FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■Paradise

  1. 2015.
  2. 01.
  3. 21
  4. (Wed)
  5. 00:00
悦子の部屋

時 期:2014年春
形 態:店舗(マンション)
営 業:個人
施術者:ゆうじさん(全裸)
予 約:メール
コース:90分コース ¥8,000+射精(施術者)¥2,000

[ご案内の流れ]
到着→お会計→シャワー(同伴)→施術+リフレッシュ(α)→シャワー(同伴)→片付け→終了
施術者とお客様両方ともに全裸でのトリートメントになります。
ボディタッチなどは大丈夫ですが、口を使ってのプレイなどはサービスに含まれておりません。


ここまで明朗会計なのも珍しい。
そして,ゆうじさん,ご本人がプロフィールに記するところでは「見た目:さわやか系」なんだそうだ。
明朗会計とさわやか系の真偽のほどを確認するために,私は捨て身の覚悟で天国(Paradise)に攻め込むことにした(かっこいー!)。

一発目は──あ,いや,表現がエッチくさい?──最初はメールフォームからで,二通目以降はメールでのやりとりとなる。
──とはいうものの,もうあそこまでオープンだと,空き状況以外でやり取りする必要はないんだがな。
それぞれの予定を確認して,フィックス。
当日,若干予定より早めに到着する可能性もあったので,早めでも問題ないかを問うたところ快諾。
なんていいヤツ,ゆうじさん

当日,最寄りの駅から,場所を教わるためにメールを打つ。
それに対するレス。
それまでもメールのやり取りでは気づかなかったんだが,なんだか言葉遣いがたどたどしい。
そのメールにしたがって建物を探すんだが,メールには距離や時間の目安が載っていないので,正しいのかどうか不安になる。
──が,まあ,これからしばらくは,ゆうじ,キミの身体はボク独りのものだから,少しくらい遅れても構わないよね──なんていうことを考えて妄想しているうちに,目的の建物に到着。
下階からメールを打ち,部屋番号を教わる。

部屋の前について卓球!──って,違うっ!
ピンポン!

ドアが開き,中にはゆうじさん
なるほど,爽やか系だ──っつーか,なんだか衣装がお色気たっぷりなんだが。
『2300年宇宙の旅』のような,ひと昔前のSF映画で女優さんが着ていたような超ミニのローブ(ただし色は茶色)。
生足だし。
なんだかとても自分がエロおやじになったような気がした──っつーと,エロおやじじゃないように聞こえるか。
ええと。
ミニスカートから覗く生足に欲情する中年エロおやじの気持ちがよく分かる──って,自分で書いていて哀しすぎるが。
「おやじぃ! オレは今やっとあんたの気持ちが分かったぜ!」みたいな。
とても感動的なシーンのはずなんだが……。

部屋へ通される。
照明の落とされた,ミュートされた画像のみ映っているTVモニターのある部屋。
そこで料金を支払う。
その部屋に置いてあるバスケットに,荷物と服を──という会話を交わしたところで,ゆうじさんが異国人であることは分かった(後で尋いてみたところ,中国の方らしい)。
飲み物を持ってきてくれる。

──っていうか,そんなにあたくしを見ないで!
タオルもなにもない状態で全裸になる私。
その私を見るゆうじさん
おケツむきだしで,超ミニローブのゆうじさんの先導でバスルームへと誘われる。
なんだか『猿の惑星』チャールトン・ヘストンっぽい。

バスルームはさすがに明るい。
なんとなく,ゆうじさんの視線を我が股間に感じる。
今,市原悦子入ったよね,あんた?っていうくらい見られたかも。
そしてゆうじさんもローブを脱いだら──モロチン。
えっ,ノーパンだったの!?と,私も負けずに市原悦子
悦子 vs.悦子
悦子の部屋!

そして,洗体。
これはどこで受けても照れる。
目線のやり場とか困るだろう。
毛のあたりでモシャモシャ泡立てられて,我がムスコが反応してしまうところとか。
あたし,これ以上,見てられない!ってな気分。
先に私の方が身体を拭いて部屋に戻る。
ほどなく戻るゆうじさん
中肉という肉のつき方も好きだなあ。

施術はお約束どおりB面から。
ベッドの上にうつ伏せになり,オイルで背中を。
比較的ゆったりとしている割に,力強く,かつ気持ちいい。
思わず寝てしまいそう。
ほとんどエロ要素もなしで,たまにゆうじさんの先っちょが触れている感があるくらい。
よってマッサージを受けることに集中できたかも。

背中,肩,腰,脚が終わってA面に。
ここで目にタオルがかけられる。
腕の施術になってようやく指先にナニが触れる。
あまり元気ないっぽい,ゆうじさん
指先で少しつまんでみて,ようやく少し反応ありというところだな。
「元気出せよ,なっ!」みたいな。

やがて胸の施術に移るんだが,そこらへんからゆうじさんの手の動きが怪しくなってきて……。
乳首ぃぃぃぃぃ!←『ジョジョ』っぽい。
もう我慢できずに目の上のタオルを外し組んずほぐれつスタート!
フニャっていたゆうじさんのムスコさんも元気になってくる。

もう悦子なんかどうでもいいね。
家政婦なんかのぞき見しかできないだろうが,私は堂々と見てやる!みたいな。
見るだけじゃないよ!みたいな。
そして私も三段跳び。
ホップ! ステップ! ジャーンプ!みたいな。
ピュッ! ピュッ! ピューッ!っつって。
あー,さっぱり!

その後ふたたびバスルームでゆうじさんに洗体をしてもらう。
これもまた照れくさいんだなあ。
身体を拭いて,帰り支度をした後,辞去。

ありがとうございました。

総 括
一連の流れとかが,まだぎごちない感じ。
不慣れなところが多い──ということ。
それでもマッサージ自体は,私に合うリズムとストロークがあったと思う。
あとマッサージオイルの香りが好みだったな。
どこのなんだろう,あれ?
ところでここ,健人さん『30代リーマンの裏ゲイ生活』では,評価は散々なんだなあ。
私は割と気に入ったんだが。
それも相性のひとつ──ということなんだが,合う合わないが大きい可能性はある。
そこは要注意。

予 告
さて次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,
【池袋整体室】
「黒いウン●の秘密」をお届けします。
お楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
『Paradise』(閉業)
スポンサーサイト
[PR]

■勝三の手

  1. 2015.
  2. 01.
  3. 11
  4. (Sun)
  5. 00:00
α+オイルほぐし

時 期:2014年秋
形 態:マンション
営 業:個人
施術者:勝さん(全裸)
予 約:メール
コース:90分 ¥10,000

コースの90分の内容っつーのは「オイルほぐし+α」とのこと。
もう私の場合は,あれなんだがな。
「α+オイルほぐし」でも文句は言わないっつーか。

ご希望の方には、前立腺ほぐし・睾丸ほぐし・密着(コース料金に全て含まれております。)オイルマッサージで気分も体もスッキリ!!お気軽にお申し付けくださいね。全コースにリフレッシュついてます。
お客様には施術の際、オイルを使いますので全裸でお願いしております。施術者はお好みのスタイルで行います。(黒猫・ぜんら等)お気軽にお申し付けください。タッチも大丈夫ですよ。 シャワー前後お使い頂けます。 飲み物もご用意しております。
(原文ママ)

なぜ「全裸」が平仮名なのかは分からないんだが,これがHPに載っている文章。
「気分も体もスッキリ!!」
もうありとあらゆるところをほぐしてくれるという訳だな。
前立腺も! 睾丸も!!
ちょうど大久保に出かける用事があったので,空き状況を確認してみた。
そうすると,空いています──と返信。
ではお願いします──と返信。
予約の場合は,名前と電話番号をお願いします──と返信。
──って,最初からそう書いておいてくれるか,メールフォームを設定しておいてくれたらよかったんだが……。

予約確定のメールには,大久保駅北口から,開始予定時間の10分前に電話がほしい──とのこと。
了解──当日のその時間に,大久保駅から電話を入れる。
比較的分かりやすい道とランドマーク,そして勝さんのナビで3分ほどで建物に到着する。

呼び鈴を鳴らすと,解錠され,ドアが開く。
ドアの内側には,タンクトップにハーフパンツの勝さん
身長はそれほど高くなく,ガッチビ──という感じ。
どこかのサイトで「若い頃の綾田俊樹」(ググってみてください)という表現がされていて,それはまあ,なんとなくうなずける(が,あんなにボーッとした顔でもないと思う)。
そして“厳つい”か?というと,それほど強くは感じられなかった。
大阪人にありがちなアクの強さ等もなく,穏やかで,物腰の柔らかさの方が強かったように思う。
まあ,営業用なのかもしれんが。

時間は昼。
部屋に入ると,陽射しはカーテンでさえぎられてはいるが,『30代リーマンの裏ゲイ生活』健人さん曰く「暗くてよく見えん…股間にわさわさしたものが見えるくらい」というほど暗くはなく,「これなら『見えん』ということはないだろう。ぐへへ」と。
ヨダレたれまくり──みたいな。
たらすのはヨダレだけにしろ──みたいな。

部屋にはマットが敷かれている。
それにはタオルケットもかけられている。

静かな東南アジア系の音楽が流れていて,被術者がリラックスできる仕組みが作られている。
部屋の隅のソファに座り,お茶をいただく。
「どこか気になるところはありますか?」
「勝さんのちんちん」──って,言わんっちゅーねん!

バスルームの場所を示され,部屋に用意されていた脱衣兼荷物カゴに服と荷物を入れてからシャワーをどうぞ,と。
「そうそう,シャワーを終えて,部屋に戻ると,全裸の勝さんがいるはず」と,私は健人さんのレビューを反芻する。
部屋はそんなに暗くはなかったので,私は,すっぽんぽんなガッチビ勝さんの身体を見ることができるはず。
ワクワクしながらシャワーを浴び,ワクワクしながら身体を拭く。
そしてそして,ワクワクしながら部屋に戻る。

いたーーーっ,勝さん
胸筋あるーーーっ,勝さん
全裸かーーーっ,勝さん
手で隠れて見えんぞーーーっ,勝さん
きいっ!

お行儀のいい勝さんは,全裸だったが,手を前で組んでいたのだった。
よって,健人さんと同じく,私にもモサモサしか見えなかったのだよ。
明るかろうが,暗かろうが,関係なかったな。

マットレスにうつ伏せになる。
シーツ的にタオルケットが敷かれているのは先述のとおりなんだが,マッサージ用の枕と胸当てにもフェイスタオルがかけられている。
そしてなぜか,タオルケットの股間が来るであろうところにもフェイスタオルが……。
なぜか──っつーか,まあ,漏れ対策なんだろうな。
そこらへんからはいろいろなものが漏れるだろうからな。

施術は,B面の下から上へ。
つまり,足裏→脚→尻→腰→背中→頸→頭という順。
まあ,これだけだと普通に読めてしまうんだろうが,勝さんは結構“爪先使い”
脚から太股→尻の施術時に,手の爪の先で玉裏をチョロッとさわる。
エロのボルテージ,あがる。
ぞくぞくもの。
これにぞくぞくするのは,私だけか?

勝さんの施術は強めというのを読んでいたんだが,私には割とピッタリだった。
私の身体の凝り具合が尋常ではないのかも。
そんな私のB面の施術が終わり,A面に移行する。
待っていました!のA面。

腕──まあ,これは普通。
ときどき,モサモサに触れるがな。

太股に至っては,爪の先でのちょろっとさわり,ふたたび。
そうしてエロの気分が高まってきたところで,腹と胸。
胸に来るということは,ふたつのエロスイッチ,オン!ということ。
♪エロよ来い,早く来い(中略)股に来た,腹に来た,胸に来た──みたいな。

少し汗ばんだ,がっちり(ややむっちり)な身体がエロい勝さん
もうね,密着。
私のにジェルが塗られ,私も勝さんのモノを捉える。
軽く握った私の掌の中で,容積と硬度が増していく。
そんな勝さんのモノを,根元の方からしごきあげると──皮も被さる。
確かにこれは──濃厚なエロ。
先ほどまでの穏やかな勝さんはいずこへ?というほど──なんて書くと,いたずらに妄想心を煽ってしまうか。
普通にエロだ──ということで。

組んずほぐれつしているうちに,勝さんにストップをかけられる。
攻めすぎてはならん──と。
まあ,次の人もいるだろうからなあ。
ここでイっちゃって勃たなくなるのも問題あるかもしれんし。
──ということで,私が攻守の“守”に回る。
そして私は,ほどなく“絶頂”へ……。

またふたたびのシャワールーム。
その間,勝さんがお茶を用意してくれているので,シャワー後,それをいただきながら少し話をして,辞去。

ありがとうございました。

そうして,帰途,駅に向かう途中でふと気づく。
あれ,前立腺ほぐしと睾丸ほぐしってあったっけ?
まあ,結果的には「α+オイルほぐし」みたいなものだったからいいんだがな。

総 括
話し方とか会話では“おっとり系”かと思っていたんだが,リフレッシュタイムになるとエロい。
逆にいうと,マッサージ重視の方には向かないのか?──というところなんだが,それはまあ,相手の出方で決めるんだろうな──って,そういうことは私がエロかったということか……?
そういえば,店の名前の由来を尋くのを忘れた。

予 告
次回『健全 安全 Massage for GAY』は,
「悦子の部屋」
【Paradise】
をお届けします。
お楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【勝三の手】

■理の出張ボディケア&オイルトリートメント

  1. 2015.
  2. 01.
  3. 02
  4. (Fri)
  5. 00:00
“むっつり”対“はっきり”,性器の対決!

時 期:2014年秋
形 態:出張
営 業:個人
施術者:理さん(全裸)
予 約:メール
コース:ボディケア&オイルトリートメント 120分 ¥10,000

ふと気づくと──私の予定も空いていて,彼の予定も空いている。
予定のないふたりがいれば,できることはただひとつ。
それは──マッサージ!
──って,そんなこともないんだが,頼んでしまった。

頼まれてしまったのは『理の出張ボディケア&オイルトリートメント』(現『R-nap』)。
いくつかのマッサージブログでも紹介されているので,ご存じの方も多いであろう(おそらく)有名店。
人のクチに戸は立てられないのと同様,私の股にも戸は立てられない。
戸が立てられないのは,違うものが勃って邪魔だから!みたいな。
そんな私の股間がマッサージを求めて囁くのである。
肩よりも凝っている股間が「マッサージをしてほしい!」と……。

──って,常々思っていることなんだが,読者諸氏は私のことを,とんでもないスケベだと思われているかもしれんのだが,決してそういうことではない(はず)。
皆さんも,自らの心に問うてみてほしい,自分のスケベさ具合を。
私は単に“はっきりスケベ”(←→ “むっつりスケベ”)なだけさ!

そんな“はっきりスケベ”の私が,理さんにアクセスしたのは,お願いしたい日の昼間。
理さんのHPには,予約状況がアップデートされているので,とても親切。
だが,まあ空いているかどうかは念のために確認しておく必要はあるだろう。
「空いていますか? 全裸でお願いできますか?」
私のメールに届いた返信。
「空いています。全裸での施術もOKです」
危うく月影千草になるかと。
「オーッホッホッホ!」みたいな。

さて当日──って,今回はずっと当日の出来事なんだが。
あらかじめ住所を報せてあったので,最寄りの駅からメールが届く。
それから察するに,ほぼ予約時間どおりに着く見込み。
そして,ほぼ予約時間──到着。
卓球!──ではなく,ピンポン!が鳴り,ドアを開けるとそこには,理さん

『東京・ゲイマッサージ体験』Masaさん曰く“寡黙”という理さんは,果たして──“寡黙”だった──って,そのまんまやんけ!
寡黙というか,おとなしいというか……。
確かに会話を楽しみたいという方には,物足りないかもしれない。
どことなく怯えているような──ねえキミ,ボクはそんなに怖くないんだよ。
それとも怖い?
スケベ,はっきりさせすぎた?

さてさて,どこで名刺が登場するのかな?と思いきや,結局出てこない(『東京・ゲイマッサージ体験』には「名刺をもらった」というエピソードが登場する)。
名刺配布をやめたのか,それとも──あたくしに渡す名刺はないとおっしゃられるのね!?なのか……?

まあ,それはそれとして,理さん,やや姿勢が悪い。
なんだか前屈みになって猫背な状態で歩くんだが,それは施術師としてはやや問題もありそうな。
医者の不養生という訳ではないんだが……。

会計時,キリの悪い数字にならないよう「ボディケア&オイルトリートメント」の120分を依頼していた。
そして,理さんをしたがえて,来たるべき120分のエロリラックスタイムに胸を高鳴らせた私は,ベッドルームへ。
そこで,理さんを見倣って,寡黙な青年中年を目指そうと硬く心に誓っていた私は,部屋で無言で仁王立ち(アソコ。勃ち)。

揚羽心の声「さてどうするんだね,理さん? 脱ぐのかね? すっぽんぽんなのかね?」
理さん「最初は指圧からなので,ズボンだけ脱いでください」
揚羽心の声「ナゼナンダロウ? ドウシテナンダロウ? ──って,えええええええええっ!?」

もうなんだか “擬音”を背負っていたよね。
白眼の速水真澄みたいな。
がーーーーーーん!
単純計算すると,120分のうちの半分は指圧(ボディケア)で半分がオイル。
──ってことは,60分は着衣かよ──みたいに,頭,高速回転。
全部オイルにしておけばよかった!と思っても,もうそれはアフターフェスティバル。
がーーーーーーん!

上は着衣,下はボクブリ一枚という姿になる私(とても間抜けな格好だが)。
そして,なに一枚として着衣の数が減っていない理さんから,ベッドの上に「仰向けに」と指示される。
あれ,B面からではなく,A面からなんだ?
そして足からの施術。
このパターンは初だなあ。
──で,「着衣か。ちっ!」と思っていたこの指圧なんだが,結構気持ちいい。
見た目,力がなさそうな理さんなんだが,決してそんなことはなかったし。

そうしていよいよ全身の整体が終わると,待っていましたオイルトリートメント!
ちゃっちゃっとパッパッと脱ごうではないか!──と,理さんも私も全裸。
理さんは特に鍛えているという訳ではない──と,まずタイ系をチェック。
んー,どのくらいタイ人入っているかな──って,違う!
体型をチェック。
さらに,ボクブリからぽろんと飛びでたナニも,ナニの周りのジャングルも,すかさずチェック!
いやだから,“はっきりスケベ”なだけなんだってば。
するだろ,チェック,みんな普通?

ただなんつーか──理さんにはあまりエロな雰囲気っていうのはないんだな,オイルマッサージの時も。
きちんとやることやってからだから,おとなしくしていなさい!──みたいなオーラがなんとなく漂う。
そして下半身。
ここに至ってようやくムードミュージックとか流れてきそうな感じの空気が漂う。
あるいは照明の色調が変わるとかね。
さすがにそこまで凝った設備はうちにはないがな。

理さんが乳首を攻めてくる,なめてくる。
もうさっきまでのおどおどした理さんじゃないぞ!みたいな感じで。
そちらがその気なら,こちらも負けずに!──と,理さんのイチモツをギュッと。
最初は「くにゅっ」という擬音なんだが,その後それは私の掌の中で硬度を増していく。
そちらも,さっきまでの理さんじゃないぞ!みたいなたくましさ。

実は理さん“むっつりスケベ” なのではなかろうか?
そう。
つまり,今回のこのマッサージには,ひとつの図式が浮かびあがる。
「“むっつり”対“はっきり”」──みたいな。

身体のツボとは違うツボを攻めてくる理さん
マッサージも上手だが,こっちも上手だね──みたいな。
やがて訪れる“絶頂”の時。
私は,どっぴゅーん!──ってな感じで。
「結構出ましたね」
──って,いや,そこには触れなくてもいいから,理さん

そうして,私の青春のほとばしり(?)を拭うことなく,理さん
「シャワー浴びますか?」
なかなかクールな理さんなのであった。
そして理さんも,オイルまみれになってしまっていたのでシャワー(まみれてはいなかったかもしれんがな)。
支払いを済ませ,理さん,辞去。

総 括
見た目からすると,あまり強押しはしないだろうなあ,という理さん
だが,意外に力強く,しっかりとした施術をおこなってくれる。
盛りあがり──というのは,会話上ではほとんど期待できない。
それほどまでに寡黙な理さん
ただ,おそらくは人見知りをされるキャラなんだろう。
静かに,落ち着いた施術を受けたい方には合っていると思う。

予 告
さて,次回は「α+オイルほぐし」
【勝三の手】──を,お送りします。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【理の出張ボディケア&オイルトリートメント】(現『R-nap』

□ご挨拶

  1. 2015.
  2. 01.
  3. 01
  4. (Thu)
  5. 00:00
みなさま,あけましておめでとうございます。
揚羽(アゲハ)です。
レビューやコメントへのレス以外で,こうやって文章を書くというのは,本当に久しぶりです。

いつも当ブログを閲覧いただき,ありがとうございます。
そして,コメントや拍手も寄せていただいて,感謝しています。
例月のパターンであれば,月初の一本が登場するんですが,なんのご挨拶もなく始めるというのもいかがなものかと,こうしてペンを取った次第です(ペンではありませんが)。
ひと言,ご挨拶と感謝の句を述べねば──と。

コメント──については,もちろん大感謝ですが,文章を書くのが苦手という方もおられると思いますし,遊びに来ていただけるだけでも感謝です。
そんなあなた方の足跡は,カウンターにもしっかりと残されています(^^)。
私も,毎日100名超の方々にお越しいただいて,とても嬉しく,ありがたく思っています(^^)。
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードに血を吸われてもいいというほど,ありがたく(^^)。
なりましょうとも,吸ケツ鬼。
(元ネタについては西尾維新さん《化物語》シリーズをお読みくださるか,アニメをご覧ください)。

さて。
“コメント”に関してビックリするような出来事がありました。
昨日,たかしさんJun-Gさんから『ぽっちゃリーマン篤の濃厚オイル接待』のレビューに対して,コメントをちょうだいしたんです。
レビュー自体は昨年の4月に上げたものだったので「なぜ今頃?」と思っていたら,なんと……。

エピソード1:Jun-Gさん篤さんの施術を受けた際,私のレビューの話をされた。
エピソード2:篤さんが私のところのレビューを発見し,ツイートされた。
エピソード3:たかしさんが,そのツイートから私のところに来られて,コメントをくださった。

Jun-Gさんたかしさん,おふたりのコメントと,篤さんのツイートがなければ,事の次第は判明しなかった訳ですが……。
人の縁というのは,本当に不思議なものだなあ──と,強く思いました。
そして──面白い(^^)。

篤さん,ご丁寧にツイートでご紹介くださって,こちらこそありがとうございました(^^)。
それに,Jun-Gさんたかしさん,ステキなお年玉をありがとうございました(^^)。

そんなこんなで。
2015年も明けた訳で。
このブログももうじき一年経つ訳で(^^)。

今年はどんな楽しいことが待っているでしょう?
皆さまのところにも,楽しいことがたくさん訪れますように。

それではレビューを始めよう。

──とはいうものの,このご挨拶も読んでいただきたいので,初レビューは明日アップします(^^)。
すみません,お待たせしてしまって(^^;;。

予 告
明日の『健全 安全 Massage for GAY』は,
『理の出張ボディケア&オイルトリートメント』(現『R-nap』)。
「性器の対決!」にご期待ください。

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
極 (0)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム