FC2ブログ

健全 安全 Massage for GAY

Home > マッサージ > 誠の出張マッサージ > ■誠の出張マッサージ《後編》

2016.03.11 Fri ■誠の出張マッサージ《後編》

前編のあらすじ
タイ古式に加え,こちら業界では珍しくチネイザンを施術することができるという謳いの『誠の出張マッサージ』
その主宰者である誠さんに,私は施術を依頼した。
某有名レビューでも採りあげられたことのある,玄関口に現れた誠さんは,とても涼しげだった。
彼とのドキドキ同伴シャワーを済ませた私は,いよいよ彼からの施術を受けようとしていた。


YAWARA!

体調等に関していくつかの質問の後,タイ古式の施術が始まる訳なんだが,それは下肢からスタートする。
私は脚を伸ばした状態だったり,ヤの字の状態だったり,横向きだったりで,誠さんから圧をかけられる。
確かにこれは多彩な技。
文字による表現は難しい。
誠さんのHPによるとタイ古式は「二人ヨガ」と呼ばれるんだそうだ。
マッサージな部分と,ストレッチな部分の融合。
ひとつの箇所に割かれる時間はとても長い。
ゆっくりと,じっくりと,まったりと。

画像というのは,一瞬しか捉えられていないので,タイ古式の画像というのはとてもアクロバティックに見えたりもするんだが,実際には私の身体の可動域に誠さんが配慮してくださるので,激しさは感じない。
一生懸命,誠さんが施術してくれているのに,こんなにゆったりとしていて構わないんだろうか,と後ろめたい想いもしたりして。
私の身体とタイ古式との相性というのは,思いの外いいのかもしれん。
おかげで,部位によっては誠さん(      )からも圧をかけられるんだが,まったりしすぎてエロな気持ちがまったくせんのだな。
いいんだか,悪いんだか。

やがて施術は私のB面に移り,私にとって最もダメージの大きい背中の施術になる。
あらかじめ誠さんには背中の張りの話をしていたので,特に念入りに施術してくれている。
ほぐされていく感がたまらない。
B面の施術でも,とてもゆったり感。
ふたりの全裸男性が身体を絡ませあっている割に,やはりエロさはさほど感じない。

誠さんは,施術中,とても気を配ってくださる。
寒くないですか?
痛くないですか?
トイレは大丈夫ですか?
誠さんの施術のスピードも原因のひとつなんだろうが,そういう気配りも私のゆったり感に繋がっているのかもしれん。
話の端々からも,いい人感が漂ってくる。

A・B面が終了し,いよいよチネイザンである。
誠さんのHPにも載っているんだが,チネイザンというのは,道教に由来する腹部へのマッサージで,漢字は“気内臓”と充てる。
下腹にオイルが塗られ,誠さんの指先がグイグイ攻めてくる。
誠さん曰く「リフレクソロジーではなく,直接やっています」と。
ああ,なるほどね。

足裏からの反射(リフレクス)を利用して内臓に働きかけるのが,俗に言うリフレクソロジー──足裏マッサージのことである。
このチネイザンでは,そうではなく内臓を直接ぐいぐい刺激をする──ということを,誠さんは言っておられるのだ。
健康診断とかでエコーを受けたことがある方は,あれを想像していただくと分かりやすい。
エコーはプローブから超音波が,チネイザンは誠さんの手から気が,送られる(はず)。

人間の内臓というのは,すべてが表皮に近いところにある訳ではない。
重層して,身体の下の方にあったり,背中に近いところにあったりもするんだな。
だから誠さんがチネイザンに要している力というのは結構なものになるのではないだろうか。
人によっては,痛みを感じることにもなるかもしれない。
もっとも,誠さん「痛くないですか?」と気配りをしてきてくれるし,力のコントロールも当然してくれてはいる。

私は基本的には被術時にはあまり話すことはないんだが,不思議と誠さんとは多弁になった。
彼の海外での研修の話とか,いろいろ。
背中や肩こりには,ストレッチポールがいいようですよ──とか。
乗せられやすい私の部屋には,なぜかストレッチポールが今日現在増えていたりする。

だが,そのうちふたりとも口数が減ってくる。
誠さんとの密着度も増えてくる。
誠さんの持つ体温で,ますますまったりする私。

チネイザン終了──からの寝技タイム。
誠さんの妙技に身体をほぐされた私のナニに,誠さんがさらに技をかけてくる。
私も負けずに誠さん(      )に手を伸ばし,技をかけてみる。
世界柔道大会!

抑え込み技!
絞め技!
ぶつかり,絡まりあう技と技!──みたいな。
やがて私は,誠さんの絞め技に落とされ「一本!」
誠さんは,私の息が治まるのを待っていてくれて,その後のケア。

乱取りが終わり,洗体ふたたび──ということで,シャワールームへ揃って足を運ぶ。
スタート時と同じく,誠さんとの同伴シャワー。
それもまた照れくさかったり。
私は意外とシャイなのである。
シャワールームでも,誠さんからいろいろ教えてもらう。
話を聞いていると,誠さんの人脈というのは,ナニゲに広そう。

シャワーを済ませた我々は,身体を拭った後,部屋に戻る。
片づけを済ませた誠さんに支払いを済ませる。
「どうもありがとうございました」

別れを告げ,辞去した誠さんから,後刻お礼のメールが届く。
いやいや,お礼を言うのは私の方だというのに。
どうもありがとうございました。

総 括
初の前後編はいかがだっただろう?
力が入りすぎて長編になってしまったが故の分割掲載と相成ってしまったことは,この場をお借りして陳謝申しあげる。
それほどまでに海外等でマッサージの研修を受けたりされている勉強熱心な誠さんの施術は,とても私に合っていたようで,リラックスの極みを得てしまった。
日本では滅多に施術可能な方にはお目にかかれないチネイザンができるというのも,誠さんの特長のひとつ。
ちなみに被術日の晩,私は熟睡で,翌朝めざましが鳴るまで気づかずにいた。

データ
店 名『誠の出張マッサージ』
形 態:出張のみ
営 業:個人
時 期:2015年秋
予 約:メール
施術者:誠さん(全裸),出張
コース:タイ古式+オイル 180分 ¥15,000

予 告
次回『健全 安全 Massage for GAY』は,『愛按 AI AN』「なんてアットホームな」をお届けします。
どうぞお楽しみに。

あくまでも私見になります。ご了承ください。
また施術者・コース等については当時のもので,変更もあるかもしれません。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可