FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■Vintage Shop

  1. 2015.
  2. 09.
  3. 21
  4. (Mon)
  5. 00:00
密着

時 期:2015年夏
形 態:店舗
営 業:複数スタッフ
施術者:テスさん(全裸)
予 約:電話
コース:90 minutes+V.I.P密着コースーオープンイベント ¥12,000+¥2,000ー¥1,000

ないのだよ,ここには。
なにがないのかというと,メールが。
最近のこの手の店には,たいていメールフォームが設えてあって,そこからやり取りをすることが多いんだが,ここはそういう訳ではない。
書いてあるのは電話番号のみ。

──ということで,ドキドキと逸る胸の鼓動を押さえつつ,電話をかける。
電話口で応えていらしたのは,ややカタコトな日本語。
だが,予約をするうえで不都合があるというほどでもない。
電話口の相手に希望日時を告げると,問題ないとのこと。
予約をフィックスする。

そして当日。
HPに載っているポイントから電話をかける。
電話に出たのは,前回と同じ方。
それはおそらく,マッサージをお願いしたテスさん(某板情報では天童よしみ似)。
そのポイントからの行き方を教わり,部屋を訪れる。
ドアベルを鳴らし,解錠・開扉を待つ。
開けドア──ガチャッという音とともにドアが開く。

よしみに似ていないことはないが,小さめの目がクリッとしたテスさん登場。
「どうぞ」入ってください。スリッパもどうぞ──と,テスさん
「お邪魔します」すみません。ありがとうございます──と,私。
部屋の奥の方に通され,おそらく施術に使われる部屋の手前の小さなダイニングスペースに着く。
そこでお茶をいただきながらコースの確認をおこなう。
90minutes一本勝負!──ではなく,90minutes+V.I.P密着コース。
密着──んー,いいねえ,密着。

先に支払いを済ませる。
「シャワー浴びますか?」テスさんに尋かれる。
浴びましょうとも。
同伴シャワーな訳だし。

荷物を持ってバスルームの脱衣所に移動する。
テスさんの指示により,私は脱衣開始。
テスさんは,準備してきますね,と一時退出。
そして──私が脱ぎ終えた頃,股間をタオルで隠したテスさんが現れる。
ケチ。
だが,すぐにテスさんはタオルをタオルかけにかけ,私をいざなってシャワールームへ。
泡々の洗体──を受けながら,私はテスさんチェック。
HPで盛っているのはあるんだろうが,とてもキレイな身体をしている。
ナニもプルン,と。
ギリシア彫刻っぽい美しさ。

洗体が終わると,マウスウォッシュを勧められる。
ふたりしてグジュグジュペッ!
先に私が洗い終えたので,背中を拭いてもらい,あがる。
すぐにテスさんもあがってきて,照明の落とされた奥の部屋へ一緒に行く。
テスさんにタオルを渡し,指示にしたがって,部屋の入口すぐのところにあるマッサージベッドへうつぶせになる。
マッサージ開始。

全般的に指圧から始まって,オイルを使ったスポーツマッサージというように流れる。
ふくらはぎ→太股→足。
それが終わると,いったんオイルを濡れタオルで拭ってくれる。
そしてテスさんがマッサージベッドに乗り──つまり私にも乗り,背中と肩の施術を。
ムニュッとか,モシャッという感触を,私は背面に感じる。
背中と肩を終えたテスさんはベッドを降り,私の腕と手を揉む。
その後,B面からA面へ。
脚や太股もしっかり施術。
加えて下腹→腹も。
時折,私のモノに触れるテスさん

テスさんが仰向けの私のうえに乗ってくる。
胸筋のマッサージ──と思いきや,唐突にテスさんが覆いかぶさってくる。
ハグ。
密着!

そこからは映倫にカットされそうなシーンが始まる。
ゴシゴシとかペロペロとかクチュクチュとか。
我々はお互いがお互いの刺激で高まりあい,昂ぶらせあい,硬くしあう。
より刺激を感じやすくなる我々の竿。
やがて,その高まりは一点に集まり,私もそれを射出する──脈打ちながら。

息が治まるまで,射出されたものを処理してもらい,同伴シャワーふたたび。
また同じくマウスウォッシュをして終了。
着衣後,我々は少し話する。
そして私は辞去。

どうもありがとうございました。

総 括
何名かスタッフが在籍していたこともあるんだが,私が予約を入れた段階ではテスさんひとり。
おそらくは彼がマネージャーも兼務しているんだろうな。
マッサージはなかなか気持ちよかった。その後もなかなか気持ちよかった。
トータル的に──気持ちよかった,ということだ。
そして残念なことに,テスさんは2015年10月に帰国され,今,リンク先はソウルの江南での営業内容になっている。
また日本に戻ってくる日があるだろうか?

テスさん,戻ってこられた(2016年9月確認)。
HPは以前のままなんだが,場所は東中野に移ったようだ。

予 告
『ウィッシュ・リスト《6》』を,次回はお届けします。
次回も『健全 安全 Massage for GAY』をお楽しみに。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【Vintage Shop】
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

■M.Lomi

  1. 2015.
  2. 09.
  3. 11
  4. (Fri)
  5. 00:00
エロだくなバナナ

時 期:2015年冬
形 態:出張
営 業:個人
施術者:こうじさん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:90分 ¥7,000+全裸 ¥1,000+リフレッシュ ¥1,000+交通費 ¥2,000

ドアベルが鳴り,私はロックを解除する。

アンロック。
いいねえ,アンロック。
ときどきピンクアプリで「アンロック解除します」みたいなのを見かけるんだが“アンロック”“解除”するというのはつまり,ロックする──ということなのか?
あと,おかしな間違いは“ブリーフィング”とかね。
まあ,いいんだが,どうでも。

全裸1,000円,リフレッシュ(手技のみ)1,000円(最長10分),交通費2,000円の計4,000円。
基本料金90分7,000円の50%超がオプションや足代として加算される訳なので,割高ではある──かも。
だがHPにあるこうじさんの絵画化された身体画像がなかなか好みだったので,依頼してみた。
身体画像が好みではなければ「リフレッシュ最長10分だとー?」と抑止していたかもしれん。

予約フォームがあるので,第一報はそこからになる。
フォームにはプロフィールという謎の欄があるんだが,特技や趣味を書くのかどうか不明だったのでブランクにしておいた。
サイトには空き状況は載っていない。
Twitterのアカウントはあるものの放置状態なので,空き状況については問い合わせなければ分からない。
ほどなくして,私の希望日で対応できる旨の返答がある。
双方予定をフィックスする。

マッサージ当日。
今回はシャワー同伴ではないので,こうじさんの到着前に自分で済ませておく。

ドアベルが鳴り,私はロックを解除する。

パッと見,こうじさんはいかつめなモンチッチ系。
いかつく見えるのは,緊張で表情がこわばっているからか……?
HPのプロフにある163という身長に,偽りはなさそう。

部屋へ通っていただき,荷物を置いたこうじさんは,きびすを返し洗面所で手洗い。
そして部屋に戻ってきたこうじさんはこう言う。
「じゃあ,服を脱いでもらって,うつぶせでお願いします」
分かりました,と私。
自らも脱ぐが,こうじさんの方のチェックも怠ってはならない。

シャツを脱ぎ,ボクブリ一枚になったこうじさんは,胸筋しっかりのマッチョ系。
そして一気に押し下げられたブリーフ。
ぶるん!
顔=モンチッチ,あそこ=バナナ──という感じ。
平常時にしてはなかなかなボリュームのバナナが,黒い茂みの中からぶら下がっている。

そんなバナナを携えたこうじさんの施術がスタートする。
店名にもあるようにロミロミっぽい。
リンパ──という感じもある。

私はうつぶせのまま,こうじさんは私の腰に乗り,背中→尻→脚→足→腕。
次にこうじさんは,私の頭の方に位置を変えて背中のマッサージ。
その後,私の足元に廻り,背中→尻→脚→足→腕の2ターン目。

字面だけを追っていると「へえそう」なんだが,実際はかなり濃い。
エロエロ,では済まない。
エロエロエロエロという感じ。
背中や腰の施術時には,こうじさんの(硬い)バナナの先が,私のワレ目に。
腕の施術の時には,こうじさんの(硬い)バナナが私の掌中に。
うつぶせになった私の股間をまさぐるこうじさんの手。
頭の側からの施術に至っては,私の耳元にこうじさんの(まだ少し柔らかめの)バナナ。

これって,この状態で,私が仰向けになったらどうなるんだ?

「じゃあ,仰向け,お願いします」

はい,そのとおり。
かかかか顔の上にバナナとクルミ(ふたつ)が!
ええもうこれは,●●●しろ,というのも同然だろう。
エロタイムのスタートである。

正常位(?)に戻ったこうじさんは,私の胸や股間を攻める。
私も負けじとバナナ狩り。
バナナをごしごししたり,バナナの先を親指の腹で攻めると,こうじさん“悶”
ある程度のところでストップがかかる。
こうじさんのバナナの皮を剥いたり戻したりしているうちに,私のバナナは絶頂へ登りつめ……。

ティッシュでこうじさんは,私の腹や股間を拭いてくれる。
それが終わると,私は支払い。
手洗い後,帰り支度の調ったこうじさんは辞去。

ありがとうございました。

総 括
こうじさんからの手技の時間は確かに10分強というところだったかもしれんのだが,私からこうじさんへの手技(その他)の時間はもっともっと長かった。
オプション高!とは思ったが,たっぷり元が取れた感はあったな。

予 告
次回,『健全 安全 Massage for GAY』
「密着」
『Vintage Shop』
のレビューをアップする予定です。
お楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【M.Lomi】

■弘樹の出張個室マッサージ

  1. 2015.
  2. 09.
  3. 01
  4. (Tue)
  5. 00:00
ほとばしり

時 期:2014年冬
形 態:出張
営 業:個人
施術者:弘樹さん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:90分コース リフレッシュ付 ¥7,000

178×65×40
あっさり顔
ミディアム髪
普通体型

──というのが,ご本人がHPに載せているプロフィール。
併せて載せてある画像が,ボケてはいるもののなんとなくよさげなのと,90分コースがリフレッシュつきで7,000円で,要望があれば下着なしでおこないますというのに惹かれたので依頼してみた。

HPの「予約お問い合わせ」をクリックするとメールフォームが立ちあがるので,それを用いる。
スタートページには空き状況が記載されているが,問い合わせて,日にちと時間を調整し,固める。
こちらで準備するのは,シャワー後のタオルのみ──とのこと。
シャワーエスコートもあるのだ(もちろんお願いするとも)。
ボディタッチもOKなのだ(もちろんタッチするとも)。

──ということで,『弘樹の出張個室マッサージ』(現『弘樹のマッサージ』)を利用。
今回はそのレビューである。

予定していた日の当日,弘樹さんからのメールが届く。
「本日●時に参りますので,よろしくお願い致します」
なんて礼儀正しい。
そんな弘樹さんの到着を告げるべく,ドアベルが鳴る。
ドアを開ける。

「はじめまして」という弘樹さんは,穏やかで物静かそう。
40歳という年齢が,その落ち着きを生みだしているのか……?
──んなことを考えながら,弘樹さんを先導してベッドルームへと向かう。
荷物を部屋の隅に置いた弘樹さんは,そこからバスタオルを取りだす。
シャワーエスコートが,まずスタート。
「皿屋敷」よろしく,一枚ずつ脱衣をしていく我々。
もちろん相手のボディチェックも忘れない私。

弘樹さんは,極めて普通体型。
やや細め──かも。
年齢的にはメタボにさしかかっているような人もいる中,体質的なものなのか,そういう片鱗はない。
股間は──うふふ。

ふたりしてブラブラ(もしくはピョコピョコ)させながら,バスルームへ向かう。
シャワーは背中からのスタート。
身体を一旦流したところで,ボディシャンプーによる洗体が始まる。
だいたい,この洗体で師のエロっぷりが判明する。
また,それに合わせて,こちらのエロっぷりをアピールする機会でもある。
ここから後のマッサージタイムがバラ色になるかどどめ色になるかの瀬戸際だ(と勝手に)思っている。

掌に取ったボディシャンプーでゴシゴシやられて,私の身体(の一部)は反応する。
「反応いいですね。大きいですね」
それはどうも。
アピールしてみた。
今度はこちらの番である。
背後から密着して私の股間を洗ってくれていた弘樹さんの股間を,私が後ろ手で──ぎゅっっ!と。
やや小振りかな,という形状の弘樹さんのナニを,ぎゅっっ!と。
反応いいですね。

先に私の方が身体を流し,弘樹さんはバスルームに残留──なんだが,その前にタオルで私の身体を拭いてくれる。
至れり尽くせり。
私はベッドで弘樹さんを待つ。
弘樹さんが(ピョコピョコさせながら)部屋に戻ってくる。
そして荷物からオイルを取りだし,マッサージが始められる。

マッサージはやはり背面(B面)からである。
「うつぶせでお願いします」
言われるがまま,なされるがまま。
全裸のふたりのマッサージタイム。
施術は太股,ふくらはぎ→尻→腰→背中→肩→頸の順番でおこなわれる。
私の身体が結構張っていたためか,弘樹さんの施術は弱めに感じた。
このマッサージには,エロ的要素はほとんどない。
きっと弘樹さんというのは,性格も律儀なんだろうなあ。
そんな気がした。

そんなこんなでB面の施術が終わる。
「じゃあ仰向け,お願いします」
待ってました!──みたいな。
弘樹さんの指先が,そして舌先が,私の胸を攻めたてる。
結構おとなしめな人だと思っていたんだが,エロエロになると豹変(いや,それほどでもないか)。

シャワールームでは後ろ手にしか握ることができなかった弘樹さんの男性自身を,今度は私もあらゆる角度から攻める。
そして掌で膨張率を実感する。
度重なる攻守逆転。
分かりやすく言うと──“しごき合い”

やがて訪れるクライマックス。
私の男性自身からも放たれるほとばしり。
放射とともに放心の私。
マッサージ,リフレッシュともに終了。
私の腹の上のほとばしりを弘樹さんはティッシュで拭ってくれる。

そして洗体ふたたび。
私の身体についたオイルやほとばしりを洗い流してもらう。
タオルで濡れた身体を拭いてもらい,部屋へ。
そして支払をして,弘樹さんは辞去。

ありがとうございました。

総 括
マッサージに関しても,エロに関しても一定のレベルはキープしておられる。
物静かさ故か,師が印象に残りづらいところはもったいない。
ただ,コストパフォーマンスはとてもいい。
シャワー時のエロアピールによって,さらにそのパフォーマンスは向上するかもしれんな。

予 告
次回『健全 安全 Massage for GAY』は,
「エロだくなバナナ」
【M.Lomi】
をお届けします。
お楽しみに。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【弘樹の出張個室マッサージ】(現『弘樹のマッサージ』

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
A (2)
S (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム