FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

Home > 2014年09月

2014.09.20 Sat ■S(from Pink)

きみ皮イイネ!

時 期:2014年春
形 態:出張
営 業:個人
施術者:Sさん(全裸)
予 約:アプリ
コース:90分 ¥9,000+リフレッシュ ¥2,000+交通費実費

ピンクアプリで,ハウリングを眺めていると,たまに「うんこ!」とかいう方がいて楽しい。
「しっこ!」ってメッセージしたろか!?とか。
そしてまた「全身揉みほぐし&アロマオイルマッサージ受けたい方募集」というユーザを発見。
全身というのは“あそこ”も入るんだろうなあ(“あそこ”だって身体の一部さ!)。
「あそこ揉みほぐし」
いいねえ。

大阪で整体とアロマオイルのマッサージを経営しているとプロフに載っている。
177cm×94kgのガチムチな身体が美味しそう,と思って,足跡だけを残していた(Aさんみたいに顔画像はないし)。
すると,特に問合せをした訳ではないんだが,その後,その施術者・Sさんの方から「お問い合わせありがとうございます」というメッセージが届いた。
いや,お問い合わせはしておらんのだが,と思いつつ,エロマッサージっぽいと興味を惹かれてしまうのが,私のサガ。
知っているか?
“サガ”というのは“性”と書く。
エロマッサージっぽいと興味を惹かれてしまうのが,私の性。

ついつい,そのメッセージに返信をしてしまう。
「リフレッシュはありますか?」
「全裸は大丈夫ですか?」

ついついつられてしまう私も私だが,Sさんてば商売上手。
「リフレッシュは+2,000円でお受けします」
「全裸はサービスです」


ここで引き下がると,揚羽様の名が廃るぜ!って,何者だよ,私は?
引き下がらずに,引き上がってしまったよ。
「○日×曜日△時は大丈夫ですか?」
もうここはスカイツリーか?っつーくらい,あがってしまったとも。

事前の準備を尋ねると,タオルの話はしてくるんだが(オイルマッサージなのでタオルを一枚ご用意ください),シャワーの話はしてこない。
半分,おふざけで「シャワーは一緒に浴びますか?」と振ってみたところ「一緒に浴びてもよろしければお願いします」と。
えええ!? マジすか?
よろしいに決まっているとも!
もうスカイツリーどころの話ではないね。
タモリもビックリだよね。
いいとも!
終わってしまったがな。
「一緒にシャワー」「一緒にシャワー」「一緒にシャワー」「一緒にシャワー」
スカイツリー以上に引き上がって,成層圏突破!みたいな。

Sさんは,東京にいるリピーターの方からの希望で,何日かこちらに滞在しているようで,こういう機会は月に何度かあるらしい。
腕には相当自信がある様子。
顔が載っていないので,いささか不安はあるものの,まあそれは他のマッサージのHPでも同じだ。

当日,ほぼ時間どおりにドアチャイムが鳴る。
ドアを開けると,そこにSさん
目のクッキリとした,系統的にはイケメン。
タッパもあるし,体型もガチムチ。

ベッドルームに通ってもらい,Sさん「じゃあ,まずシャワーから」と。
お互い脱衣。
Sさん,服はあってもなくてもガチムチ。
下半身のもしゃもしゃな茂みの中に──息子さんはお隠れの様子。
茂みの中に,そして皮の中に。
照れ屋さんなんだから,もう!

そして,タイマーがセットされ「今からスタートします」と。
──で,シャワーを浴びに風呂場に行くんだが,普通は洗体などないんだそうだ。
ラッキー!
だが,やはり他人に身体を洗われるというのは恥ずかしい──って,自分で依頼しておいてなんなんだ。

キレイな身体になったふたりは,ふたたびベッドルーム。
マッサージはお約束どおりB面からのスタート。
普段は店舗で営業しているようで,圧のかけ方が上手。
思わず,うとうとしそうになるほど。
背中から腰から,脚,そして足。
みっちりしっかり。
同じ箇所を何度か繰り返しというのもあり。
だが──こんなにみっちりやられると,エロに割かれる時間が少なくなるのではと心配にもなったり。

そんな欲望に忠実な私に,Sさん「仰向けになってください」と。
やだ,恥ずかしいじゃない──なんてことなく,A面を上に。
太股とか胸とかのマッサージをされるんだが,これが刺激しているんだかいないんだか,やや分かりづらい。
カチンコとかを鳴らして「亜弓さん,どうぞ。キュー!」とか言ってくれないとカーミラになれないわ,私──って,誰が亜弓やねん。

まあでも。
指先で乳首を攻められたり,舌先で乳首を攻められたりした日には,いくら亜弓でも,マッサージかエロかの判別はつくだろう。
エロです。
乳首だけではなく,Sさんの指先が私の欲望をとらえる(少し文学的に表現してみた)。
そして,私も「指に代わっておさわりよ!」みたいな(少しアニメ的に表現してみた)。
Sさんのもしゃもしゃの中に私も指をツッコむ!──んだけど,Sさん,背が高いからムスコさんに出会うまで大変。
三千里くらい指を這わせたかも。
マルコは母を訪ねたが,私は皮を訪ねたよね。
マッサージのついでにストレッチまでやっちゃう?というくらい,身体を伸ばして──世界ふしぎ発見!
いや,不思議でもなんでもないんだが。

あ……皮(はあと)。
今回はリアルだけど,ピンクアプリ上だったら,イイネ!を100万回くらい送りたくなる。
♪ひと言言って きみ皮イイネ!──みたいな。
ただ,剥こうとすると,腰が逃げる。
「逃すか!」みたいに追いかけると,耳許で,
「敏感なんで,皮の上からでいいですか?」
そんなこと言われたら,もう,イイネ!100万回のうち80万回くらいで「発射オーライ!」という感じ。
そして,私は“発射”
モチモチしたムチムチさが,抱きついていて気持ちよかったな。

その後,またまたお互いシャワーを浴びて,支払を済ませる。
時間は──ほぼピッタリ。
恐るべしプロフェッショナル。
また東京へお越しの際はぜひお世話になりたいものだ。

総 括
好みの問題もあるとは思うんだが,顔はイイ男。
しかも身体はガチムチということで,好きな人にはこたえられないのではないだろうか。
大阪の方では店舗営業もしているようだ。
──で,お気に入りに登録しておいたんだが,先日チェックしたら姿を消していた。
ブロックか? ええ度胸しとるやないけ,われ!

予 告
次回は,『健全 安全 Massage for GAY』史上初のリピートレビュー。
【だいきん★】
「なるか,免許皆伝!?」──に,ご期待ください。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【S(from Pink)】

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2014.09.11 Thu ■メンズアシュアージ

今よっつ──です。

時 期:2014年初夏
形 態:店舗(マンション)
営 業:個人
施術者:小林さん(ラストのみ全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:Cコース120分 ¥12,000

全身オイルマッサージ+フットマッサージ+リフレッシュ……12,000円
全身を経絡の流れに沿ってまったりとエロ~くマッサージを施し
体の氣 血 水の流れをしっかり整えていきます。
リフレッシュの方もマッサージ以上に満足していただける様
心をこめてご奉仕させていただきます。
リフレッシュのあとは気持ちいい~フットマッサージで余韻を冷ましてくださいね。
(原文ママ)

──とHPには載っている。
そしてさらに潔いことに,

★施術は全裸でいたします★(原文ママ)

──と明言もされている。

今回のレビューは,そんな潔く,かつ複数のブログでも紹介されている有名店『メンズアシュアージ』(リンク切れ)を。

「アシュアージ」というのはなんだろう?とググってみたら,まさに店のHPや「アシュアージ-東京ゲイ・マッサージ体験」なんていうのばかりがヒットしてくる。
ちなみに私のブログはロボット検索に引っかからないようにはしてある(つもりだったが,ごうさん情報から,タグを埋め忘れていたことに気づいた。後の祭りだが──ま,いっかw)。
「スペルは”ashage”かなあ?」とやってみたら「あさげ|商品ブランド|永谷園」とか出てくるし。
「味噌汁,一丁!」
じゃあ”assuage” か?で,ようやく正解と思しきがヒット。
1 <苦痛・怒り・不安などを>緩和する,やわらげる,なだめる
2 <食欲・欲望などを>静める


よし,分かった。
静めてもらおう,my 欲望。
欲棒?

所在地は学芸大学。
私のテリトリー外ではあるんだが,目的のためなら場所は選ばなくてよ!な私は,無意識のうちにGoogleマップを操っていた。

そしてHPのメールフォームから,私の希望日時を伝えると,予約承りました+待ち合わせ場所(施術者の小林さんが車で迎えにきてくれる)が記された返信が届く。
私が受けたマッサージ史上,予定のフィックスまで最短だ。
まあ,小林さんのHPには私が知りたいと思っていたことはすべて載っていたしな。
だから,あえて「マッサージは全裸でお願いします」とかを訊く必要はなかったし,依頼することもなかった。

当日,指定された待ち合わせ場所へ赴く。
「待ち合わせる」というのは,今まで一度もなかったので,ややドキドキ動悸・息切れ・めまい・鼻水・鼻づまり。
そして時間になって車で到着した小林さん
印象としては──ひと昔前の学園ドラマの脇役の先生──という感じ。
穏やかそうな方。
歩くと10分強という時間を車で送ってくれる(説明するには道順が複雑なんだそうだ。確かに)。

到着したマンションの一室が施術室になっている。
ベッドには「クリーニングから戻ってきたままです」というようなビニールがかけたままのラグ。
そこで「前金制なので」ということで支払い。
その後,シャワーを借りる。
腰タオルで出てきて,タオルを小林さんに渡すと,
「うつ伏せになってください」
と,ビニールがかけられたままのラグの上にうつ伏せになるように指示される。
えええ!?
冬ならまだしも,この日は結構気温も高めの初夏。
その時季に素肌にビニールというのは──とても気持ち悪い。

マッサージは脚から。
ふくらはぎ→太股→臀部──というように下半身から上半身にながれていく。
もともと整体とかをやっていたというだけあって,かなり上手。
これは気持ちいい。
頼んだのが120分のコースだったので,どの部位も,かなりみっちりとやられる。
ストレッチも加わる。
(私はうつ伏せだが)お互いに全裸で,脚を持ちあげられたりのストレッチって,端から見たら異様な風景だよなあ──と思っていた。

そして,下半身が終わり。
「仰向けになってください」
──で,仰向けになろうとしたら……。

全裸じゃないじゃん,小林さん

施術は全裸でいたしま──せん,だよ。
競パン用のサポーター(のような薄い白いパンツ)を穿いている。
あさげ用語では,この状態を“全裸”というのか?

上半身の施術に移るが,「なんだかなあ」という気分でサゲ。
私を罠にかけたわね!みたいな。
やがてなんだか足許でゴソゴソする気配がして,抜きにかかる。
ゴソゴソはサポーターを脱いでいた気配。
まあ,私の欲棒くんも正直なもので,刺激を受ければ勃つんだが,別にそれは小林さんでなくとも構わない話。

しばらく手で刺激をされていたんだが,中断されて間。
なんだかベッドの隣の机のところで,小林さんがゴソゴソしている。

ゴム──の準備をしていたようだ。
ムスコにコンドームがかぶせられ,そこからゴムフェラ。
夏は暑いから,出かける時は帽子を被りましょう──って?

こちらも,小林さんのムスコさんと握手をする。
仮性で──タマがデカくて,とてもブラブラしている。
息子さんの竿をしごくと,タマがブラブラ揺れて,私の手とかにペチペチあたる──みたいな。

通知表で「落ち着きがありません」と書かれてしまいそうな私のムスコは,やがて“絶頂”に。
その後,拭いてくれるんだが,ティッシュではなくペーパータオルのような肌ざわりのもので腹や乳首やムスコをゴシゴシやられるので,痛い。アウチ!

そしてまた──間。
なんだか小林さん,洗面所で手を洗ったりうがいをしたりしているような感じ。
サッと終わって,サッと戻ってくる──というのではなく,結構待たされる。
全裸で,ビニールの上で──待たされる。
これはもしかして「放置プレイ」というプレイで,料金のうち?というくらい。
なんなの,この間は? 舞台あらしか!?──みたいな。

そしてフットマッサージ。
これは気持ちいい。

シャワーを借りて,出てきたところ,お茶が出てくる。
駅まではふたたび車で送り。
──という感じで,この日のマッサージも終了。
ヤレヤレだぜ。

総 括
下馬評がなかなかよくて期待をしすぎてしまったせいもあるんだろうが……。
ビニールの上でのオイルマッサージは気持ち悪くて今ひとつ。
全裸で──と,HPにあった割に偽りありで今ひとつ。
客を全裸のまま放置し,自分の身だしなみを優先するというのも今ひとつ。
エロに関しても,ゴムフェラはあったものの,この金額でエロを謳っていながらこれ?で今ひとつ。
施術のレベルは高いものの,この程度なら街の整体で充分だし,リピートはないだろうなあ。
今ひとつが4で,今よっつという感じ。

予 告
さて次回予告。
【S(from Pink)】
「きみ皮イイネ!」に乞うご期待!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【メンズアシュアージ】(リンク切れ)

2014.09.01 Mon □ウィッシュ・リスト《2》

前回は比較的新しい店舗を中心に,私の体験してみたいところを載せてみた。
──ということで,今回は老舗系。

『癒院』
他の方々のレビューにも紹介されていたりするが,情報としてはやや古い。
身体のスペックは載っているものの,画像はなし。
なかなか上手というレビューなんだが,果たして真相は……?
ふたりおられるようだが,どっちの方がいいのか?
3Pはイヤよ。

『池袋整体室』
2015年までの休みの予定まで載っているので,営業してないということはないんだろうが,HPにしても画像にしても懐かしい雰囲気出まくり。
なかなか施術者の方は好みっぽいんだが……。
いくない,レトロな感じ?
カッチカッチ──って,それはメトロノームじゃ!

『癒し処』
施術者の方のちいさーーーい画像が載せてあるんだが,それは割と好み(かも)。
ただ,批評掲示板で,人によって対応が違う──っていうのが書かれていたような……。
ムラがあるというのは勘弁。
町ならいいのか!?──ってそういうことじゃない。

『マッサージルーム寿』
老舗──というよりは,施術者が熟年──と。
でも五郎さん(施術者)の画像はなかなかいい感じなんだよねえ。
どんな施術なんだろう?
載っている情報では,時間の半分は指圧・按摩で,残りは「一方的にこちらから色々してさしあげます」とのこと。
【後日談】
何度電話をしてもつながらず,書いてあったメールアドレスに「やっていないんでしょうか?」とメールをしたところ,忘れた頃に「土日はやっていますが,電話に出られないこともあります」と返信あり。
「このメールアドレスで予約はできますか?」と打ったんだがレスなし。
やる気がないようなら,こちらからも頼みはしないw。

行ったことあるよ!とか,知っているよ!という方がおられたら,ぜひ情報をお願いします。

予 告
次回は,
【メンズアシュアージ】
「いたしませんで今よっつ!」にご期待ください。