FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■K(from Pink)《2》

  1. 2015.
  2. 11.
  3. 21
  4. (Sat)
  5. 00:00
ちんちんつんつん

時 期:2015年春
形 態:出張
営 業:個人
施術者:Kさん(全裸)
予 約:メール
コース:90分 ¥5,000

一度お願いをしたことがある。
その時のレビューは【K(from Pink)】を参考にしていただきたい。
以来,先方から,割と営業がかけられる。
「◯日はいかがでしょう?」
「◯曜日,そちら方面に行く予定があります」
Kさん,マメ。

お互いの利害が一致し,まだ少し肌寒さの残る春の終わりに,再度お願いをした。
二度目ということもあり,ダメ元で図々しくシャワー同伴を頼んでみたところ,運のいいことに承諾をいただく。
ラッキー!

当日,時間に遅れることなくKさんがやってくる。
チャイムの音に応じてドアを開き,
「こんにちは。ご無沙汰しています」今日はよろしくお願いします──と,互いに挨拶を交わす。
再会だけあって,Kさんからは(初回に見られたような)緊張からくる硬さは減っている。

Kさんには部屋に通ってもらい,Kさんはそこで準備を始める。
準備とはいっても,バッグからオイルやタオルを出したりするだけなんだが。
それが済んだ頃を見計らって,私はKさんに提案をする。
シャワーを浴びましょうか?

脱衣開始である。
Kさんの身体は前回施術を受けた時に,すでに拝見はしているんだが,だからといって興味が失われてしまった訳ではない。
露わになったKさんの股間に視線を送る。
私の視線が黒くもしゃもしゃとした茂みの中に,ツンとしているモノを捉える。
決して“巨”という訳ではないんだが,ぽっちゃり気味で身体の大きなKさんとのアンバランスさは,それはそれで魅力的だと思う。

シャワールームではKさんに洗体してもらう。
後ろから。
前から。
私もなされるがままになっている訳ではない。
私の手は,狙いたがわずKさんを捉える。
小さかったそれは,私の手の動きに呼応してサイズと硬さを増していく。
剥きあげるとKさんの腰が引ける。

そんな戯れはほどほどにして,身体を拭い,我々はベッドに向かう。
私はベッドにうつぶせになり,Kさんの施術が開始される。

一連のKさんの細やかなメール打信や,マッサージのやり方や流れに関しては,ほぼ前回どおり。
違うところというと,二度目であるが故か,多少会話が増えたところか。

もちろん,マッサージに移って刺激が減ったことで平常時サイズに戻ったKさんのモノのツンツンも前回に同じ,だ。
ちんちんつんつん。
まあでも,そういうのはあるものの,以外のエロにつながる仕掛けが,特にあるという訳ではない。
それはやや残念。

B面のひととおりの施術が終わったところで,仰向けになるように言われる。
室内の空気がピンク色を帯びたような……。
他の方々と同じく,Kさんが入れるスイッチも乳首。
まずは指。
それから舌。

私だけスイッチが入ってもねえ──ということで,私の方からも仕掛ける。
私はもう直接的に。
直接的に,Kさんの男性たる部分に手を這わす。
握るというほどのサイズではなかったナニを揉みしだき,握ることができるサイズにまで膨張させる。

さらに刺激を加えると,膨張どころではない,怒張する。

だが,そうなるのはKさんだけの話ではない。
私も一方的に攻める側という立場にいる訳ではないのだ。
徐々に昇りつめていく私。
火口付近にマグマが集まってきて──私も大噴火!
どかーーーん!!

シャワーふたたび。
敏感になっているそこへの刺激がくすぐったい。

Kさんに洗体してもらった後,シャワールームを出て,身体を拭いた私は,Kさんへ料金を払う。
前回同様, 5,000円というコストからのパフォーマンスはいい。

どうもありがとうございました。

総 括
一度目は事前シャワーだったんだが,二度目で慣れも出てきたのか,同伴シャワーを推してみたら通ってしまったのはラッキーだった。
言ってみるものだ,あるいは,言ったもの勝ち,というところか?
他店で「そういうことはやっていません」と玉砕したこともあったんだがな。

関 連(過去レビュー)
【K(from Pink)】

予 告
「プライベートgogoショー」
『Axxel Bodycare』(現『オイルマッサージ+プライベートストリップショー』
次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,以上のメニューでお届けします。
お楽しみに。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【K(from Pink)】
スポンサーサイト
[PR]

■たかしの部屋

  1. 2015.
  2. 11.
  3. 11
  4. (Wed)
  5. 00:00
ビデオ男優の“男”

時 期:2015年初夏
形 態:マンション
営 業:個人
施術者:たかしさん(黒猫)
予 約:メールフォーム→メール
コース:ボディケアマッサージ 80分 ¥10,000

『ウィッシュ・リスト《4》』にも載せたんだが,サーチエンジンの新着からのリンクをたどってビックリ!
有名ビデオモデルさん自らがやっておられる店『たかしの部屋』
施術者・たかしさんには,私も(バーチャルで)お世話になったことがある。
リアルでもお世話になろうか。

予約は電話もしくは予約フォームから。
やりとりが残るので,私はフォームを利用した。
フォームには一般的な事項の他,コスチューム選択もある。
黒猫,お祭り,土方,柔道からチョイスできる。
最も肌の露出が多い(はずの)黒猫を希望する。
送信。

即返信。
希望日の希望時間で対応可能であるとのこと。
予約を確定していただく。

たかしさんのプロフィールは170×105×40代とのこと。
上野の老舗マッサージ店にて半年間勤務経験あり──と。あそこかな。
HPには予約状況が載っていると便利。
更新が面倒──ではあるんだろうが……。

今回は訪店なので,当日はHPに示されているポイントから連絡を取ることになる。
そうしたところ,そこまで迎えにきてくださるとのこと。
モデルさんにわざわざお越しいただくだなんて……。
──なあんてことを思っていると,たかしさん登場。
ビデオと同じ!
いつも(下が)お世話になっております(直接は言わんがな)。

店,というか,マンション,というか,は,その待ち合わせ場所のすぐ近くにある。
通された部屋は,新しいせいもあるんだろうが,とてもキレイで片づいている。
一番奥の部屋にマッサージベッドが置いてあり,ワードローブもしつらえてある。
「服や荷物はそこに入れておいてください」シャワーの準備をしてきますね──と,たかしさんは中座。
最初はシャワーから──なんだな。
私は一糸まとわず。
そこに,たかしさんが登場する。
申し訳程度の黒猫に覆われたナニを透かして見ようとするんだが,超能力者でもない限り,そんなことができるはずでもなく。

バスルームの中で,まじまじと改めて対峙するたかしさんは,大きい。
身体つきが──だ。
そんなたかしさんに洗体してもらい,たかしさん
「他に気になるところがあれば流してくださいね」
と先に退出。
気になるところ? どこ?
たかしさんが用意しておいてくださったタオルで水気を切り,腰タオルで部屋に戻る。

「じゃあ,まずはうつぶせから」とのことなので,部屋で待機されていたたかしさんに腰から外したタオルを渡し,マッサージベッドにうつぶせになる。
いよいよ施術スタートだ。
うつぶせで背中から。
最初からオイルマッサージという訳ではない。
なにもつけずに揉まれる。
押す──ではなく,揉む。
それが終わったところでオイル登場。
マッサージ+オイルによるリラクゼーションという感じ。
いずれもなかなか気持ちいい。

B面が終わり,A面。
ここらへんの流れ方は,他の方々と特段の違いはない。
ただ,出張と違い,マッサージベッドでの施術であるため“密着”度が薄れてしまうのは,ややつまらないところではある。

だが,腕の施術になった段階で,ようやくたかしさんに触れる機会がやってくる。
掌にすっぽりと収まるたかしさん“ふくらみ”
黒猫という薄い布切れの下には,たかしさん“男”が……。
私もついついその“男”を揉んでしまう。
心なしか,たかしさんの息遣いは荒くなり,そして──黒猫の下にある“男”もカサを増してくる。

私の腕の施術を終えたたかしさんが,いよいよ私の胸を攻めてくる。
音にならないゴングが鳴る。
私は黒猫の脇から指を差し入れ,“男”を表に引っ張り出す。
ぷるん!──という音が聞こえてきそうな勢いでさらされる,ビデオ男優の“男”
海綿体に集まった血液で硬度を増したたかしさん“男”を,しごきあげる。
たかしさんも私のをしごきあげる。
そんなしごき合いタイムも,やがて終わりを告げる。
私の“男”「あっっ!」と。

私の息が落ち着くのを待って,たかしさんはティッシュで私の下腹を拭いてくれる。
そしてバスルームでシャワーふたたび。
また,たかしさんに洗体していただく。
最初と同じくバスルームを退いていたたかしさんの用意してくださった飲み物をいただく。
しばしのおしゃべりタイム。

若干,時間もオーバーしてしまっていたので,早々に支払いを済ませ,私はたかしさんに別れを告げる。

どうもありがとうございました。

総 括
夢にまで見た(見てはおらんが)憧れの男優さんからの施術。
意外にマッサージが私に合っていたのには驚いたが,ご本人曰く,ほぼ独学とのこと。
いろいろとコスチュームが選べるのも面白いと思う。
個人的には,土方姿の施術者に,全裸の自分が揉まれているという図が想像しがたいので,少なくともそのコスチュームをお願いすることはないだろうがな。

予 告
次回は『K(from Pink)《2》』
「ちんちんつんつん」をお届けします。
次回も『健全 安全 Massage for GAY』をお楽しみに。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【たかしの部屋】

□リンク:ゲイマッサージに癒されたい!!(体験記)

  1. 2015.
  2. 11.
  3. 10
  4. (Tue)
  5. 00:00
久し振りのリンク紹介。
まちゃまちゃさん記すところの『ゲイマッサージに癒されたい!!(体験記)』である。
開設は2015年10月なので,できたてほやほやというところ。

(老婆ではないが)老婆心ながらブログ名に「マッサージ」と入れてしまって大丈夫だろうか?と。
マッサージのネタだけでレビューを続けるのは,なかなかに大変なのだな。
私も過去に雑記的なことを載せたことはあるんだが,あれをやってしまうと単なるブログなのか,マッサージのレビューなのかの印象がバラけてしまう気がしてしまうんだ。
逆にマッサージ一本槍だと,更新が大変。
定期的な更新のためにストックを用意したり,忘れてしまわぬように施術後にメモっておいたりとか。

まあ,それはそれとして。
『ゲイマッサージに癒されたい!!(体験記)』は,先に述べたようにオープンしたばかり。
したがってレビューの本数はまだ少ない。
だが──内容としては,私のかゆいところに手が届くところがあったり,内容がかぶっていないところが嬉しい。
レビュアーであるとはいっても,無差別に店を選んでいる訳ではない。
身銭を切る分,気持ちよさを得たいのは同じこと。
よって,判断材料は多いに越したことはない訳で,そういう意味でも『ゲイマッサージに癒されたい!!(体験記)』には,ますます長くがんばって続けてほしいものなのである。

まちゃまちゃさん,どうぞよろしくお願いします。

予 告
次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,以下のレビューをお届けします。
「ビデオ男優の“男”」
『たかしの部屋』
お楽しみに!

■WOLF THE HUSTLER《3》

  1. 2015.
  2. 11.
  3. 01
  4. (Sun)
  5. 00:00
13センチカノン砲は喘ぐ

時 期:2015年春
形 態:出張
営 業:複数スタッフ
施術者:Aさん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:90分 ¥9,000

ほぼ定刻どおりに来客を告げるベルが鳴る。
果たしてどういう人だろうか?というドキドキのご対面。

店としての利用は三度目になる『WOLF THE HUSTLER』
“初回”ゆきおさんにお願いし,“次”たつとさんに,そして今回はAさんに依頼をかけた。
なおアップ日現在,ご本人はおられないようなので,名前はイニシャル表記にしてある。

前と同じく予約フォームから第一報を入れ,あとはメールでのやり取りとなる。
第一報を入れると,ほどなく「施術者に確認の連絡を入れるので,少し待ってほしい」旨のメールが届くのだ。
こういう対応の早さはとてもストレスフリーで好ましい。

さて,お願いをしたAさんは,161cm×53kg×39歳,P:13cmというプロフィール。
HPの画像を見る限りでは39歳よりは若い身体に見えた。
載っていたのは身体画像だけではあるんだが。
そんなAさんの到着を報せるドアベル。
そして開扉で,ご対面。

んー,やはり年齢相応かも……。
もう少しお肌の手入れをした方がよさげなAさんは,髪の長さは短髪基準からしてみると長め。
世間一般では普通なんだろうが……。

Aさんには部屋に通っていただくんだが,なんだか動きがたどたどしい。
不慣れなのか,はたまた緊張しているのか……。
Aさん,荷物を部屋に置く。

依頼をする時には,マネージャーと思しき方とやり取りをする。
今回はそれも同じで,どういう流れを希望するか,マネージャーから問われ,答えた。
──にも関わらず,改めてAさんから「今日はどうしますか?」と尋かれる。
このやり取りは面倒。
人によっては直接言いづらいのでメールでという方もおられるだろうに。
面と向かって「エロ多め」なんて言えないわ,あたくし。

ひととおりの説明タイムが終了したところでシャワー。
Aさん同伴。
もちろん洗体込み。
シャワー同伴は,私自身も望みはするものの,こっ恥ずかしい,結構。
一方的に洗われるのがよくないのだと思い,私もAさんの,まだ13センチになっていないモノを洗ってさしあげて,13センチに育成してみた。
なかなか発育がよろしい。
角度は“13センチカノン砲”というところ。
そのカノン砲は,きちんと帽子を脱いでいる。
個人的には帽子あり──というか,長めのタートルネック着用なカノン砲も好みなんだがな。

被術者側での準備品はシーツかバスタオル。
オイル,ローション使用のためである。
そして,シャワー時のAさん用のタオル。

シャワーを終え,それぞれ身体を拭き,ベッドへと移動。
マッサージ開始である──の前に,Aさんが荷物をゴソゴソしてグッズを取り出す。
HPに載っていたんだが,Aさんはコスプレ的なこともやられているので,それも含めたグッズを持ち歩いていたそうだ。
私はコスに萌えることはないので,私にとっては競パンやスポーツウェアなどは無用の長物なんだがな。

Aさんの準備(といっても,オイルを出すくらいなんだが)が終わり,ノーコス,つまり全裸な我々はマッサージに臨む。
うつぶせになった私の太股にオイルが塗られる──んだが,うーん……。
マッサージというよりは,オイルを塗っているだけ。
かなりの弱押し。
ほとんどキャリアはなさそう。
しかも,Aさん,多弁で,時折手の動きもおろそかになることがある。
マッサージを求めるなら,もっと上達してからのAさんがいい,かも……。

そんなオイル塗布は,足から始まり,腰,そして背中か,と思いきや,背中の段階になって,ぴとーっ!と,Aさんが私に密着。
性感っぽい動作かな,と思いきや,エロ突入だった。
「え? もう?」

そして組んずほぐれつなシーンへと……。
そのシチュエーションで,喘ぐ。
私が,ではなく,Aさんが。
Aさんは,かなり激しく喘ぐ。
海外のエロビまでとは言わんが,少し喘ぎすぎなほど……。
もしかして,私の攻撃が激しすぎたのか?
Aさんの13センチカノン砲への攻撃が?
あまり施術者が喘ぎすぎると「どっちが客なんだ?」と思ってしまう方もおられるだろうに。
あなたは本来はお客様を喘がせる側では?みたいな?
まあ,攻めた反応を楽しむお客さんもおられるんだろうが。

こちらの一方的な攻めだけでなく,それなりの攻守逆転もある。
私も金を払っている以上は,気持ちよくなりたい訳だし。
──ということで,やがて私も登りつめる。
昇龍拳! K.O!!──みたいな(なんか違う)。

熱いほとばしりを拭ってもらい,シャワーふたたび。
シャワー終了後は,Aさんは身支度を調え,荷物を片づける。
私も支払いを済ませる。
Aさん,辞去。

ありがとうございました。

総 括
全般的に不完全燃焼気味。
私自身がマッサージを欲していたところに弱押しということで,そういう結末になってしまったんだろう。
私の選択ミスというところだな。

関 連(過去レビュー)
【WOLF THE HUSTLER】
【WOLF THE HUSTLER《2》】

予 告
さて次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,「リンク紹介」を,そしてその次は,以下のレビューをお届けします。
「ビデオ男優の“男”」
『たかしの部屋』
お楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【WOLF THE HUSTLER】

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
極 (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム