FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■コンディショニングルーム walea

  1. 2014.
  2. 12.
  3. 21
  4. (Sun)
  5. 06:04
穴の女王

時 期:2014年夏
形 態:店舗
営 業:複数スタッフ
施術者:鈴木さん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:ロミロミ90分+フェイシャル60分 ¥11,200(Δ30%)

鈴木さん”というように苗字も含めてHPに登場される方も珍しい。
──というような,『30代リーマンの裏ゲイ生活』健人さんオススメの『コンディショニングルーム walea』に行ってみた。
とてもオシャレなHPのメールフォームから,希望日やコース,担当スタッフについての予約をおこなう。
いつが空いているのかはHPにあるカレンダーに載っているのでとても親切で分かりやすい。
健人さんのブログから,情報は得られたんだが,ダメ元で「全裸は可能ですか?」と問い合わせると,問題ないとのこと。

そうそう。
「いつ頃予約を入れるんですか?」という問合せがあったんだが,私は比較的早めに予約を入れていることが多い。
まあ,急にムラムラすることもあるんだが,比較的いつもムラムラなので,割と先まで予約を入れていても問題はない訳だ。
まあだいたい一週間前くらいかなあ。
ケースバイケースっつーのもあるがな。

なんだかんだで当日。
こちらも最寄り駅は学芸大学。
メールフォームの後はメールでのやり取りになるんだが,そのメールに住所が載せてある(HPにも住所は記載されているが)。
「お時間に直接お部屋まで」とのこと。
スマートフォンのナビがあるから本当に便利。

時間少し前にドアベルを鳴らすと,鈴木さんがドアを開けてくれる(まあ,当たり前なんだが)。
鈴木さんの外見は,日焼けで黒く,んー,HPのとおり。
ここまでHPとズレがないというのも珍しいかも──という驚き。

だが,それ以上に驚いたのが内装。
石畳──だと?
通常はフローリングだったり,タイルカーペットだったりするんだが,ここはタイル石(いい表現が見つからん)が敷き詰めてある。
施術室までずっと。
そして施術室にはアロマキャンドルが焚きしめられ,内装も流木を使ったりしている,落ち着いたウッディな感じの部屋。
デコレートは『SHAMBALA』岩田さんなる方の手によるものらしい。
あれはすごい。

最初に服を脱いで,バスローブを着る。
このローブが結構厚手で,夏は暑い。
それからシャワー。
ここまでは当然セルフ。
シャワーから戻ってきたところで,フットバス──っつーか,たらいに張ってあるお湯に足を浸ける。
足を拭いてもらっている間,なんだか女王様気分。
夏だけど“雪の女王”?──みたいな。
アナと雪の女王?
略して“穴の女王”
略しすぎ?

スチームを当てられながらフェイシャル。
エロの要素はまったくなかったので,このくだりは割愛。
鈴木さんも脱いでいないし。

そうしていよいよロミロミ開始。
やったー!
全裸の鈴木さんよー!
“穴の女王”,大喜び!──っつっても,賢明な読者諸君は,この後のことはお分かりかもしれない。

ここの施術台は,顔の部分に穴が空いているタイプのもの。
そこに,うつ伏せになった私が先に顔をはめ込む訳だ。
──となると,別に鈴木さんが全裸であろうが,鎧を着ていようが,分からない──と……。
くっそー!と,施術台の穴に顔をハメた“穴の女王”は悔しがるのであった。

オイルを塗られてロミロミ開始──なんだが,これってオイルマッサージと一緒?というような感じ。
以前,『癒しの家 マラマ』の時「ほお,これがロミロミか」という感じでリンパの流れを感じたりもしたんだが,鈴木さんのはそれほどでも。
気持ちよくない訳ではないんだが,あまりオイルマッサージとの違いが分からなかったなあ。
施術の方は,お約束どおりB面スタートで,その後A面。
取りたてて特徴的なところはなし。

──で,A面にひっくり返る(?)段階で,ようやくヌードの鈴木さんを拝める。
「南ー無ー」みたいな。
いや違う,そうじゃない。
拝む──というのは,そういうことではない。

顔だけが日焼けで黒いのかと思いきや,全体的に黒かった。
タンニングマシーンで全裸なのか,鈴木さん
それとももしかして地黒?
──なあんて思っているうちに,目隠し。
ここらへんの流れは,健人さんのブログと同じだなあ──なんて思いながら,施術を受ける。
だが私の方は,エロモードに入ったとたんに,とっとと目隠しタオルを外す。
“穴の女王”“下の王子”を,鈴木さん“上の穴”がパクッと!
“穴の女王”も本領発揮でパクッと!

だが,“穴の女王”の忍耐力もいつまでも続かない。
“穴の女王”は,発射!みたいな。
そして「女王様がお隠れになられたぞ!」みたいな。
お隠れではないんだがな。
なんだかぐったりはされていたがな。
その後,“穴の女王”はシャワーを浴び,身支度を調えて辞去しましたとさ。
めでたしめでたし。

総 括
前述のとおり,まず驚かされるのが内装で,そのインパクトが強すぎたせいか,マッサージに関しての記憶がおぼろげになってしまったかも。
鈴木さんはなんとなくゴツそうな印象を持っていたんだが,とても物腰の柔らかい穏やかな方だった。
黒かったがな。
学芸大学というロケーションは,私にとってはやや不便なんだ。
そうそう。ポイントカードもある。

予 告
さて,次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,
『理の出張ボディケア&オイルトリートメント』(現『R-nap』)。
「性器の対決!」にご期待ください。


あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【コンディショニングルーム walea】
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

■癒し庵

  1. 2014.
  2. 12.
  3. 11
  4. (Thu)
  5. 05:21
和田アソ子

時 期:2014年夏
形 態:店舗
営 業:複数スタッフ
施術者:ミンさん(ハーフパンツ→競パン→タオル→全裸)
予 約:メール
コース:ローション密着&オイルコース 90分 ¥13,000−¥2,000

予約をするのに電話しかないのかなあ──と思っていたんだが,メールアドレスが記載されていることに気がついて,矢も盾もたまらずメールを打ってしまっていた。
矢も盾もたまらず,アソコが勃ってたまらず!みたいな。
そんな(どんな?)韓国系の店。

希望日のミンさんの空き状況を尋ねると「空いています」とのこと。
ではお願いします──とふたつ返事。
あのマッチョのガタイを拝めるなら,ふたつでもみっつでも返事するっつーの。
希望のコースは「ローション密着&オイルコース90分」
コース内容は「泡泡/指圧/密着/シャワー」で,その期間はキャンペーンを打っていたので,90分コースだと2,000円引きの11,000円。

予約当日。
HPにある指定場所に行き,電話をかける。
マンションの一室を電話で指示されるので,そこに向かい,エレベータを降りると,ドアベルを鳴らす前にドアが開けられた。
自動ドアか!?ってなタイミングで。
登場したのはマネージャーさん。
部屋へ案内され,そこでまず支払い。
払うもの払ってからやることやってね──みたいな。
こちらも気が楽。
払うもの払うから出すもの出してね──みたいな。

部屋にバスケットがあるので,そこに服を入れる,もしくはハンガーにかける。
施術台の上に置かれていたタオルを腰に巻き,しばらく部屋で待機。
ミンさんが迎えにくるという。
少し待ってノックの音。
ミンさん,現る。

んー,想像していたのとは少し違ったかも……。
上半身裸にハーフパンツのミンさんは,少し頬のこけた──戦争映画の“軍曹”という感じ?
確かに「顔つきはたくましい」
それに筋肉もすごい。ゴツい。
そんなミンさんに誘われ,バスルームに。
先にバスルームに入ると,すりガラス越しに,脱衣所のミンさんが,なんだかゴソゴソしている雰囲気がうかがえる。
「もしかして,あたくしのために全裸に!?」とワクワク。
ドアが開く!
ミンさん,すっぽんぽーーーーん!──じゃないじゃん。
黒の競パン……。
いや競パンがいけない訳ではないんだが……。
いや,やっぱりいけない。

まあそれはそれとして洗体開始。
最初に背中とか脚とかを洗われる。
そして,ミンさん,おもむろにバスルームの片隅に寄せてあった椅子を,洗い場の真ん中に。
こ,これは噂に聞く──スケベ椅子!?
初めてスケベ椅子なるものに腰をかけた。
その椅子の上ではアソコとかアソコを洗ってもらった。
和田アソ子!←言ってみたかっただけ。

洗われている途中で,ミンさん,身体を押しつけてくる。
調子に乗った私は,競パンに手を差し入れ──パイパン!?
マッサージ人生でパイパンの方にお会いするのは初めてだ。
はじめまして! どうぞよろしくお願いします。
私はいつも礼儀正しい。

泡を流したあと,あとは自分で流してね的にシャワーヘッドを指さされる。
私が身体を流している間に,ミンさんは脱衣所で身体を拭いている様子。
私がバスルームから出ると,タオルを手渡される。
ひざまずいての足ふきはなかったな(韓国系ではたまにあるんだが,これ,あまり得意ではない)。
ミンさんが脱衣所から出ていき,私も身体を拭いて表に出ると,フェイスタオルが腰ミノ状態のミンさん
どうやらノーパンっぽいんだが,よく分からない。
セクシーなチャイナドレスの隙間を必死で確認しようとするエロおやじっぽいじゃないか,私!
ぽい,っつーか,エロおやじなんだが。

部屋に戻り,施術台の上でうつ伏せになるように言われる。
マッサージオイルを軽めに塗り,背中→腰→肩→脚。
普通は脚からのところが多いと思うんだが,ミンさんは違うっぽい。
そして指圧というよりはスポーツマッサージという感じ。
しかも,ひとつの場所にかける時間がやけに長いように感じた。
こんなペースで私の最終目標は達成できるんでしょうか,軍曹!?みたいな。
私は私で,そんなことを考えたり,ミンさんは腰ミノは外したかな?とか予想したり。

背面全体が終わって,オイルをフェイスタオルに転写する(イメージで分かってほしい。余分なオイルを,フェイスタオルを身体に押しつけて取る──という感じ)。
そして前面,ここで太股とか足とか。
足は終わってから蒸しタオル──っつか「チン!」という音が聞こえたので,蒸しタオルではなく,レンジタオルなんだが──で拭われる。
レンジのチンじゃなくて,ミンさんのチンがいいんだが。

──というように,レンジでチンする時間とか,「ちょっと待ってください」タイムがやや長い。
足を拭われると,ようやく私の身体にかけられていたタオルが剥がされる。
きゃー,エッチーーー!──っつか,待っていました,密着!
ねえこれから密着なんだよね?──と思っていたんだが,私の和田アソ子にジェルが塗られる。
和田アソ子ではなくとも「はっ!」である。
ないじゃん,密着。
ジェルでごにょごにょされ,乳首も刺激され,そうしたらいきなりミンさんが,アソ子をパクッ!と。
鼻息荒くなった,私。
身体を起こし,ミンさんの腰ミノを外すと,毛のないミンさん和田アソ子がずろーん──と。
なかなかの垂れ下がり具合。
だが,私が手で刺激しても,あまり元気にならない。
それはあれだね(どれだよ)。
おそらくミンさんは,ノンケ。
──ということにしておこう。
決して私に魅力がなかったとかそういうことではなかったと,私は固く信じているのだ!

そして「軍曹! 私の銃が発射しそうです!」みたいな。
私は「どきゅーん!」と。
その「どきゅーん!」をティッシュで拭われ,また待たされる。
シャワールームの準備ができた頃,ミンさん登場。
今度はミンさん和田アソ子全開!
リーブ21は使っていないパイパン。

またまた身体を洗ってもらい,シャワーヘッドを渡される。
そして部屋へ戻ると,ミンさん「麦茶?」と。
「はい」
もう北島マヤよりもセリフ少ないよ,私。
ここに来てからミンさんには「はい」「ありがとう」しか言っていないし。
──で麦茶をいただき辞去。
玄関口で深く頭を垂れるミンさんに見送られ……。

総 括
『Rent Guy』時代にはあったヌルヌルローションの密着を期待していたんだが,残念ながらそれはなかった。
ミンさんの筋肉美というのは素晴らしかったんだが,密着できなかったというのはなあ。
再訪するかどうかは悩みどころ。
ただ,スタッフには日本人も最近は増えてきているので,日本人の和田アソ子を見るのもいいかもしれんな。

予 告
次回のレビューはこちら。
【コンディショニングルーム walea】
「穴の女王」に,ご期待ください。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【癒し庵】

■メンズプライベートサロン dainaril

  1. 2014.
  2. 12.
  3. 01
  4. (Mon)
  5. 05:11
海老反る私

時 期:2014年夏
形 態:出張
営 業:個人
施術者:daiさん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:オイルトリートメントコース90分コース ¥13,000

『ウィッシュ・リスト《1》』に載せたところ,ふぢたさんから情報をいただき,かつ出張も始められたようだったので依頼してみた。

「全裸は問題ないですか?」
「ご希望であれば全裸で施術します」

ご希望する!
ご希望しますとも!
ご希望しない人がいるとでも!?

時代はエコ。
読んでいただいている今は,もう気温も低いが,当時は夏。
地球環境に優しい私は,超スーパーウルトラクールビズを推す!
半袖? ノーネクタイ?
そんなものはヌルい!
暑ければ──全部脱げ!
これが私の超スーパーウルトラクールビズ!
地球には優しいが,男にはやらしい私。

さて,この店,施術者の方がプロレス技をかけているような画像が何枚かアップされている。
ふたりの全裸男がこの格好をしているというのは──冷静に考えるとすごい。
冷静に考えなくてもすごいが。
私の硬い身体が,この体位(?)に耐えられるだろうか?
──なんていう不安も,エロの前には霧散するのだよ,諸君。

やりとりを何度かdaiさんと交わした後,予定を固める。
オイルマッサージの90分を。
なぜなら,ストレッチ&指圧には,リフレッシュが──ない!らしいので。

そして,はっきり分かる顔画像はHPには載せられていないんだが,希望をすればメールで送ってくれることも可とのこと。
当日,鬼が出るか蛇が出るか,ヨダレが出るか汁が出るか?というお楽しみもあるんだが,請求してみた──ら,画像添付で返信されてきた。
ほお,なかなか──マジメそう。
だが,あくまでも画像で,実物はまた印象も違うんだろうがな。

さて当日,ほぼ定刻に向けて「今向かっています」的メールが届く。
そしてピンポン。
ドアを開け,ご対面!
やはり画像とはやや違い,少し──やさぐれた感じのdaiさん
眉が細くなり,腕にある虫刺されのような痕が気になる。

まずdaiさんに部屋に通っていただく。
そこから,なにが始まるかというと,オイルの調合である。
何種類かあるアロマオイルを組み合わせ,ベースオイルに溶かす。
オリジナルオイルのできあがり。

次がシャワーである。
え? シャワー?
シャワーなんだよ。
メールでのやり取り時に「シャワーは一緒しますか?」daiさんの方から問合せがある。

部屋でそれぞれ全裸になる。
もう私は「見ろのヴィーナス」みたいな。
daiさんのを「見たのヴィーナス」みたいな。
おや,daiさん,少しお隠れになっておられるようで……。
──で,シャワー。
これは“洗う”というよりは“流す”という感じ。

そして部屋に戻りプロレス開始。
ええもうなんだか。
最初に私がうつ伏せになるんだが,頸に手を当てての海老反りから始まる。
すごいね,これはもう。
ストレッチではあるんだが,daiさんも「痛かったら言ってくださいね」と。
こういう状況を想定していたら,ベッドにロープでも張っておくんだった。
ギブギブギブギブ!みたいな。
そして脚を伸ばされたり。
自分はうつ伏せ状態なので,どういう形でdaiさんが絡んできているのかは脳内スクリーンでしか見られない(つまり“想像”ということ)。
──が,あまり見たいとも思わなかったり……。

その後,普通に背中や腰のマッサージ。
先ほど調合してもらったアロマが気持ちいい。
さすがに自分が好みの香りを伝えていただけある。
マッサージ自体もツボを捉えている感じで気持ちいい。
最初にストレッチをやっているからなのかなあ。
かなり凝りがほぐれている。

背面が終わり,前面。
高鳴る鼓動。
震えるぞハート! 燃え尽きるほどヒート!
もうなんか股間のあたりに出るよね,スタンド。
脚とか腕とかどうでもいいから早くう!みたいな。
まあdaiさんにとっては,料金を取っているだけにどうでもよくはないんだろうが。
果たして前面も,あまりエロ要素というのは感じられん。
割と淡々と。

やがて施術が胸に。
もうここらへんもお約束。
胸にある私のふたつのスイッチを,daiさんが入れる(なかなかエロ小説っぽい表現じゃね?)。
そこでまた,私が海老反る訳だ。
だが今度はやられっぱなしではない,私も!
出したぞ,スタープラチナ!
そして,むんずとdaiさんのスタンドを握る!

だがそんなスタンドのバトルもいつまでも続かない。
私のスタープラチナは「どかーん!」と──玉砕。

その後,ふたたびシャワー同伴。
それぞれが身支度を調え,支払いの後,daiさん退居。
どうもありがとうございました。

総 括
daiさんは,元々他でマッサージをやっていたのか,マッサージ自体も上手だったと思う。
プロレス技の応用のようなストレッチにはビックリ。
あれでかなり身体はほぐれたような気はする。
ところで「dainaril」ってなんのこと?

予 告
次回予告です。
【癒し庵】
「和田アソ子」をお届けします。ご期待ください。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【メンズプライベートサロン dainaril】(閉業)

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム