FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■K(from Red)

  1. 2016.
  2. 01.
  3. 21
  4. (Thu)
  5. 00:00
意外と結構,なかなかかなり

例によって「ひょんなことから」としか言いようのないアプリ上での邂逅。
それも今回は珍しく赤アプリからだ。
ピンクアプリと同様,赤アプリにも検索機能はない故,どうぞ探し方は尋かずにおいていただきたい。

Kさんとのやり取りは,割と以前から。
なかなかお互いの都合がつかず,ようやく今回交渉成立に至ったという訳である。
スペックからすると,ややスリムではあるんだが,ちらりと覗くプロフの顔立ちが好みなのでな。
市場価格と比較すると,ややリフレッシュが高めの3,000円。
──が,まあトータルコストで11,000円ということだと,他とさほど変わらないので,お願いしてみることにした。

当日,Kさんの到着を報せるドアベルが鳴る。
時間に遅れることがないのはいいことだ。
客商売でもある訳だし。
さて,そんなKさんとの初接見。
ドアを開ける。
アプリ上ではかかっている紗が,ナマではかかっていない(当たり前だが)。
なかなか好みの薄い顔。

部屋に通っていただき,荷物を置くKさん
私も事前にシャワーを済ませていたので,即施術に入る。
Kさんは持参のバッグからタオルを取りだしたり,オイルを取りだしたりの準備で,私は私で全裸のうつぶせ状態。
Kさんはというと,ボクサーブリーフ一枚である。
なんだか意外に──盛りあがっているかーい!? イェーイ!──という感じ。
アソコの話だ。

うつぶせになった私の身体にタオルがかけられる。
施術開始。
全体的な背面の“押し”からのスタートである。
背中,腰,太股,ふくらはぎ,尻。
ひととおり押された後で,タオルが剥がれ,同じ順序でオイルマッサージが始まる。
リンパの流れに沿ったリンパマッサージである。
これがなかなか──気持ちいい。
Kさん,上手。

そして時折触れるKさんの股間の膨らみ。
それもなかなか──気持ちいい。

背面のオイルが終わったところで,タオルがふたたびかけられて,オイルを転写。
次に仰向けになるように言われる。
その状態からの即エロ・速エロではない。
私の股間にはタオルふたたびで,A面の太股,すね,腹,胸がマッサージされる。
その後──タマ。
あるとは思っていなかった,睾丸マッサージ。
意外と結構,なかなかかなり──気持ちいいではないか。

そして。
Kさんの指がピンスポットで私の胸を攻撃する。
一点集中──いや,二点集中──いわゆる乳首。
エロとの遭遇。
ピンスポット攻撃に背中を浮かせながらも,私は手を伸ばして,Kさんのボクブリの膨らみを捉える。
さっきまではなかった柔らかさと硬さとの混在。
ゴムのあたりから,私はその膨らみの中に手を差し入れる。
もしゃもしゃとした陰毛の感触の中に,硬い部分を探り当て,掴んで,引きだそうとする。
ボクサーブリーフのゴムから覗く亀の頭。
Kさん,自らブリーフを脱ぎ捨て,露わになる膨らみの中身。
そこも,意外と結構,なかなかかなり。

かなりの重量を備えたサオ,そしてタマを,私の右手が揉みしだく。
息を荒げるKさん
同様に,私のモノも攻められる。

お互いに体勢を変えたりしながら,その時間が長引くように,だが刺激は途切れないように動く。
たとえばそれは,相手の乳首に舌を這わせる──とか。

だが,やがて匂い立つような濃厚な時間にも,エンドマークが打たれる時が来る。
私のモノからも,濃厚な時間の名残とでもいうような濃厚な液体が射出される。

荒く呼吸をする我々。
どちらともなく,シャワー室へ。
始まりとは違って,終了はシャワー同伴である。
Kさんからの洗体。
出したばかりの私のモノは,Kさんの手からの刺激でも過敏に感じる。

シャワーが終わり,それぞれが身体を拭く。
部屋へ戻って,私は着衣,Kさんも着衣と片づけ。
それが終わった頃に,私は支払を済ませる。

気をつけて帰ってくださいね。
よければまた呼んでください。
──という挨拶を交わした後,Kさんは辞去。

その翌日,Kさんから,身体は大丈夫か? 揉み返しはないか?というようなメールが入ってくる。
営業トークではあるのかもしれないが,そういう気遣いが嬉しくもあるんだな。
どうもありがとうございました。

総 括
アプリ上でマッサージを謳っていて,HP等を持っていないということは,それほどマッサージに関して本腰を入れていないんだろうなあ,と高を括っていたんだが,意外と結構,なかなかかなり気持ちがよかった。
おそらくどこかでの施術経験はあったんだろうな。
オプションも割高感はあったんだが,思いかえしてみると,それに見合っていたようにも感じる。
ただ,決め手としては施術後の“気配りメール”かな。
再依頼を考案中だ。

データ
店 名『K(from Red)』(HPなし)
形 態:出張のみ
営 業:個人
時 期:2015年夏
予 約:アプリのメッセージ
施術者:Kさん(ブリーフ→全裸),出張
コース:90分 ¥8,000+リフレッシュ ¥3,000+交通費

予 告
『のらりくらり』
次回『健全 安全 Massage for GAY』「凹+凸(不可侵)」をお届けします。
しばらくお待ちください。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

■narita-danshi

  1. 2016.
  2. 01.
  3. 11
  4. (Mon)
  5. 00:00
メガネ男子

165×56というスペックは,いつもの私のラインナップとはズレてはいるんだが,HPにある画像が(ボカシはかかっているが)よさげだったのと,そこに載っているスペックの横に記されているカッコ書き二文字(仮性)に惹かれたのだ。
──ということで,HPにあるメールアドレスにメールを発信する。

メールへの必要記載内容も,HPには載っている。
メールフォームからではないのが,やや不便。
そして携帯メールからではないと受けつけてもらえないのも面倒。
やり取りをする内容については,他とさほど大差ない。
希望の日時やコースを伝える。
OKの連絡が来るので,予約確定してもらう。

当日。
私の携帯に入る非通知の電話。
セールス電話?と,受け取ることを一瞬躊躇ったんだが,出てみると電話の主はFさん
そう,ここは,予約を確定することの条件のひとつに,電話番号の通知があるのだ。
もしセールス電話だと思って電話に出なければ,キャンセル扱いとかになっていたんだろうか?

──なんていう間に施術時間がやってくる。
ピンポン!
「はい」ガチャッ!
ドアの前に立つ,ひとりのメガネ男子。
それがFさんだった。
いいねえ,メガネ男子。

「よろしくお願いします」と,Fさんには部屋に上がっていただく。
軽く世間話をしながら,Fさんは部屋で準備(とはいえ,タオルを出したりするだけなんだが)。

今回は(も?)エスコートつき。
よって,最初にシャワーを浴びる。
脱衣開始。
メガネを外し,一枚ずつ服を脱ぐFさん
私も当然脱ぐんだが,視線はさりげなくFさんに。
スレンダーな体型のFさんが,ボクサーブリーフ一枚になる。
期待に膨らむ私の胸(と股間)。
Fさんの指が自身のボクブリのゴムにかかり──引き下げ。
なるほどなるほど,いい感じ。
惹かれた二文字どおり。
プルン!って。

シャワールームにて。
背中を流し,洗体。
そして,ふたりは向かい合わせに。
「大きいですね」
リップサービスたっぷりのFさん
じゃあ──と,私もFさんのイチモツをタマごと掌と指で握り込む。
ゆっくりと,だが,しっかりと,私は手を動かす。
すると,握り込めないようなサイズにFさんのモノも充血する。
「大きくなったね」

シャワーが終わるとマッサージ。
ベッドにうつぶせになった私に,ハンドタオルをかけて指圧。
結構,弱押し。
リラクゼーション中心なのか。
施術は,足→脚→尻→腰→背中→肩,というように流れる。
その最中のエロ要素は,ほとんどない。
私はうつぶせのまま,時々Fさんのもしゃもしゃやツンツンを感じ,A面への移行を待つ。
「仰向け,お願いします」
いよっ! 待っていました!

仰向けになった私の腕を,まずFさんは施術する。
それが終わると,胸──というか,乳首。
はじまりはじまり。
エスコートタイム。

私に翻弄されるFさん
Fさんを翻弄する私。
R-18。
私は攻撃一本槍かというとそういう訳ではなく──ギブ・アンド・テイク。

一本取られたぜ。
私もピューッ!とな。
組んずほぐれつも,終わってしまうと,あっけないものよのう。

締めは,シャワー同伴ふたたび。
ティッシュで拭いきれなかったものを,洗い流してもらう。
先に上がった私は,部屋でFさんを待つ。
そしてシャワーと帰り支度を済ませたFさんに支払を。
Fさん,辞去。
ありがとうございました。

総 括
施術からエスコート時はメガネ装着はないんだが,メガネ男子からの施術というのは珍しかった。
なかなか似合っていたし。
ただ,マッサージに関しての弱さは目立ったかもしれん。
経験値アップに期待する──と思ってはいたんだが,アップ日現在はもう退店されているので,叶わぬ夢というところか。

データ
店 名『narita-danshi』(閉業)
形 態:個室なし,出張のみ
営 業:複数スタッフ(?)
時 期:2015年秋
予 約:メール
施術者:Fさん(全裸,掲載時不在),出張
コース:整体+エスコート90分 ¥14,000+交通費実費

予 告
「意外と結構,なかなかかなり」
次回『健全 安全 Massage for Gay』は以下のレビューをお届けします。
どうぞお楽しみに。
『K(from Red)』

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

■雄癒しの時間

  1. 2016.
  2. 01.
  3. 02
  4. (Sat)
  5. 00:00
指激・口撃

HP『雄癒しの時間』によると,施術者の方は「ガチムチ短髪」なんだそうだ。
トップページにのみ載っている,おそらく本人と思しき画像も,確かにガチムチ。
そして,私は以前『ウィッシュ・リスト《5》』に載せたように「マッサージ,ストレッチ,抜きなど」「など」の正体を探るために,依頼をかけてみることにした。

ページには,施術対応できる“日”は載っているんだが,時間までは載っていない。
「予約,お問い合わせ」というページにメールアドレスが掲載されているので,そこへ問い合わせてみる。
そのメールを発信して,ほどなく対応可能時間が報されるので,当方の都合を告げ,予定をフィックス。

以降は,やや細かいことの確認や,やり取り。
料金とかタオルをお借りしたいとか。
対応としてはスムーズ。
割と慣れているっぽい。

当日,シャワーを浴びて,Iさんの到着を待つ(そう,ここは“事前シャワー”というシステムなのだ)。
ガチムチ野郎の全裸指圧タイムに私の胸は高鳴る。
そして予約時間少し前に鳴るドアベル。
解錠,開扉。
ドアの向こうにいたのは(確かにガチムチで)比較的パッチリ目のIさん

「よろしくお願いします」「暑かったでしょう。どうぞ中へ」的なやり取りをし,Iさんには部屋に通っていただく。
荷物を置き,シャワーを浴びるIさん
道中かかれた汗を流す,と。
その間,私は待機。

シャワーを終えたIさんが,部屋に戻ってくる。
そして,いよいよ施術に入る──前に,会話を交わしながら,私はさりげなくIさんのボディチェック。
確かに紛うことなくガチムチ。
身体のやや中心より下にある黒い茂みと,そこからピコッと突きだす男性自身。

マッサージに移る。
他と変わらず背面から。
うつぶせ(で,おケツ丸出し)の私にタオルがかけられる。
そして指圧。
Iさんの施術というのは指圧が主らしい。
指圧のみかというと,そういうことではなく,撫でさするように手を動かしたりもする。
それもなかなか気持ちいい。
刺激的──いや指激的,という感じ。

背中の施術が終わると,タオルが剥がされる。
きゃー! エッチー!
──な展開はなく,B面のまま太股の施術に入る。
まあ普通な展開──と思いきや……。
むんずと開かれる私の双丘。
そして攻撃される私の秘孔!
ペロッ!
きゃー! エッチー!
そんな状態がしばらく続き,またふたたびの太股→ふくらはぎ。
太股時,私の股間へのちょっかいが増える。

背面の施術が終わり,身体前面へ──つまり仰向け。
仰向けになるとともにエロタイム。
なかなか濃い。
刺激的な口撃が繰り広げられる。
巧いかも,Iさん
私の股間で立つ,いやらしい濡れた音。
巧いよ,Iさん
私も負けず劣らず試してみる。

そして,やがて,そのうちに。
私のサオに集中するエネルギー。
波動砲,装填完了──からの,私の波動砲も──発射!

発射された波動砲の残骸を,ティッシュで掃除をしてくれるIさん
リフレッシュまですべて終了したIさんは,洗面所で手洗い。
私は身支度を調えたIさんに支払をする。
Iさんは辞去。
ありがとうございました。

総 括
リフレッシュに関しては,かなり濃厚。
「など」の正体は “口撃”ということだったんだろうか。
施術に関しても,以外の対応に関しても,なんとなく習熟度を感じさせた。
「ペロッ!」には驚かされたがな。

データ
店 名『雄癒しの時間』
形 態:個室なし,出張のみ
営 業:個人
時 期:2015年夏
予 約:メール
施術者:Iさん(全裸),出張
コース:90分 ¥10,000+交通費 ¥1,000

予 告
次回『健全 安全 Massage for GAY』「メガネ男子」
『narita-danshi』(閉業)
──を,お届けします。
また次回,お目にかかりましょう。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

□ご挨拶

  1. 2016.
  2. 01.
  3. 01
  4. (Fri)
  5. 00:00
みなさま,あけましておめでとうございます。

前回予告では,『雄癒しの時間』をお届けすることにしていましたが,新年の挨拶もなくレビューをアップするというのも礼を欠くという判断で,今日はまず新年のご挨拶を申し述べます。
昨年も同じ話をした記憶もありますが……。

──ということで,揚羽です。
この「揚羽」というハンドルネームを初めて使ったのが,2014年1月13日。
早いもので,もう約2年が経つ訳です。
マッサージのレビューも62本を数えます。
恐ろしや……w。

さて,先日。
そんなレビューの数々が「あわや消失か!?」という事件が発生しました。
ご存じの方もおられると思います。
『健全 安全 Massage for GAY』凍結事件──です。
結局は運営側のミスということで,2日ほどで回復には至りましたが,ここにアクセスできないという状況に陥った訳です。
もっとも,レビュー自体はバックアップを取ってある──というか,下書きが残っている──ので問題がないといえば問題はないんですが,引越しをしたうえで,またイチから出直し,というのは,なかなかダメージも大きいものです。

ならば──いっそのことクローズも検討しようか,と。

問合せの結果,ページは復調。
今日に至ってはいます。

その時に考えたのは,きちんと終了宣言をせずに終わらせてしまうのはイヤだなあ,ということ。
終わらせるなら終わらせるで,決着(ケジメ)はきちんとつけておきたいものなのです。
よって,今しばらくは,この『健全 安全 Massage for GAY』,続けます。
まだストックも残っていますし,春先には初の前後編という大作もアップする予定にしています。

それと,若干ページの構成も変えようかとも思っています。
レビューを載せることは今までと変えませんし,大きな変更ではありません。
ただ,施術者の基本的なデータの部分の造りが,他のレビュアーの方と被っていたりしているんですね。
え,これうちのページ?みたいなままというのも,私的には今ひとつなので。
それにレビューを読まれた後に,多少予約がしやすいかな,という感じにもしてみました。

そんなこんなで。
今年もなにとぞ,よろしくお願いいたします。

さて,次のレビューですが,以下のレビューを明日,お届けします。
また明日も,こちらへ足をお運びください。

予 告
『雄癒しの時間』
次回『健全 安全 Massage for GAY』「指激・口撃」で,お送りします。
お楽しみに。

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム