FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■リフレッシュハートボディ

  1. 2016.
  2. 05.
  3. 21
  4. (Sat)
  5. 00:00
「こんにちは」

『リフレッシュハートボディ』に挑んでみた。
施術者の情報は,保有資格以外,30代前半という年齢と,紗がかかったモノクロの画像以外にない。
その画像が,なんだかよさげだったので,メールフォームにて予約可能日の確認をおこなう。

ちなみにここ,オイルのコースを選択すると+3,000円でハンドリフレッシュと施術者のスタイルのリクエストが可能とのこと。
相場と較べるとオプションはやや高めだな。
前日割引というのもあるんだが,90分でトータルコストとしては12,000円。
マッサージ自体は安いんだが,エロに払う対価は大きい,と。

さて,問合せの結果,希望日はOKとのことだったので,予約を確定し,以降は当日を待つばかり。
タオルやシャワーについては当方準備という流れ。
当日,そういった諸々の準備を済ませたところ,駅に着きました──というメールが入る。
徒歩で来ていただくと,ちょうど予約時間くらいの計算。
案の定,ピッタリの時間にドアベルが鳴るので開扉──ご対面。

HPではほとんど顔立ちの分からないRさん(仮称)は,実際には割と濃いめの顔立ち。
クリッとした目で瓜実顔。
ヒゲの剃り跡が目立つ。

「こんばんは」
「こんばんは」今日はよろしくお願いします。どうぞ──と部屋に招じいれる。
Rさんは荷物を下ろし,荷ほどきをする。
オイル用の敷布まで持参のRさん
荷ほどき後に支払いを済ませてしまう。
ここのシステムは前払い制。

オイルマッサージに先駆けては,アロマの配合をおこなってくれる。
何本かある中から好みのものを選び,オイルに混ぜてもらう。
済んだところでRさんは洗面所にて手洗い。
「準備をしてきますので」
その間,私にも準備をしておくよう促される。
具体的になにをしろという話はないんだが,まあ──脱げ,寝ろ──ということなんだろうな。
その状態で──つまり全裸でうつぶせで──待つ。

そこへ,すっぽんぽんなRさんが脱いだ衣類を抱えて登場。
意外に毛深い。
ナニはお行儀よくタートルネックを脱ぎ「こんにちは」している。
体型はガッチリ寄りのスジ筋というところ。
私は抜け目なチェック。

そこから指圧がスタートする。
指圧の後,オイル塗布という流れらしい。

まずB面。
ふくらはぎ→足→脚。
腰→背中→尻。
押しは「強さはどうですか?」と尋いてはきてくれるし,結構強めにもやってくれる。
イタ気持ちいい。
次にA面から肩と頸。
こちらが用意したタオルで,私の臀部や局部は基本的に覆われており,Rさんとのふれあいもほとんどといっていいほど,ない。

そして,先ほど配合されたアロマオイルが登場し,オイルマッサージ開始となる。
──となるんだが……うむむ……。
ないではないか,男のふれあい。
まあ確かに,この店の謳い文句は“密着”ではないんだが。
ある意味,施術段階における“タッチ”“密着”というのは,ラスボス“リフレッシュ”に向けての布石,あるいは倒さねばならない雑魚キャラだと思うんだな。
ポテンシャルを高めるために必要──みたいな。

──で,ポテンシャルが上がらぬまま,リフレッシュに突入する。
Rさんが用意してきたローションが塗られる。
ここに至って,ようやくRさんへのおさわりも解禁という感じ。
それまでもさわってはいけないこともなかったとは思うんだが,物理的な距離もあったのでな。
私はRさん「こんにちは」を握る。
ぼっちゃん,一緒に遊びましょう。
どじょうが出てきて──というより,うなぎ,か。
やがて私のうなぎはRさんの手により,水揚げ。
ピューッと。

Rさんは,私のうなぎの水揚げをティッシュでキレイキレイしてくれる。
終了後のシャワー,洗体もないので,Rさん「こんにちは」をブラブラさせたまま,洗面所で手洗い。
そして,着衣で「こんにちは」に,さようなら。
帰り支度を済ませ,Rさんは帰途につく。
ありがとうございました。

総 括
エロが前面に出てくるということはないので,(私のように)エロも施術もというような欲張りさんには物足りないかも。
ただ,施術はかなりしっかりしているので,そちらを重視する方にはいいと思う。
それと──うなぎの水揚げ以外に,使用後の洗面台もキレイキレイしてほしかった。
驚くほどビチョビチョの濡れ濡れでヤレヤレ。

データ
店 名『リフレッシュハートボディ』
形 態:出張のみ
営 業:個人
時 期:2016年春
予 約:メールフォーム→メール
施術者:Rさん(仮,全裸),出張
コース:オイルトリートメントコース 90分 ¥8,500+出張費 ¥1,000+オプション ¥3,000−前日割引 ¥500

予 告
次の『健全 安全 Massage for GAY』は,
「フォースの覚醒」
『漢楽』
を,お送りします。
乞う,ご期待!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

■まごころ

  1. 2016.
  2. 05.
  3. 11
  4. (Wed)
  5. 00:00
安心の体温

坂本康嗣さん『まごころ』『うたたね』系列店。
この系列店,なんだかんだはあるんだろうが,次から次へと好サーブを繰り出してくるので,ついレシーブしてしまう。
おそるべし,『うたたね』商法。
HP自体にはいくつかのテンプレートがあって,(たとえば施術者名とかを)部分的に修正してあるだけ。
誤字まで同じだったりするし。
──ということは,載せてある写真に惹かれるんだな,おそらく。
モザイク上手なのか?

最近は『うたたね』系列店の台頭が著しく,気をつけないとレビューがそこ一色になってしまう可能性がある。
意識せずとも『うたたね』系列店の広告レビューになってしまいそうだし。
だがまあ,そんな中でも“合う店”というのはある訳で……。

坂本さんに宛てて,HP上のメールフォームで,こちらの希望日をいくつか提示し,空き状況を確認する。
折り返し,返信があるので,双方の都合のいい日程で開始時間や施術時間を固定する。
まあここらのやり取りは他店であっても共通事項だな。
『うたたね』系列は,手順もパターン化しているので,以降のやり取りは少なくて済む。

──して,当日。
まずメールがある。
「今日はよろしくお願いします」
そして,開始時間に拙宅に到着する前に電話がある。
「駅に着きました。これから向かいます」
律儀。
到着前の駅からの連絡というのは,家への到着予定時間が読みやすく,とても助かるのだ。
そして,読んだ時間にピンポンの音。
開け,ドア!──開いた,ドア!

当然のことながら,ドアの前に立つ坂本さんはモザイクなし。
坂本さん,好みだ。
“あたり”をちょうだいしました,的な。
もっともこれは,あくまでも個人的な好みの問題だしな。

「こんにちは」
「こんにちは。よろしくお願いします」
通り一遍の挨拶を終え,坂本さんには部屋に通っていただく。
坂本さんは準備に入る。
バッグからタオルを出したり,持参してきたオイルにアロマを混ぜたり。
傍ら,イガグリ頭の坂本さんは,愛想よく会話を紡ぐ。
聞けば坂本さんは,マッサージの他にアロマテラピーの勉強もされているとのこと。
持参されたオイルの効能を教えてもらったり,いろいろなアロマの話をしたり。

ご存知のとおり,『まごころ』も他の系列店と同じく,シャワー同伴から。
──ということで,なんとなく,お互い,その,準備に,入る。
つまり──脱衣。
坂本さんの身体は,HPにあるのとほぼ変わらず。
バリバリ鍛えています的な身体つきではない青年な身体が,それはそれでいい。
──なんてことを,ブリイチ(ボクサーブリーフ一枚)の坂本さんの身体を眺めつつ思う。
そして坂本さん,ボクサーブリーフも脱ぎ捨て──全裸。
体型はまだ青年というところだが,その部分はオトナだ。

ブラブラさせながらシャワールームへ向かう我々。
坂本さんからの密着洗体開始。
施術前から気持ちいい。
坂本さんの膝の上に足を乗せた,シンデレラ状態の私は,やや心苦しく。
この密着の度合いというのは,同じ『うたたね』系でも施術者のセクシャリティによって大きく違う気がする。

タオルドライの後,ふたりは部屋に戻る。
うつぶせになった私に,坂本さんからの施術が始まる。
マッサージ,きちんと習っているね,という感じ。
脚→腰のマッサージの後,背中と頸。
この背中と頸の段階でも密着してくれる坂本さん
その体温(とムニュッ)に心癒される。

密着は長くは続かず,坂本さんの指は私のふくらはぎをほぐしにかかる。
それが終わると,坂本さんはうつぶせの私の前面に回りこむ。
ええ,まあ,そうすると,私の目の前に坂本さんのオトナがある訳で──眼福といっていいのか,はたまた目の毒なのか……。
あまりのガン見もはしたないし,体勢的に頸もつらいので,私は頸を捻り,坂本さんは私の肩と頸を揉む。
背面のマッサージでは,パーツごとにアロマオイルがすりこまれる。
背面がひととおり終わり,坂本さんの指示で私は仰向けになる。
足裏とふくらはぎのマッサージがおこなわれる。
そして腹部を軽く──からのリフレッシュ。

坂本さんが私のを,私が坂本さんのを握りしめる。
グラインド。
リズミカルに動く手。
坂本さんのオトナは,ますます成長期。
もちろん私のもなんだが。
マッサージに引き続いての密着タイムの中,私の高ぶりも最高潮に達し──てしまった。
放心状態の私の息が治るのを待ってくれた後,坂本さんは私の発散された高ぶりをティッシュで拭ってくれる。

「シャワー浴びましょうか」
「──ですね」
シャワールームでは,坂本さんからの二度目の洗体。
オイルは流さずとも問題ないタイプのものらしく,軽めに。
身体を拭い,部屋に戻る。

坂本さんは片づけと荷物まとめ。
それが終わった後に,支払い完了。
身支度の整った坂本さんを玄関にて見送る。
どうもありがとうございました。

総 括
妙に体温が気持ちいい気がした。
自分に合っている体温だったのかもしれん。
マッサージについては,これからどんどん経験を積み,伸びていくんだろう,という感じで,今はまだ──気持ちはいいんだが発展途上。
決して下手という訳ではない。
ますます伸びるだろうな,という予感がした。
またお願いしたい──とは思うな。
そして今回お願いした時間も,120分で正解だった──とも思ったな。
それに見合うだけのものはあったんだ。

データ
店 名『まごころ』
形 態:個室,出張
営 業:個人
時 期:2016年冬
予 約:メールフォーム→メール
施術者:坂本康嗣さん(全裸),出張
コース:120分 ¥18,000円+交通費 ¥1,000

予 告
『健全 安全 Massage for GAY』,次回は
「こんにちは」
『リフレッシュハートボディ』
のレビューをアップします。
乞うご期待!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

■りふれ

  1. 2016.
  2. 05.
  3. 01
  4. (Sun)
  5. 00:00
なんてこった!

168×58×40代 という施術者情報以外は,すべて闇に包まれている店『りふれ』に足を運んでみた。
『30代リーマンの裏ゲイ生活』健人さんをはじめ,何件かのレビューはあるものの,なんだか印象が一定しない。
立ちはだかる遠藤憲一さんの壁。
ただし,これも一定しない。
薄いとか可愛いとか。

──ということで,揚羽潜入捜査。
足で調査,と。
自らの目で観たものしか信じぬ,と。
遠藤憲一さんは,さほど得意ではないんだがな。

HPに記されているメールアドレスから,空き状況を打診してみる。
この店の特長のひとつに営業時間の長さを挙げてもいいと思う。
個室で9〜21時,出張で9〜24時。
フルで働くということはないんだろうが,拘束時間の長さはスゴい。
今回は出張ではなく,個室で空きを尋いてみたところ,対応可とのこと。

予定を確保してもらうと,最終メールが届くんだが,そこに個室の住所と建物の名前,駅からのルートが載っている。
なんて親切な。
もっとも,当日,私はスマートフォンのマップ機能をフル活用。
無事に到達した建物下から,りふれさん(仮称)にメールを打つ。

すると,りふれさん現る。
なるほど!
激しく同意。
「遠藤憲一を奥二重にして薄くした感じ」
なるほど!

一緒に部屋に向かい,入室。
部屋では飲み物をいただき,コースを確認する。
そして,アロマを選択。
確かに数が多すぎて,りふれさん自身もなにがあるのかを把握していない様子。
それが終わると,りふれさんがバスルームへ向かう。
私も脱衣して,バスルームへ。
私,全裸。
りふれさん,水着。
ちぇっ。

身体を流してもらい,湯船へ。
アカスリ前に身体をふやかすということなんだろうな。
温まったら声をかけてください,とのことなんだが──湯が少なくて全身浸かるのが大変。
そこそこ身体が温まったところで,バスルームの外のりふれさんを呼び込む。
相変わらずの水着姿のりふれさんが現れ,アカスリが始まる。
その後,泡マッサージ。
ここで密着──なんだが,相手が全裸ではないので,それほど私も熱くはならない。
──っつか,これで密着?という程度の“着”しかないんだが。

私はひと足先にシャワーを終え,りふれさんの指示で中央にマットレスが敷かれた施術部屋で待機。
りふれさんはボクサーブリーフに着替えて登場してくる。

私はうつぶせでおケツ丸出し。
そんな私のおケツに,りふれさんはタオルをかけ,背面の施術が始まる。
指圧である。
健人さんが記すように足を使っての技もあり,くまなくB面が押される。

B面が終わり,トイレタイムをはさみ,A面の施術をおこなうりふれさん
頬のあたりにりふれさんのブリーフの膨らみが触れるのも,健人さんのレビューどおり。
ただ,やはり密着感はない。
まあ,個人差というものなのか──なんていうことを考えつつ,指圧が終わり,オイルマッサージに突入する。

全般的に,オイルマッサージも含めて,りふれさんの施術は淡々としている。
エロも素っ気もない!──的な。
健人さんレポートのとおりだと,オイルに入る前にりふれさんは全裸になっていて,私との密着があるはず──なんだが,密着がない。
そして仰向けになることを要請され,そうした私のA面にオイル塗布。
──で,睾丸マッサージ──からのリフレッシュ。
ここで私は気づく。
りふれさん,全裸ではない!
依然,ボクサーブリーフに覆われたままのりふれさんの股間!
なんてこった!

りふれさんのボクブリのゴムに手を伸ばした私の意志を察してか,そこに至ってようやくりふれさんは脱ブリ。
だがほどなくして私は,間断なく股間に与え続けられる刺激で発射。

リフレッシュ後,セルフでシャワーふたたび。
ざっと身体を流し,身体を拭って着衣した私は,りふれさんに代金を支払う。
そして退去。
ありがとうございました。

総 括
まあ,オプションの「密着コース」は1,000円だしな──という感じ。
もしかすると人によって対応にバラツキがあるのではないか──と思わせるところが多々。
料金的には確かに安価ではあるものの,私のような密着ベテラン者向けではなく,全裸ではないかもしれない密着マッサージ入門者向けというところか。

データ
店 名『りふれ』
形 態:個室,出張
営 業:個人
時 期:2016年冬
予 約:メール
施術者:りふれさん(仮称,水着→ボクブリ→全裸),個室
コース:150分ノーマルコース ¥8,500+密着コース ¥1,000

予 告
次回の『安全 健全 Massage for GAY』は,
「安心の体温」
『まごころ』
をお送りします。
次回もお楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
A (2)
S (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム