FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■Fresh Boy

  1. 2014.
  2. 11.
  3. 20
  4. (Thu)
  5. 05:19
コースをねらえ!

時 期:2014年夏
形 態:出張
営 業:個人
施術者:風斗さん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:100分 キングコース ¥10,000

少しメールの返信が遅いんだが大丈夫かなあ?──と感じたことを,私はマッサージを終えた風斗さんを送りだした後,思いだした。

某氏から得た情報で『Fresh Boy』なる個人営業のマッサージ屋があることを知り,「行きたい」チェックをかけていた。
2014年の夏である。

HPにあるメールフオームから予約等をおこなう仕組みになっている。
それは「例に漏れず」というところだな。
そして,私の方からも問合せ。
それも「例に漏れず」というところで,HPからは読み取れなかった「リフレッシュの有無」「全裸の可否」
例に漏れずの問合せだが,先方からの答えによってはナニかが漏れちゃう──みたいな(漏れるか!)。

さて,風斗さんからの回答は「リフレッシュはどのコースでもあり」「100分のキングコースであれば服装はリクエスト可」とのこと。
したがってもうコースは決まったようなもの。
揚羽,コースをねらえ!──みたいな。

しかし「キングコース」という命名もなかなかのものだな。

双方の都合をすりあわせて,予定を固める。
そして当日。
シャワーを浴びておいてください,とのことだったので,そのようにして着衣で待機。

ピンポンが鳴る。
ドアを開く。
風斗さん,現る。

おお! 系列としては“イケメン系”で,健太郎さん系かも(ネッカチーフはしていないが)。
この方の裸身が拝めるだなんて……。
よかった,コースをねらって。

施術前に支払いを済ませる。
そして目指すはテニスコートよ,ひろみ!って,うちにはテニスコートなどない。
目指すはベッドルームよ!

見るぞ,全裸!と鼻息を荒くしていたんだが,またしても私が先にうつぶせになってしまうはめに……。
風斗さん,タイミングをわざと外したっぽい。
そんなに私が邪魔?
あまり鼻息を荒くしたおかげで,鼻から昼に食べたラーメンがひと筋出てしまったことは内緒だよ,よい子のみんな(ウソだがな)。
うつ伏せになった私の視界外で,風斗さんの服を脱ぐ気配がする。
もうこの時の私の集中力たるや,岡ひろみなんかでは足元にも及ばないと思う。
耳で見るのよ!みたいな。

そして足裏から──って,これではムニュッもない!
──などという私の想いも虚しく,着々とマッサージは進んでいく。
足裏→ふくらはぎ→太股→腰→背中と,下から上に流れる。
マッサージというよりはリラクゼーション色の方が濃い。

他のマッサージ師の方々と違うのは,オイルを塗ってすりあわせた手を,これからマッサージをしようという部位にしばらく置くところ。
たとえば腰だと,腰に手を5秒ほど当てて,それから腰のマッサージをするという感じ。
まさに“手当て”で,意外にこれはかなり気持ちがいい。
落ちてしまいそうになるほど気持ちいい。
実際,落ちてしまっていたかも……。

だが,私が求めているのは,その気持ちよさだけではない!
いわゆる──快楽だ!

B面が終了してA面へ。
用意を頼まれていたタオルが私の股間を覆う。
とてもそのガードが堅く,いつもは暴れん棒なムスコもタオルにはばまれて箱入りムスコ状態。
そうして腕の施術。
ある意味,ここは期待のポイント。
マッサージのために伸ばされた腕の先の手が股間(もしゃもしゃとか竿とか亀とか)に触れるかどうかの瀬戸際。
だがそれも空振り。

下腹の施術が終わり,いよいよ胸。
ここでも例のオイルを塗った掌を,しばらく胸のうえで止めるやり方は変わらないんだが,これはマジ気持ちがいい。
体温の関係なんだろうか。
その掌の動きが,徐々に怪しくなってきて──いよいよファイナル・セット!

風斗さん,私のグリップを握る。
私も風斗さんのグリップを握り,ボールを掴む!
おや,風斗さんのグリップの先にヌメリが……。
それを私は指先でくるくる伸ばしてあげると──グリップが太くなってきた!
イケるかも!?と思ったのも束の間,私は風斗さんにマッチポイントを取られて,そして……。
私はゲームセット。
ウインブルドンは逃したが,東京湾花火大会は私のものよ,ドカーン!みたいな。
──っつーか,文章だと打ち上げまで,たった6行でイッてしまったような感じがするんだが,私はそんなに早くはない(念のため)。

その後,私のコート整備(?)をしてくれて,風斗さんはテニスコートを後にしたのだった。



総 括
メールの返信の遅さにやきもきしたりもしたんだが,それほど悪くもなかったと思う。
特にあの“手当て”はとても気持ちよかったので,普通のエッチの時にも使ってみてもいいかもなあ。
だが普通のエッチなんてする機会は,あたくしにはなくてよ,ひろみ
くそー!

予 告
さて,次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,「スタープラチナ,玉砕!」
【メンズプライベートサロン dainaril】──をお届けします。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【Fresh Boy】(リンク切れ)

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

■寛人出張マッサージ

  1. 2014.
  2. 11.
  3. 11
  4. (Tue)
  5. 05:09
ちんちんですかねー

時 期:2014年夏
形 態:出張
営 業:個人
施術者:寛人さん(全裸)
予 約:メール
コース:90分 ¥8,500+交通費 ¥500

もちろん最初に尋くよね。
「全裸は大丈夫ですか?」
初めから必殺技決めちゃう?っていう気がしないでもないんだが。
まあ,だいたい2分30秒くらい経たないとダメだね,必殺技──って,私はウルトラマンか!?
マンじゃないがな。
チンだがな。

お願いした。
全裸,大丈夫っつーから。

以前『ウィッシュ・リスト《1》』にも載せたように,HPの画像がムチムチしていて,とても美味そうな寛人さん
『ウィッシュ・リスト《1》』に載せた後,●●さん亮さんからは情報までいただいた。
これはもう──行かねばなるまい。
あ,いや,出張なので──呼ばねばなるまい。

HPにはこう載っている。

全てのコースに抜きサービスがございます。
乳首攻めと手扱きなどです。
ボディータッチも大丈夫です。
(原文ママ)

「手扱きなど」……?
なんて読むんだ──って,違ーうっっ!
「手扱き」「てこき」と読む。
そこじゃない。
そこじゃないんだよ,問題は。
手扱き「など」
「など」とはなんだ?
♪南に向いてる「など」を開けー──って,それは「窓」

HPにはメールアドレスが載っている。
「全裸は大丈夫ですか?」という問合せもそこからだ。
そのメアドでやり取りをするんだが,レスが結構早い。
日程を固めたり,準備品やシャワーのことを尋ねたり,答えたり。
それほど待たされることなく返信が届く。
「あんた暇なの?」とも思うが,待たされるのが嫌いな身としては,こういうのは好き。
打てば響く──みたいな。
扱けば出る──みたいな。

そして当日。
ほぼ時間どおりにドアベルが鳴り,ドアを開けるとそこには寛人さん

「坊主に近い短髪」っつーか,坊主だから,あんたそれ。
──で,そんな坊主頭の寛人さんを招じいれる。
画像等から想像していたより全体的に小振り。
厚みは増しているっぽいが。
支払いを施術前か後かを問うたところ,どちらでも可ということだったので,先に支払いを済ませてしまう。
チャッチャッと払うもの払って,ヤルことヤラないとな。

そして脱ぐ。
(あ,寛人さん,ボクブリだー)←心の声
ポロリ。
(あ,かわいー!)←アソコの声
でもなんか,もしゃもしゃに隠れて,少し見えづらいかなー。
もしかしてかくれんぼでもしているのかなー。
そんな感じ。
それはそれで好き。
──で,ガチムチですか?っつーと……。
うーん……,ガチムチムチムチくらいかなあ。
亮さんが以前コメントをくれたように,確かにあの画像とは違うかも。
だが確かに──饒舌。

まず,うつ伏せから。
「どこか気になるところはありますか?」
えっっ!? それ尋いちゃう? マジで!?
お答えしよう。

「寛人さんのちんちんですかねー」

──って,言うかーっっ!
「背中がよく張るので……」
「分かりました」


かなり強押し。
私の背中の上で白菜の漬け物が漬かるだろうってーくらい強押し。
私の背中が凝っていたからなのか。
背中は気持ちいいんだが,頸が疲れた。

そして仰向け。
ここまでの流れでは,寛人さん,あまりエロい要素がない。
説明しよう。

「エロい要素」とは……
・私の背中や尻にスタンドアップなご子息をお預けになる。
あるいはまた……
・腕のマッサージをする時に,ご子息をかわいがることができる位置に,私の掌を持ってくる。
それともなければ……
・爪の先等で,被術者の敏感な部分をこそっと触る。
そういうのが,あまりない。

さて,皆さま。
台風よりもゲリラ豪雨の方がニュースになるのは,なぜだかお分かりになるだろうか?
それは台風の場合は,前触れがあるからなんだな。
あらかじめ「今晩上陸するでー! えらいこっちゃでー!」とか分かる。
ところが,ゲリラ豪雨は突然やってくるので読めない。
よってニュースソースになりやすい。

A面に移り,腕とかのマッサージを終えたあたりから,なんだか空気が濃くなって,寛人さん,いきなりパクッ!て。
来たーっ,ゲリラ豪雨!みたいな。
あーびっくり!

いきなりですか,寛人さん
「など」の正体見たり「パクッ!」か!?
そんなゲリラ豪雨攻撃で,私のムスコもずぶ濡れ。
やられたらやりかえす主義の私なので,きちんとお礼参りはしたんだがな。

豪雨降りしきる中,私の避雷針にも雷がドカーン!みたいになって,寛人さん『ドリフ大爆笑』みたいに頭チリチリ──になるほど毛はない坊主頭。

営みの後,
「シャワーを浴びますか?」
と尋ねると,
「洗面所だけでいいです」
とのこと。
そして,片づけ中に少し話をして,寛人さん,辞去。

総 括
エロは結構濃密。
ただ,徐々に盛りあがるというよりは,一気に「目指せ,頂上!」みたいな流れなので,性急な人にはOKかもしれん。
施術も強押しだったりするので,そういうのが寛人さんスタイルなのかな。

予 告
さて次回のレビューはこちら。
【Fresh Boy】
「コースをねらえ!」に,ご期待ください。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【寛人出張マッサージ】

■天佑の訪問マッサージ

  1. 2014.
  2. 11.
  3. 01
  4. (Sat)
  5. 06:28
大魔チン

時 期:2014年春
形 態:出張
営 業:個人
施術者:天佑さん(全裸)
予 約:アプリ(ピンク)
コース:A-3コース ¥12,000+交通費 ¥1,000

A-3というのはたっぷり3時間のコース。
マッサージの内容というのは基本的には同じそうなんだが,時間が長ければじっくりマッサージが受けられる。
アナルマッサージが希望なら3時間コース──なんだそうだ。

ピンクアプリをフラフラしていたら,少し渋めのおじさまがハウリングをしているのに気づいた。
そしてプロフのところに書いてあったリンク先にはマッサージのことが。
「各コースとも希望により睾丸マッサージ,アナルマッサージもいたします」と。
かつて“紅顔の美少年”と言われた私に“睾丸”マッサージとな!
嬉し恥ずかし初睾丸マッサージなるか!──ということで,アプリから問合せメッセージ。
ちなみに予約関係は「SNSからどうぞ」とのことだ。

何度かのやりとりで詳細を確認。
だが私の頭にあったのは,このステキなおじさまと組んずほぐれつできたら,そりゃあもう最高でしょう──ということだけ。
アプリ上のスペックは168×82×59。
結構バルクマッチョな身体画像も載っている。
越中画像とか。
もうこの画像を観た時に,心は決まった。
「私の春休みの自由研究は,天佑さんの越中の中身観察!」みたいな。

当日。
全裸,オッケー!
同伴シャワー,オッケー!
リフレッシュ,オッケー!
それで待つ。
3時間,天佑さんは果たしてナニをしてくださるんだろう?と妄想を抱きつつ,待つ。

開始時間,少し前にピンポンが鳴る。
念のためインターフォンで確認し,解錠し,天佑さんを招じいれる。
うわー,画像と同じだー。
もうなんか,目からX線出ているだろう?くらいの視線で天佑さんの服を透かそうとしてしまったよ。
身体も画像と同じかなあ?みたいな。

ときどき,あれだよね,透視能力あるといいかな,とか思う。
だけど,あったらあったで,見たくないものまで見なくちゃいけなかったり,あたりまえのように見えてしまっちゃったりすると,その後のありがたみも薄れるかもしれないな。
ありがたいっつっても,拝んだりはしないけどね。
拝んでみようか?
「おおっ! 魔神様の皮が変わったぞ!」
皮だけに変わった──って,皮やなくて顔やっちゅうねん!
もう特撮映画でも撮ってみようかね。
『大魔チン』

そんなことを考えながら(考えてはいません)天佑さんを部屋に通す。
荷物を置き,天佑さん,脱衣開始。
シャツとスラックスを脱ぐと,こちらもまた画像どおりのバルクマッチョに越中フンドシ。
越中フンドシとは,これまた珍しい。
『いなかっぺ大将』ぶり?

そして──生まれたままの姿のキミを見せてくれ。
脱ぐ!
──で,まあ確かに,パイパン?というほど,アンダーの手入れはされていて,生まれたままに近かった,天佑さん
脱げ!とか,見せろ!とか書いている割に奥ゆかしい私なので,こういうシチュエーションでマジマジ魔神様(語呂よし)を観察するということはないんだな,実は。
どうするんだよ,自由研究の観察日記は?

場面は展開してバスルーム。
ぶらぶらのままの私は,ぶらぶらさせたままの天佑さんに洗体してもらう。
股間背面から前面への洗浄は大変効果的。
つまり,あれだよ,ケツの間の太股んとっから腕ツッコんでチンコ洗うってヤツな。
あれは,ヤベー!
勃つ。
──で,その後は洗いっこという訳ではなく,私が先に出て,天佑さんは自分の身体を洗う。

そうして,ベッドルームにふたり揃ったところでマッサージ開始。
お約束どおりB面からではあるんだが,末端からということで,足のマッサージからスタートする。
足→脚→尻→腰→背中という流れ。
腰とかの施術になると馬乗りになられる訳で,そうすると天佑さんのがムニュッて。
いいよね,ムニュッ。

天佑さん,私の脇腹あたりをサワサワする。
「気持ちいい?」とか。
うつ伏せのまま腕の施術に入ると,掌あたりにムニュッ(静かな魔神様)が。
私ばかりモミモミしていただくのも心苦しいので,私もおかえしにモミモミしてみたり。

さて,天佑さんさんは口の周りにヒゲをたくわえておられる。
ごま塩なそれが,とてもセクシー。

私のお願いしたコースは3時間。
時間,余るんじゃないか?と思っていたんだが,意外に短く感じた。
マッサージはかなりみっちりやられるのだ。
まあ,だが,みっちりなのは,マッサージだけではない。
エロも。

うつ伏せの私の上に天佑さん,密着。
彼の両掌が私の手の甲に被さってきて,そして絡まりあうふたりの指。
彼の唇が私の耳許で囁く。
「耳のマッサージしますね」
え? 耳?──と思っていると,耳に息を吹きかけたり,ヒゲでサワサワしたり,果てはナメナメ──きゃー! 耳はやめてー! 耳はナメナメ──なめたらあかんぜよ!
その後,息も絶え絶えな私にまたまた囁く。
「睾丸マッサージしますね」
──って,タマやその周りをヒゲでサワサワしたり,果てはナメナメ──きゃー! タマはやめてー! タマはナメナメ──なめたらあかんぜよ!

そしていよいよ,おなじみの(セルフ洗浄済み)アナルマッサージへ。
仰向けになり,ふくらはぎは天佑さんの両肩に。
分娩室,ここ?みたいな。
ジェルが塗られ,ゆっくりと(おそらく)天佑さんの指が……。
「ゆっくり口で息をして」
「はいっ! こうですか!? ひっひっふー!」
やっぱり分娩室,ここ?みたいな──って,やらなかったけどね。

天佑さんの指がいろいろなところを攻め,尋いてくる。
「ここ?」
もう,私の魔神様まで青スジ立ってきたかも。
私も手を伸ばし,天佑さんの魔神様を掴む,揉む,しごく!
──と,天佑さん,囁く。
「タマタマも一緒に」
天佑さんの短めだが太い魔神様と,かなりズッシリと重量のあるタマを掴む,揉む,しごく!

ふたりの魔神様の戦いも,永遠には続かない。
私の魔神様は笑点。
──じゃなくて,昇天!
おおっ! 魔神様が天へお還りになられたぞ!みたいな。

フキフキしてもらって,「少し休んでいてください」の間に,天佑さんは後片づけ。
そこから,肩とか残りの部分のマッサージ。
終わってから,また一緒にシャワーを浴び,支払い。
そして少し話をしてから,天佑さん,辞去。

総 括
3時間という枠,あっという間に時間が過ぎた。
マッサージはみっちりしてくれるし,エロもたっぷりだったし,大満足。
HPがあることはあるんだが,一般的に公開せず,SNSやアプリにしかアドレスを載せていないんだそうだ。
その意思を尊重し,ここではリンクを張らないことにするので,ご了承いただきたい。

予 告
次回予告。
【寛人出張マッサージ】
「気になるところは……!?」に,ご期待ください。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【天佑の訪問マッサージ】

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム