで紹介されていた映画『I Want Your Love』というのを観てみた。
サンフランシスコが舞台となっているゲイ映画で,彼らの“日常”を描いている2012年の映画。
あまりにも描写が赤裸々で,世界のあちこちで物議を醸したらしい。

それを観てみた。
観てみた──んだが,なるほど,これはかなりすごい。
公開なんてとんでもないというレベル。
赤裸々というより全裸々と。
余すところなく,すべて見せます──的。

i_want_your_love_3.jpg

キス,手コキはもちろん,フェラチオ,アナル舐め,指マン,ケツマン──そして,射精。
最初から最後まで,一から十まで,すべて見せます!──ってw。
あんた,映画でアナル舐めなんて。
もちろん。
モザイクとかボカシなんていうのは,ない。

i_want_your_love_2.jpg

ただ,やっぱりエロビのように,エロさが前面に出るような撮り方はされていないんだな。
クローズアップがない訳ではないんだが,それは単にカメラがズームインしたっていう結果。
これは日常の単なる“動作”に過ぎないんだよ,キミたち──ってなくらい,風景的に写っている。

そうすると,こちらもそれに煽られるということが,あまりない。
まったくない──とは言わない。
あまり,ないw。
不思議なものだな。

時間は71分というやや短め。
サンフランシスコ在住のゲイの日常を描いた作品。
なかなか面白かったと思う。

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
極 (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム