FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

Home > 2015年12月

2015.12.21 Mon ■東京ゲイマッサージラボ

ゲイマッサージのすべて

時 期:2015年夏
形 態:出張
営 業:個人
施術者:喜多和也さん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:120分+交通費 ¥18,000+¥1,000

ゲイマッサージ業界を席巻しつつある『うたたね』グループのひとつ。
このグループについてのレビューが少ないのは,値段的に高めの設定だから──なんだろうか?

90分15,000円,120分18,000円。
その他に交通費(もしくは個室利用料)1,000円。
「また,120分コースからゲイマッサージの良さをすべて取り入れた構成となっておりますので,迷われたら120分コース以上をオススメします」(原文ママ)ということなので,120分コースをお願いすることにした。

170センチ,73キロ,36歳でノンケ寄りバイという所長・喜多和也さんへの連絡は,メールフォームよりおこなう。
空き状況の確認から。
返信はメールで入ってくるんだが,HPと同じくその内容はとても丁寧。
やや丁寧すぎる印象もあるほど。
まあでも実際に施術を受けてみないことには判断も下せないので,すべてを取り入れた(はずの)120分で予約を押さえてもらう。

当日までは,事前の準備品があるか等のやり取りをおこなう。
こちらで準備するものは施術スペースのみとのこと。

当日は,まず,到着予想時刻のメールから始まる。
その後,駅に到着してからメール。
きめ細やかで,助かる。
到着予想時刻どおりにドアベルが鳴る。
HP上ではモザイク入りの喜多さんは,果たしてどんな方か?を期待してドアを開く。

「こんばんは。よろしくお願いします」という喜多さんは,HP上では落ち着いて見えるんだが,言葉を交わしてみると気さくな印象。
ただ緊張から饒舌になっているような気もする。
まあ初対面なので,お互い緊張はする。
そんな喜多さんには,部屋に通っていただく。
喜多さん,タオルを出したり,オイルを出したりの準備。

グッズが出揃ったところでシャワーだ。
私も脱衣。喜多さんも脱衣。
ほどよく脂の乗った,HPと比べて変わりない体型。
上半身は。
下半身はさすがにHPには載っていないので,ナマで拝むしかなかろう,ナマで。
南ー無ー,チーン!
拝んでみた。

シャワールームでは(他のマッサージと同じく)洗体。
特にエロいところが他と比べて多いというようなこともなく,我々が話をしている傍ら,淡々と時間は流れていく。
いたずらをする──というような雰囲気もなく。
縮こまっていたから,元気を出させてあげようと思ったんだがな。

洗体後,身体を拭いた我々は,ベッドルームへと向かう。
最初はうつぶせからかな?と思いきや,横向きからだった。
珍しく枕を使い,喜多さん持参のタオルを丸めた状態で抱き,横向きで寝る私の頸と肩と背中に施術。
この体位(?)で肩の施術というのは初体験だなあ。

最初が左側,次が右側。
柔道整復師免許を所持──と経歴に載せてあるだけあって,巧い。
そしてうつぶせでB面の,腰→尻→脚→足。
「密着したゲイマッサージ」というほど密着しているという感じもない。
ここらへんの流れも淡々と。
そしてA面に移り,腕→太股→胸→腹。

腹が終わるに至って,ようやく喜多さん密着。
仰向けになった私の上に覆いかぶさってくる。
やっとハグまでたどり着いたか──と,まるでウブな高校生。

それが合図となり,リフレッシュタイムへと突入する。
私のモノは喜多さんの手の中で硬さを増していく。
その快感に身を委ねつつも,私は自身の手を下の方に伸ばし,喜多さんの身体を這わせる。
そして喜多さんのもしゃもしゃした手触りの陰毛の中の喜多さんのイチモツを捉える。

ノンケ寄りバイだからなのか,手を伸ばした段階では喜多さんのモノは,まだ元気が足りていない。
フィンガーワークを駆使し,刺激を与え続けて,ようやく起立状態。
だがしかし。
男性とのふれあいに対しての感受性は,おそらくバイの方より,我々ゲイの方が高い。
したがって,間断なく攻められる私のモノは,やがて昇天する。
2時間にわたる施術も,発射とともに終了。

シャワーを浴び,洗体ふたたび。
私が先にシャワールームを出る。
後からあがってきた喜多さんは,着衣からの片づけ。
私は喜多さんに支払を済ませる。
別れの言葉を告げ,喜多さんは辞去。

ありがとうございました。

総 括
国家資格を保有しているだけのことはあって,施術は確か。
それは気持ちよかったんだが,それ以外のところは,終わってみると,意外に印象が薄い。
施術はしっかり,リラックスもできた。
だが,エロに関してはそれほど印象に残るものではなかったということなんだろうな。
「ゲイマッサージのすべて」というのは,人によって定義も違うだろうし。

予 告
『雄癒しの時間』
次回『健全 安全 Massage for GAY』「指激・口撃」でお送りします。
お楽しみに。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【東京ゲイマッサージラボ】(閉業)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2015.12.11 Fri ■むちむち出張リラクゼーション

ながなが足裏

時 期:2015年夏
形 態:出張
営 業:複数スタッフ
施術者:たかしさん(全裸)
予 約:メールフォーム→メール
コース:シングル90分コース ¥9,000

たかしさんの到着を告げるドアベルの音がしたので,私は解錠すべく玄関へと向かう。

「リラクゼーション中は,アンダーウェアを着用しておりますが,ご希望があればスタッフにお申し付けください」(原文ママ)
お申し付けてみる。
全裸は大丈夫ですか?
大丈夫ですよ。
お願いしよう,そうしよう。

私がお願いした時点ではスタッフの方は2名。
そのうちの一名のたかしさんにおねがいすることにした。
スタッフ欄に載っている曜日別の対応可能時間と自分のスケジュールを照らしあわせる。
ファーストコンタクトは,HPにあるメールフォームから。
希望日時で施術可能とのことなので,予定を固定してもらう。
そして当日。
希望日。

たかしさんの到着を告げるドアベルの音がしたので,私は解錠すべく玄関へ向かい──開扉。
「こんにちは」よろしくお願いします。
たかしさんは,なるほど店名とたがわず“むちむち”
はっきり系のかわいいイケメンという感じの顔立ち。
そんなたかしさんに私も「はい,よろしくお願いします」と,招じいれる。

今回は被術者(要は私)は事前にシャワー。
キレイな状態で施術者を迎える(注:いつもキタナイという訳ではない)。
たかしさんは世間話的なことを話しながら準備をする。
そして。
「じゃあ,全裸になって,うつぶせでお願いします」
いつものパターン。
先に私が脱いでうつぶせになってしまって全裸になり,施術者の全裸が拝めない──という。
そんな私の悔しさには構わず,たかしさんは施術スタート。
まずは足裏から。
これはなかなか珍しいパターンかも。
最初から足裏。
そして足裏。
まだまだ──足裏。
ひたすら──足裏。
リフレッシュに向かって私の気が急いていたのか,足裏にかける時間がやけに長く感じられた。
身体むっちり,足裏みっちり──みたいな。

まあでも最初から最後まで足裏という訳ではなく,足裏の後はふくらはぎ。
このふくらはぎからはオイルマッサージになる。
指の動きとしては,リンパマッサージっぽい。
なかなかツボを突いている(時もある)。

施術が太股に移る時になってようやく足裏にフニャッとしたモノの感触を得る。
最大限の想像力をかきたてる私。
その後,尻→腰→背中の順に施術は進むんだが,特段エロな要素があるほどでもない。
むしろ私が今までに受けたマッサージの中では少ない方かも。

だがいよいよ。
「じゃあ,仰向けお願いします」
いよっ! 待っていましたっ!
──で仰向けになっての格好が面白い。
たかしさんは脚を投げ出して座り,その太股の上に私の太股が乗るんだが,私は仰向けに寝たまま。
こちらの世界の人たちが言うところの“正常位”に近い体勢。
いきなりエロいか!?
その体位で,太股A面を,お触り程度にマッサージ。
やがてたかしさんの指は,私の鼠径部を刺激し始める。
揺れる私の竿が,その刺激に容積と硬度を増していく。
冷静に考えると恥ずかしい格好だ(冷静でなくとも恥ずかしいか)。

──と,なんの前触れもなく,たかしさんがむんずと私の竿を握り,いきなりのグラインド!
私は思わず腰を浮かし,ワンダーコアのCFよろしく,身体を起こす。
そして負けてはならじと,たかしさんの股間にターゲットを定め──くにゅっと,むんずと,がしっと,おかえし!
掴んだ時点ではフニャっていたたかしさんの突起も,私の巧みなフィンガーワークに目を覚ます。
むくむくと。
ピンピンと。
だが,たかしさんのを弄んでいた私の指も,私の竿に集まってきた快感に耐えかねて止まる。
やがて私はその快感を散らす。
「出ましたね」と,たかしさん
いや,別に解説しなくても分かるから。

その後,たかしさんは手を洗い,帰り支度へと移る。
私は支払いを済ませる。
たかしさん,辞去。

ありがとうございました。

総 括
なにかと始めたばかり感が漂う施術だった気がする。
足裏はそれはそれで気持ちよかったんだが,時間配分が長すぎた気がするし,前触れなしにエロに突入というのも勉強不足(?)なような。
もっと経験を積んで,熟練の腕を手に入れる日を楽しみにしている。

予 告
次回『健全 安全 Massage for GAY』は,
『東京ゲイマッサージラボ』(閉業)
「ゲイマッサージのすべて」
をお届けします。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【むちむち出張リラクゼーション】

2015.12.01 Tue ■Axxel Bodycare

プライベートgogoショー

時 期:2015年初夏
形 態:出張
営 業:個人?
施術者:Aさん(仮名・全裸)
予 約:メール
コース:オイルマッサージ+プライベートgogoショー+リフレッシュ 90分 ¥15,000

ピンポン!──というドアベルで,時計に目をやると予約時間ちょうど。
私は腰を上げ,玄関のドアに向かい,解錠する。
ドアを開くとそこには『Axxel Bodycare』(現『オイルマッサージ+プライベートストリップショー』)のAさん
しばらくはリピーターの方のみの施術という営業だったんだが,それが解禁されたことを知り,予約を入れたのだ。

「日本では珍しい現役ストリッパーによる出張性感オイルマッサージです」(原文ママ)
──とのこと。
そしてHPには魅力的な肉体画像の数々が……。
入れるとも,予約。

例によってHPには顔画像は載っておらず「短髪」「あっさり顔」とあるのみ。
鬼が出るか蛇が出るか──で,ドアを開くと確かにあっさり顔(ややお猿さん系)。

部屋へ通っていただくと,Aさんはすぐに準備に取りかかる。
バッグを持って別室へ。
別室?
そう。
なぜならば,私が今回依頼したコースというのは「オイルマッサージ+プライベートgogoショー+リフレッシュ」というものであったからなのだ。
プライベートgogoショー。
うふふ。

事前にシャワーは浴びてはいる,まだ着衣のままベッドルームで待っていた私の前にAさんは姿を現す。
上には薄手の上着を羽織り,下はラグパン。
音楽は(さすがに)ないんだが,身体をエロくくねらせながら,私に絡んでくる。
物理的に──絡んでくる。
上を脱ぎ,ラグパンを脱ぎ,アメリカ国旗のピチピチなブリーフ一枚になるAさん
もっこり度,満点。

そのもっこり具合を実査していると,プライベートgogoショーも終わりに近づいたのか,Aさん自らピチピチブリーフの縁に指をかけ,すぽーん!と──すっぽんぽんに。
露わになる現役ストリッパーの股間。
商売道具にしているだけあって,そこの──Public Hairの手入れはバッチリ行き届いている。
たっぷり均整の取れたおさわり自由なセクシーバディーを堪能した後,マッサージタイムに入る。
──の前に,もちろん私も脱ぐんだがな。

施術は背中から始まり,腰,脚,足へと続く。
ここらへんのくだりは,ストリッパーであろうとなかろうと,あまり大差はない。
時折,私の尻のあたりや太股にムニュッとした感触はあるんだが,それ以上にエロい展開になるということはない。
──と思っていたら,背面からの胸部攻撃が繰りだされる。
つまり──私の背面とAさんの胸部,いやそれだけではないチン部も密着するという展開。
やはり見ているだけのストリップよりも,こっちの“ふれあい”の方が断然にいい。

そして施術はB面からA面へと移行する。
まずは太股。
下部から上部へと移動するAさんの手。
そしてAさんが私の上に乗る。
つまり記号化(?)してみると凸+凸もしくは凸×凸という感じ。
こうなると,もうどうにもとまらないエロタイムへの突入。
今まで以上にエロい目つきになるAさん
舌なめずりとかしてしまったりして,さすが現役男性ストリッパー。

我々は上になり下になり。
私はマッチョなAさんの身体を堪能し,そして私も──ブッシャー!と。

荒く息をする私のシモの世話をしてくださったAさんから
「シャワーをお先にどうぞ」
と告げられ,シャワる。
どうぞ──と言われても,ここは私の家なんだが。
私がシャワーを浴びている間にAさんは片づけをし,後にシャワーへ。
その後,私は支払いを済ませ,Aさんは退居。

ありがとうございました。

総 括
商品といってしまっていいのか,商売道具にしているだけあって,身体はとてもキレイ。
ジムだのなんだのに結構な投資をしているんだろうなあ──という気がする。
ただし,マッサージに関しては,さほど他のところと変わりはないか,逆にあっさりしていたような気がする。
まあ「プライベートgogoショー」売りなら,そんなに問題はないのかもしれんが。

予 告
「ながなが足裏」
次回『健全 安全 Massage for GAY』は,
『むちむち出張リラクゼーション』
をお届けします。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。
【Axxel Bodycare】(現『オイルマッサージ+プライベートストリップショー』