FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

■藤原堂

  1. 2016.
  2. 12.
  3. 21
  4. (Wed)
  5. 00:00
色気のかけら

「目印は?」
最寄りの駅に着き『藤原堂』藤原貴俊さんにツナギを取った私は,挨拶の後,そう問われた。
待ち合わせ場所は目印が必要なほど人が多い訳ではないんだが,それに応えてしばらく待つと,そこに現れたのが藤原さんだった。
『うたたね』系では比較的年齢が高く,自営の鍼灸院を持つという藤原さんは,色の黒い,目のはっきりとした(なんとなく)大阪のおっちゃん的印象。
実際のところ,施術中も割と饒舌(だったんだが,静かな施術を好む人だとどういう対応をされたんだろう?)。

そうそう。
今回は大阪からのレポートだ。

藤原さんの先導のもと,しゃべりながら,すぐ近くのマンションの個室へと移動する。
室内にはマットレスが敷かれ,その脇に小さなソファがある。
私はそこに腰をかけ,藤原さんからいただいたペットボトルの飲み物に口をつける。
そこでもまた軽いおしゃべり。
話し好きの関西人にはありがちと言えばありがち。

その日も関西は結構暑く,(駅から部屋が近いとはいっても)汗もかいていた我々は,お約束のシャワーを浴びることにする。
脱衣し,室内の衣装ハンガーにシャツをかける(私のは藤原さんがかけてくださった)。
おや?と,藤原さんボディをチェックしていた私は気づく。
おっちゃん,もしかしてノーパンちゃうん?
見逃しか,スラックスと一緒に脱ぎ捨てたのか?
いずれにせよ私の視界に入ったのは,黒い茂みとすっかりオトナなシンボルだった。

そして藤原さん,あまりにもスッポーンとスッポンポンになるので,そのあっけらかんさに色気を感じることもなく,シャワールームへ。
そこでもまた軽くおしゃべり。
それなりに密着やニギニギはあるんだが,なんだかエロに向けてのポテンシャルに高まりを感じない。
私も私で,
「頭洗いますか?」
などと尋ねられるので,頭を(セルフで)洗ったり,なんだかとても日常的。

シャワー後,手渡されたタオルを拝借し(セルフで)身体を拭う。
そして,マットレスのある部屋に戻る。
藤原さんから,左を下にした状態の横向き寝を指示されるので,そのとおりに横に横になる。

そして始まるマッサージ。
本業でやっているだけあるからだろうか,巧い。
いろいろと身体の不具合のつながりを教えてくださる。
ここが凝りすぎると頭痛にくるんですよ──とか。

左下が終わると,右下。
横臥が終わると伏臥(横向きからうつぶせへ)。
たいへん真面目に。
ひたすら真面目に。
とにかく真面目に。
うつぶせ状態は,特に膝枕とかではないので,間近にシンボルを目にすることがない。
そして仰臥(仰向け)で腕の施術。
ここでも真面目に。

真面目な施術が悪いという訳ではなく,それはそれで評価と特筆に値することではあるんだが,なんとなく目的を見失った気がする私。
色気のかけら,エロい雰囲気,淫靡なニオイがない──のだな。
我々ふたりが裸でマッサージを授受しているのは,ごくごく普通のことなんだよ──的な。

──なんていうことを考えていたりすると,仰向けの私に藤原さんが乗ってくる。
密着。
ふっふっふ──身体は正直なものよのう……。
──というか,なんとなくスポーツ感覚。
身体の絡まり合い──それはあたかもレスリング(柔道ほどのエロさはない)。
そして私は,フォール!──を取られる。

ティッシュにて,藤原さんにレスリングコートの清掃をおこなってもらい,我々はまたふたたびのシャワールーム。
藤原さんからの洗体を受けた後,身体を拭い部屋へ。
そこで私は支払いを済ませ,部屋を後にした。
ありがとうございました。

総 括
施術の腕は確かなんだが,全般的にエロな気配が(私には)足りなかった。
会話も含め,あっけらかんさというか,悪びれのなさというか,そういう雰囲気に覆われていたのが残念だった。
求む,淫靡──というところ。

データ
店 名『藤原堂』
形 態:個室,出張
営 業:個人
時 期:2016年夏
予 約:メールフォーム→メール
施術者:藤原貴俊さん(全裸),個室
コース:120分 ¥18,000円+個室 ¥1,000

予 告
「さわ×もまれ」
次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,
『Time and Space Massage』
のレビューをお送りします。
乞うご期待!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

■Nam wa

  1. 2016.
  2. 12.
  3. 11
  4. (Sun)
  5. 00:00
ストレッチ

精力UPオイルマッサージ──だと!?
それは受けてみなければならん!
──って,それ以上UPさせてどないすんねん!?みたいな。

まあ,それはそれとして,お願いしたのは『Nam wa』蓮さん
「精力UPオイルマッサージ」というのは,対応スタッフは蓮さんのみということになっている。
──してその内容は,
「下半身に溜まった老廃物や疲れを重点的に取り除き,また生殖部回りをマッサージ・ストレッチし,精力・男性力をアップする当店自慢のコースです」(原文ママ)
とのこと。
なるほどそうか,生殖部のストレッチか(微妙に違う)。

HPに「オンライン予約」というページがあるので,そこから空き状況の確認をおこなう。
この店はかなり厳しい。
電話番号や年代も,予約時には入力せねばならない。
また,ここは出張専門なんだが,新規利用で自宅以外で待ち合わせたり施術をおこなったりする場合は,クレジット決済で予約金を払うことを求められる。
ハードル高し。

一度目はフォームで,二度目以降はメールでのやり取りになるんだが,それはとてもしっかりしている。
尋いてくることも厳しいが,先方の対応というのもなかなかのものなのである。
専任スタッフを置いているのかメールのやり取りは,感心するほどきちんとしている。

そんなこんなで迎えた当日。
遅れることなく蓮さん到着,開始時間の少し前。
まあ,遅刻をするということ自体,お客様商売をしているという以上,言語道断なんだがな。

ところでこの『Nam wa』
“全裸”“シャワー同伴”はオプション扱いとなる。
私は施術をお願いした日,外出の用があったので,シャワーはセルフ,“全裸”はオプションで追加した。

蓮さんの来訪を告げるドアベルに応じて開扉。
そこには全裸な蓮さんが──な訳はない,いくらなんでも。
「はじめまして」
「はじめまして。今日はよろしくお願いします」
なるほど,これはイケメンだ。
蓮さんの紹介ページには「体育会・イケメン・爽やか」とあるんだが納得(ただしノンケ)。

部屋に通った蓮さんは,準備にかかる。
オイルでの施術と思いきや,使用するのはマッサージクリームとのこと。
初体験。

施術にかかるということは,脱ぐ,ということで,蓮さんも私も脱ぐ。
身長180センチという蓮さんは,とてもしっかりした身体つきをしている。
ナニチェックも怠らない(いい感じ)。
うつぶせになった私に,蓮さんは気になるところを問うてくるので,答える。

蓮さんは,私のB面をマッサージクリームを使い,揉む。
腰,背中,肩,脚,足。
単なるマッサージだけではなく,ストレッチも組みこまれている。
こやつ,なかなかの手練れ──という感じ。
ストレッチでは普段伸ばすことがないようなところもあるので,気持ちいい。

マッサージ自体についていうと──かなり強揉み。
痛みを感じる強弱は人それぞれだろうが,弱い人だと飛びあがってしまうのではないだろうか。
ぐいぐい攻めてくる。
後に私は,自分の脚に青タンを発見することになる。

B面後は横向きへ。
もちろん左右ともに施術はある。
脚をヤの字にさせられる──ので,タマあたりをサワサワされる。
結構サワサワ多め。
鼠径部や前立腺あたりもほぐされる。
前立腺とはいっても穴からではなく,会陰部のマッサージだがな。

やがてA面,最終局面。
これは普通とちと違う。
まず蓮さんが仰向けに寝そべり,その上に同じく仰向けの私が乗るという感じ。
ピッタリ重なるということではなく,蓮さんの太腿のつけ根あたりに,私の脇があるという状態。
その体位で肩の施術がある。
下にいた蓮さんが抜け,普通の仰向けになってから腕という流れ。

いろいろな格好をさせられた後,蓮さんピターッと密着の──リフレッシュタイム。
私の生殖部も蓮さんによりストレッチ。
まあいつもストレッチしているっちゃしているんだがな。
──で,私も蓮さんの生殖部をストレッチさせようとするんだが,哀しいかなのノンケの限界(ふにゃもらけ)。
だが私は,精力UPオイルマッサージの甲斐あってなのか(いつもどおりなのか)発散し,ストレッチ終了。

私のストレッチの後片づけをしてくれた蓮さんは,撤収準備に入り,それが終わったところで支払いを済ませる。
依頼時間と寸分違わぬ終了時間──素晴らしい。
蓮さんを玄関口で見送り,時計に気づいた私はそう思う。
ありがとうございました。

総 括
(痛いんだが)マッサージの技術は高め。
いい男だし,体型もキレイ。
あとはこれでゲイであれば──というところ。
ビデオ業界では「ノンケの●●●」のようなところがウリになったりもするんだろうが,マッサージに関しては,私にとっては二の足を踏む要因のひとつになってしまうんだな。
心おきなくリラックスできるかどうか──という点においても,な。

データ
店 名『Nam wa』
形 態:個室,出張
営 業:複数スタッフ
時 期:2016年初夏
予 約:メールフォーム→メール
施術者:蓮さん(全裸),出張
コース:精力UPオイルマッサージ 90分 ¥13,000+スタッフ全裸 ¥1,000

予 告
次回の『健全 安全 Massage for GAY』は,
『藤原堂』
「色気のかけら」
をお送りします。
またお目にかかりましょう。次回もお楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

■ひだまり

  1. 2016.
  2. 12.
  3. 01
  4. (Thu)
  5. 00:00
シュッ

『うたたね』自体が四文字だからなのか,系列店にも似たような店名のところが多く,混同してしまいがち。
そのうち『マタンゴ』とか『スッポン』とか出てくるのではないかと,つい期待してしまう。
さて,今回お願いしたのは『ひだまり』
施術者・小湊啓介さんから,シュッとした印象を受け,かねてからお願いしたいとは思っていた。
疾風のように現れて,疾風のように去っていく方々が多い『うたたね』系では“古株”ということになるのかもしれん。

空き状況は載せられていないので,HPにあるメールフォームから問い合わせる。
希望日の希望時間で施術可とのことだったので,そこで予定を固めていただく。
準備があるので開始時間の10分前くらいに着くとのこと。
心得た。

当日。そこそこ暑い日。
予定どおり10分前に到着した小湊さん
「こんばんは」
「こんばんは。今日はよろしくお願いします」
まず部屋に通っていただくと,小湊さんからお茶の提供がある(なんと!)。
他に,バッグからタオル,オイル,時計,MP3プレイヤーが登場する。
時計持参は初めて。

準備が終わったところでシャワーだ。
当たり障りのない世間話をしながらの脱衣。
HPによると,小湊さんは175センチ,75キロとのこと。
シャツを脱ぎ,ボクサーブリーフ一枚になった小湊さんの身体は均整が取れていて,案の定,シュッとしている。
ボクサーブリーフを脱ぎ去ると,小湊さんのシュッが顔を出す。
いい感じ。

シャワールームへ向かった我々は,初対面の照れ隠しのように言葉を交わす。
四方山話だけではなく,身体で気になるところがあるかどうかの問いかけもある。
そして──密着。
この感じ,安心する。
(人にもよるんだが)他人の体温は心地いい(ことがある)。
シャワー時は,足裏までしっかり洗体してくれる。

小湊さんからの洗体を受けた私は,彼とともに部屋に戻る。
そして私はうつぶせに。
背面全面,足の裏に至るまでくまなく圧がかけられる。
それにはさほど時間はかけられず,オイルマッサージに。
たっぷりめのオイルが身体に塗られる。

塗られるんだが,これがまた──とても気持ちがいいのである。
筋に対してかける力の強弱が独特。
なんというか──波のような,うねりのような。

背中から肩へ施術が移り,密着。
小湊さん,なんだか少し硬いシュッとしたモノも密着していますが──と,心の声。
そんな私の声をよそに,腰や臀部にもオイルがすり込まれる。
脚も片方ずつ,丁寧に,くまなく。
その脚をヤの字に曲げられるように言われる。
鼠径部のマッサージ。
小湊さんが,私のに,たまに触れるのはご愛敬。

そんなうつぶせな私の前に移動してくる小湊さん
目的は,前面からの私の肩と背中のマッサージなんだが,そういう体勢になるということは,まあ,つまり,なんだ──私の目の前には3Dなシュッがある訳だ。
人はそれを“眼福”という。

束の間の眼福の後,私は小湊さんの指示のもと,ターンオーバーでA面。
そこからは施術というか,リフレッシュ。
ローションありの密着ありの,ふたりのムフフな時間。
シュッとした小湊さんのシュッとした部分を手にし,私も気持ちが昂ぶってくる。
リラックス後のリフレッシュ。
私のナニもシュッとしてくるんだが,時間は永久には続かない。
私も絶頂──シュッからピュッ。

息が治まり,小湊さんから私のピュッを片づけてもらう。
事後シャワー。
そのシャワーも隅から隅まで足の裏まで,ありがたや。

シャワーも終え,小湊さんは片づけに入る。
すべてが完了したところで支払いも完了。
「どうもありがとうございました」
私は小湊さんを送りだす。

そして後刻──アフターケアとお礼のメールが小湊さんから届く。
いえいえこちらこそ──どうもありがとうございました。

総 括
営業の一環で,コピペか再発信ではあるかもしれんのだが,事後メールというのは,いただいて悪い気がするものではない。
ありがたい心配りだ。
そして,私に合うと感じた,マッサージの腕。
お礼を言うのはこちらの方──だな。

データ
店 名『ひだまり』
形 態:個室,出張
営 業:個人
時 期:2016年初夏
予 約:メールフォーム→メール
施術者:小湊啓介さん(全裸),出張
コース:90分 ¥15,000+交通費 ¥1,000

予 告
次回のレビューは,
店 名『Nam wa』
「ストレッチ」
で,お届けします。
次回『健全 安全 Massage for GAY』,お楽しみに!

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。


side menu(1)

プロフィール

揚羽

Author: 揚羽
 
東京在住です。
マッサージの体験を中心に,いろいろとアップしていこうと思っています。
マッサージに関する情報等あれば,コメント欄よりお寄せいただければ嬉しいです。

ただし,コメント欄での不適切な発言等については予告なく削除させていただきますので,ご了承ください。

カウンター

カテゴリ

Atos (1)
Amigo (1)
A (2)
S (1)
JK (1)
Bach (1)
Ryu (1)
walea (1)

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム