FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■だいきん★《3》

  1. 2015.
  2. 05.
  3. 21
  4. (Thu)
  5. 00:00
如意棒対決

時 期:2015年春
形 態:店舗(マンション)
営 業:個人
施術者:だいきさん(全裸)
予 約:メール
コース:オイルマッサージ120分+15分 ¥9,000+¥1,000

移転しました。
シャワールームが広くなりました。

──という案内をいただいたので(意味は似て非なるが)据え膳食わぬはなんとやらで再訪してみた。
もう私はリピーターなので,空き状況等についてはメールでのやり取りとなる。
希望日・時間に対応可能とのことなので,前回と同じく釣り銭なしの120分+15分で依頼をする。
確認メールには,第一段階での目的ポイントが記されている。
「当日,そこに着いたらまたメールを」と。

当日。
そのポイントから改めてメールをすると,最終到達ポイント──つまり,だいきさんの部屋までのルートが示される。
それにしたがってドアベルを鳴らし──開扉。
「こんばんは」
「ご無沙汰しています」
部屋に上がるとまずシャワーの指示──ということで,バスルーム。

なるほど!
これは広い!
バスタブ(マッサージ時,使うことはないんだが)までついているし,ユニットでもなくトイレも別室。
私はゆったりとシャワーを浴びる。
借りたタオルで身体を拭い,照明の落とされた部屋へ。
カーテンで仕切られたセクションにマッサージ台が置かれている。

最初に私を迎えてくれた時にはタンクトップを着ていただいきさんなんだが,私がシャワーから上がってくる頃には(おそらく)全裸。
なぜ(おそらく)なのかというと,肩口から股間経由脚へのタオルケットが,私の視線を阻んでいるからなのだ。
そんなだいきさんにタオルを預けた私は,指示どおりにマッサージベッドへうつぶせになる。

そこからはお約束な流れで,足からみっちりと施術がスタートする。
135分という長い枠のためか,かなりみっちり,かなりしっかり。
今回も,今までと同じく“おしゃべり”に花が咲く。
私自身,施術中に会話をするということは,なかなか珍しいことなんだが。
マッサージはB面→A面→B面→A面というように流れる。
短時間だと1ターンだけだったと思う。

相変わらず“おさわり”のタイミングが捉えられない。
“免許皆伝”されたというのに(【だいきん★《2》】参照),その免許の有効活用ができておらんではないか。

そんな状況で最終局面がやってくる。
どこにやってくるかというと,私の乳首にやってくるのである。
だいきさんからの(意味は違うが)“リップサービス”である。
このリップサービスも毎回のお約束ではあるんだが,身体の反応はストップできない。
身体は正直だな,へっへっへ──的な。
だいきさん曰く「某ブログに『隣のお兄さんとの疑似●ッ●●』と書かれていた」とのこと。

身体の位置を(いわゆる正常位というところに)変えてきただいきさんからハグ。
人の体温というのはいいものだな。
私は,だいきさんの体温を感じながら,少し成長しただいきさんのムスコを順手で握る。
握力を強めたり弱めたり,さらには棒に対して上下に動かしたりしているうちに,孫悟空の如意棒よろしく,だいきさんの如意棒もメキメキと太さと硬さを増していく。
妖怪・揚羽も退治されてしまいそう。

そんな如意棒対決がいつまでも続く訳もなく,私の如意棒も爆発し,巨大化(?)から通常サイズに戻る。
シュルシュルシュル!みたいな。
そろそろ『ガンダーラ』が流れる頃かな(古っ!)?みたいな。

ひと息ついた後,だいきさんがシャワーの準備をしてくれる。
いつものとおり私自身では手の届きづらい背中を洗ってくれる。
残りは自分で。
その間,だいきさんは飲み物の準備をしていてくださる。
シャワーを終えた私は,身支度を調え,だいきさんに支払いを済ませ,飲み物をいただく。
しばしの歓談。

またまたラストは,照れ照れ(だが嬉しくもある)ハグ。
そして私は,シャワールームが広くなっただいきさんの部屋を後にする。

帰途,だいきさんからお礼のメールが届く。
「またお待ちしています」
部屋は変わっても,そういう姿勢が変わらないのが嬉しい。

ありがとうございました。

総 括
ひとりの施術者でレビューが3本というのは初。
前後の対応のよさというのもあるんだが,今回は新店舗へのお誘いをいただき,それに応じたというところも大きい。
カーテンを間仕切りにして部屋を使っているんだが,その空間の使い方がとても巧い。
特筆は「隣のお兄さん」「バスルームの広さ」だけではないのだよ。

関 連
【だいきん★】
【だいきん★《2》】

予 告
次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,久しぶりに『ウィッシュ・リスト』をお届けします。
どうぞお楽しみに(^^)。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【だいきん★】

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

■爽快!リフレッシュ&マッサージ

  1. 2015.
  2. 05.
  3. 11
  4. (Mon)
  5. 00:00
おさるは18ページ

時 期:2014年冬
形 態:出張
営 業:個人
施術者:Sさん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:90分 ¥10,000

ネーミングがいいと思う。
「爽快!」
そうかい!って。
ビックリマークがつくほど気持ちいいんだ。

そして,普通であれば「マッサージ&リフレッシュ」というように「マッサージのオプションとして設けられるリフレッシュ」という立ち位置の“リフレッシュ”に市民権(?)を与え「リフレッシュ&マッサージ」と。
リフレッシュのついでがマッサージ。
いいねえ。

「※基本的にはリフレッシュがメインとなります※」(原文ママ)。
いいねえ。
なんて潔い。

見ただけで濡れてきそうな店名(と内容)で,私は自分のスケジュールをチェックする。
施術者・Sさん(仮称)のスケジュールもHPには載っているんだが,設置されているメールフォームからも問合せをかける。
Sさんは,自身曰く「猿顔,短髪,水泳体型,デカマラ(P18)」なんだそうだ。
P18ですか。
そうですか。
デカマラ18ページですか──って,なんでやねん。

ほどなくして,Sさんからレスポンスがある。
早い対応は,私の好み──というか,遅い対応がいいという方自体おられないとは思うが。
予約を受けつけました──という返答で,さらに前日に予約の確認のメールをくださるとのことで,前日がやってくる。
「変更はありませんか?」
ありません。
さらに,マッサージ,リフレッシュでしてほしいことがあれば言ってください──と。

してほしいこと──とな?
うふふ。

さて。
さて。
さて,当日。
最寄りの駅に着いた旨のメールが届き,予約時間少し前にドアベルが鳴らされる。
オープンセサミの開けドア。

(なるほどー。猿顔だー。)
「こんにちは」
「こんにちは。よろしくお願いします」

Sさんには部屋に通ってもらう。
そこでSさんは施術の準備──というか,今回はリフレッシュの準備,か?
一段落したところで,じゃあ,シャワーを浴びましょう,と。
“シャワーエスコート”もコースのうち。
「丁寧に身体を洗」っていただきましょう,と。

脱ぐ。
お互い。
もちろん,私はSさんの股間チェックをする。
平常時はさすがに18ページはない,Sさん
シャワー時も,さほどエロな展開にはならない。
普通にエロ。
Sさんはシャワーヘッドを握り,私はSさんのヘッドを握る──という程度に普通。

シャワーを終えてからはマッサージ。
うつぶせになった私に,Sさん“オプション”のマッサージをする。
それはふくらはぎから始まり,太股,尻,腰,背中へ。
そんなに悪くはない,マッサージも。
ただ,腰から背中にかけてのマッサージの時に,それまでは感じられなかった指以外の長いものが「つんつん」と。
お邪魔します,的に。
その最初「つんつん」が,やがて「ごんごん」になる。
私も気分が高まり,後ろ手にその「ごんごん」の正体を確かめてみることにする。
Sさんの18ページを握ってみる。
柔らかさは感じない。
まだマッサージ段階だというのに,Sさんの18ページは言葉で表現すると“屹立”している(屹立:山などが高くそびえ立つこと)。

そして,施術はA面に移る。
太股の施術をしたかと思ったら,もうSさんは臨戦態勢。
私のページと,Sさんの18ページが重なり合う。
表現は文学的だが,要はまあ──“兜合わせ”である。
しばらくその体勢だったんだが,やがてSさんが私に覆いかぶさるような姿勢になり,私の乳首を攻める。
すでに入っているスイッチが,それでまた改めてパワーアップするという感じ。
私も負けじと,Sさんに仕掛ける。

いろいろと。
エロエロに。

Sさんの肌は,柔らかい。
抱いていて,気持ちがいい。

先ほどまでは,私の腰や背中をマッサージしていたSさんの手で,私も“絶頂”へ。
「あっ! うっ!」──みたいな。

その後,またふたりでシャワー。
終わった後のシャワーで,ナニを洗ってもらうのというのは,とても照れくさいんだが……。
シャワーが終わった後,あらかじめ聞いて用意しておいた料金をSさんに支払う。
お世話になりました──で,Sさん,辞去。

ありがとうございました。

総 括
『おさるの出張マッサージ』というところもやっておられて,そちらの方はマッサージが主体っぽい表現になっているようだ。
P18については,個人的には「すげ!」という感じではなかったと思う。
標準以上ではあったことは断言できるんだが……。

予 告
さて次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,三度目のレビュー。
【だいきん★】
「如意棒対決」
──に,ご期待ください。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【爽快!リフレッシュ&マッサージ】

■ICROSS

  1. 2015.
  2. 05.
  3. 01
  4. (Fri)
  5. 00:00
今そこにある“ちん”

時 期:2014年秋
形 態:出張
営 業:複数スタッフ
施術者:翔さん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:エスコート 90分−早割 ¥16,000−¥2,000

サーチエンジンに載る前に,某氏から教えてもらったのが,この『ICROSS』
HPにある衝撃的なマッサージ風景画像に「これはぜひともお願いせねば!」と。
くまなくサイトをチェックし,誰に施術を依頼するかを決める。
この店も,その他大勢と同じく,身体画像のみなので,直感を研ぎ澄ませ,絞り込む。
「翔さんにお願いしよう」

HPに設置されている予約フォームから希望を送信し,レスを待つ。
さほど待たされずに応諾の返信が届く。
メールの主はおそらくオーナー。
当日のことに関する伺いで,何度かやり取りを交わす。
タオルとか,やっておくこととか。
そのやり取りの中でストレスを感じることは,ない。

当日,そのオーナーと思しき方からメールが届く。
それは,施術者が最寄り駅に到着したという案内。
家への到着時間の目算が立てやすいのは,こちらとしても助かる。

ドアベルが鳴り,いよいよ翔さんとの対面。
この瞬間が,お互い一番緊張する(だろう)。

ガチャッ!
ドアを開く。

翔さんは鼻の下とアゴにヒゲを蓄えた方。
確かに,黙っていれば怖そうではある──か?
HPには「見た目,怖そうとか言われますが」とある。
そんなこともないと思うんだが。
挨拶やその他,少し言葉を交わした限りでは,むしろとても物腰の柔らかい方だと。
だが,んー……,どこかで会った,というか,見かけた,というか,見憶えのある感じ。
“イカニモ”だからなのか……。

まあ,だが,そういう疑問はよそに,翔さんには部屋に通っていただく。
ここは最初に支払を済ませるシステムのようで,翔さんにその旨を告げられるので,支払をする。

「シャワー浴びられましたか?」
「いえ,まだです」

選択したコースによってなのか,ここはシャワー同伴もありらしいんだな。
事前のメールのやり取りで,そのことは伝えられる。
同伴していただけるというのに,それをお断りするのもなあ──ということで,今回は事前シャワーはなし。

翔さんは,自分のバッグからマイタオルを取りだし,脱衣開始。
合わせて私も脱衣開始。
翔さんが脱衣しているところをしげしげと見つめているとエッチクサい人間だと思われてしまうだろうし──って,普段の行動を考えろよ,オレ(もう手遅れ)。
パンイチになるふたり。
脱衣室へ赴き,パンイチからパンゼロへ。
もちろん,私はさりげなく翔さんの股間をチェックする。
この時ばかりは自分の近視が恨めしい。
だがまあ,ちらりとお目にかかった翔さんの平常時の男性自身は,なかなか私の好みの“フォルム”だった。

洗体が開始される。
立ち位置としては,私のB面に,翔さんのA面が接する形。
翔さんが手に取ったシャワーソープで,私の背中を洗い,その姿勢のまま,私の胸を洗おうとしてくると,自然──密着度は増してくる。
──と,なにやら,私の双丘に突起物が……。
その硬度が高まってくるのも感じられる。
背面からのハグというのは,私は結構好きなんだが,それをされると同時に,翔さんの(勃っている!)屹立したモノが,私の太股の間に「にゅるっ!」と侵入してくる。
私は逆手で“それ”を捉え,剥きあげ,頭をこねると,翔さんの腰が引ける……。

──というような濃厚な時間が,バスルームで過ぎていく。
もう,そこで爆発してしまいそうなほど。

どんな感じにしますか?──と,翔さん
どんな感じ?
どう答えればいいんだろう?
逡巡の後,
「エロエロで」
と。
いつもと同じな私。
成長なし。

まだ爆発までのカウントダウンには早すぎるぞ──という感じで,ふたりは身体を拭いてベッドへ。
うつぶせ,からの施術は,足→脚→腰→背中。
マッサージはやや緩め。
ぐいぐいと押され,「利くーーーっ!」という感じではない。

やがて私はうつぶせのままで,翔さんが位置を変え,私の前に座る。
全裸で。
──ということはつまり……。
私の目の前に,翔さんの小銃が。
ぴこん,と。
いたずらしたい誘惑にかられる。
そして,肩と胸の施術。
うつぶせのままの胸の施術というのも珍しい。

仰向けになってもらっていいですか──との翔さんの声。
私は体勢を変えつつ「お待ちかねタイム」が近づいてきていることに胸を高鳴らせる。
翔さんは,私の脚を施術し……。
翔さんが,私の小銃にジェルを塗りたくるので,いつの間にか小銃は大砲に。←見栄張りすぎ。
仰向けの私に体重を預けてくる,密着してくる翔さん
左手で翔さんの背中を抱き,空いている手で翔さんの小銃を握る。
数度のグラインドで,翔さんの銃も,太さ,長さ,硬さを増していく。
私も,翔さんの砲身や銃頭に,ジェルを塗る。

さあ。
お待ちかねタイムの始まりだ。

組んずほぐれつ。
上になり下になり。
あれやこれや。
バスルームでの出来事──よりも,当然濃厚。

やがて私の大砲からも,弾が──発射!
どっかーーーん!

押し寄せてきた高波が引くのを待つように,ほとぼりを冷ます。
翔さんも,私の砲弾の処理をしてくれる。
ふたたびシャワーを浴び,翔さんに身体を洗ってもらう。
部屋に戻り,着衣と後片づけ。
そして,翔さんは辞去。

ありがとうございました。

総 括
HPにある「顔の上のちんちん」に,まずは驚かされる。
実際のところ,私の場合は,そういうシチュエーションはなかったが,それに近いことはあった。
目の前のナニ──というのは,お預けをくらわされているようなところもあるが,これからの未来に胸(とアソコ)が膨らんでしまう。
マッサージとしては,私はそれほど利いた感じはないんだが,エロはたっぷりだったな。
ただし,アップ前にHPを確認したところ,2月以降の空き状況の更新がされていない。
もしかして今は営業していないのかも……。

予 告
『爽快!リフレッシュ&マッサージ』
「おさるは18ページ」
次回もお楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【ICROSS】

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム